FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 私見ながら今年のテレビ連続ドラマ3作品を選んでみた


 師走まであと10日あまり、今年もたくさんの連続テレビドラマが放映されました。全部視たわけでもないのにとは思いますが、私的に非常に良かったものを3つ選んでみました。もっともかつてご紹介した作品が顔を出すことになってしまいますが。それは今年の前半に力の入ったドラマが集中したせいではないかと思っています。ちなみに視聴率ランキングではありません。私的にと申し上げる所以です。

 『アンナチュラル』(TBSテレビ)
  脚本野木亜希子。主な出演者は石原さとみ、井浦新、市川実日子。不自然死の謎を解いていく「UDIラボ」所属の法医学者たちの活躍を描く作品。1話完結の事件と全10話を通しての謎解きが巧みに編まれている。
 ほとんどスッピンに近い石原さとみ、井浦新の怪演など話題性にも富んでいた。
 東京ドラマアウォード2018連続ドラマ部門で優秀賞、脚本賞、演出賞、主演女優賞などを受賞し、主題歌賞では米津玄師の『Lemon』が選ばれている。
 脚本の勉強になるので各回2度ずつ鑑賞している。この脚本には原作が無く野木亜希子のオリジナルだが、作品の出来不出来は脚本で決まるという黒澤明の言葉を思い出させてくれた。ドラマ舞台の性質上専門用語が氾濫しているのだが、それを登場人物の台詞の中に包み込んでいて、素人でも知らず知らずのうちに納得させられる。小説でも脚本でも、細部(ディテール)がきちんとしていなければ「ドラマ」は崩壊してしまう(新藤兼人)という教えを確認できた作品でもある。

 『anone』(あのね)(日本テレビ)
 脚本坂元裕二。主な出演者は広瀬すず、田中裕子、小林聡美。稚拙な偽札造りを絡めて社会的弱者の蠢きを描き、家族とは何かという問題点をも浮き彫りにする。正直なところ「重い」印象である。
 広瀬すずがこの作品のために髪をショートにして「よごれ役」に挑んだとして注目された。
 この主演女優を使った4枚組ポスター写真に、広告写真家協会アワード優秀賞が贈られた。ネットでポスターを見たがなるほどと思った。夢を持てない虚ろな目、人を癒す優しい目、内に秘めた攻撃的な目、それらを括ったのが少女ハリカなので。 
 2018年3月度月間賞(ギャラクシー賞)受賞。すこし珍しい賞だが、カンヌで開催された国際見本市(MIPCOM)でグランプリもとっている。これは海外のトップバイヤーが買いたい、リメイクしたいとして選出するもの。
 この作品は平均視聴率6.1%と伸び悩んだ。視聴率と作品の質は必ずしも一致しないことを教えてくれたように思う。軽々に主演女優叩きなどはしないことだ。いずれ恥ずかしいことになるからだ。
 ただ偽札造りを絡めたのは感心しなかった。街の印刷屋が流通を前提とした日本銀行券を作れるわけがない。世界で最も偽札を作りにくい紙幣として有名なのだから。

 『ブラックぺアン』(TBSテレビ)
 脚本丑尾健太郎。主な出演者は二宮和也、内野聖陽、竹内涼真。『患者は生かすが、医者を殺す』とまで評された天才外科医渡海征司郎。未熟な医者の執刀時の危機を救う代わりに退職を迫り、その退職金をせしめる謎の医師を二宮が怪演している。見たたことも無いような最新医療機器が視られるのも加点材料だ。
 ただ、病院の「裏側」をえぐった作品には秀作が多い。『白い巨塔』や『無影灯』、『孤高のメス』などがそれだ。今回の作品の意義は手術に関して、医療の機械化か医師の技量かという選択について問題提起をした点に特質があるように思われる。
 それでも筆者は毎回2度、鑑賞をし続けた。もちろん見逃しの「TVer」(ティーバー)でだが。

 ちなみに今年後半の連続ドラマでは、まだ未完ですが、新垣結衣主演の『獣になれない私たち』であることをお知らせして、この稿を閉じたいと思います。(3作のご紹介の部分は、です・ます調の文にしていません、ご了解ください) 
 
 

      柿
 
        狙った構図、ミスしてカメラアングル少し下げ過ぎ



comments
955. サクラ さん
まだ放送中ですが、月~金夕方4時 フジテレビの「記憶」が好きです。(28日最終回)
中井貴一演じる若年性アルツハイマーにかかってしまった弁護士の話で、この病気になってしまったために色々なことに気づかされる物語で、つい見入ってしまいました。
2018-11-27 22:02:26 | [編集]

956. 蛙声爺 さん
お久しぶりです、サクラさん。訪問していただき有難うございます。
年齢に関係なく失って初めてその大事さが分かる、いろいろと気づく、そういうことたくさんありますよね。私は高齢になってようやくその深い意味が分かってきました。かなり遅いのですが(^^♪

そうでしたね、認知症は高齢者だけを襲うのではなかったのでした。見ていなかったのですが、戸田恵梨香扮する同じような話もあるようですね。あなたご推奨の番組も、ツタヤに出たらですが鑑賞してみます。
2018-11-28 03:31:25 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/728-fdd13c25
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR