FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. お盆の松川の流れに想う


 『明治は遠くなりにけり』とは、昭和世代がまさに元号「昭和」のころ、幕末の慶応は含めず、明治、大正、昭和を3つ並べて、次第に「昔」が消えていくことを、良い意味でも悪い意味でも「嘆息」するときに使った言葉です。来年の春、今上天皇の生前退位に伴って元号が変われば、その時は上記の「明治」と同じ立場に「昭和」が立たされることになります。
 団塊の世代を『いわれなき非難』を受ける代表格に今の高齢者はほとんどが昭和生まれ、『昭和は遠くなりにけり』、それが現実のものになっているようです。

 『欲しがりません勝つまでは』『一億火の玉』から『焼け跡闇市派』『一億総懺悔(ざんげ)』。『日本国憲法』『再軍備』『安保闘争』『東京オリンピック』『一億総白痴化』『学生紛争』『新幹線』『大阪万博』「もう戦後ではない』『公害列島』『企業戦士』「日本列島改造』『高度成長』 『日本・アズ・ナンバーワン』「バブル』そしてその崩壊から失われた20年へ。ふと気が付けば平成。『I・T社会』『少子高齢化』『福祉大国』『災害列島』『老人破産』『無縁社会』『孤独死』エトセトラ。激動の「昭和」といわれ、飛び交い続けた世相を表す言葉や標語。その中で馬車馬よろしくひたすら走り、また翻弄され続けた人々。
 世の中はまさに『行く川の流れは絶えずして元の水に非ず』でした。それでも、いまさら『老害』、『邪魔になった』といわれても昭和世代は困惑しきりでしょう。

 ではこの「素晴らしき現代社会」には『食糧難』も『飢餓』もなく、『倒産』、『失業』も『就職難』も『貧乏』や『自己破産』も、『離散』、『自害』もないのでしょうか。どうやら実際は違うようです。
 いくらお盆でも、支離滅裂な回顧はやめにして、ぼんやり橋の上から流れる水を眺めていました。川面に光る陽の子供たちの元気なこと、青空を映している水もいれば、水底の岩の色を取り込んでいる水もいて面白いものです。

 学齢に達する前、潮干狩りに連れていかれ、アサリ掘りに夢中になって上げ潮に気づかず溺れそうになったこと。
 道端のたんぽぽを母と摘みに行きお浸しとしておいしく食べたこと。
 ひ弱な『もやしっ子』で小学5年まで体育の時間が自習だったこと。
 父親が倒れて県立高校を退学し、牛乳配達をしながら文部省の大検を通ったこと。
 引き続きお金が無くて、アルバイトをしながら4年間通教部で法律を学び卒業したこと。
 世の中に大卒として扱ってもらえず、パートタイム労働を続けて司法試験を受け、論文式にまで辿り着いたこと。
 そして30歳を過ぎた1文無しが、そこで哀しくも力尽きたこと。
 71歳になる爺が、思い出す「昭和」を漢字一文字で表すならば、迷いなく「貧」を選ぶことになります。
 あ。そういえば『苦学生』って言葉もいまは死語ですね、きっと。

 それでも、波瀾万丈、たぶん息を引き取るときは「でも、面白かったよ」と言えるような気がします。
 ここは本気で、そう思います。
 来年はきっと『昭和は遠くなりにけり』が流行語大賞になる、そんな気がします。
 




     何想う、松川の流れに

      盆の終わりに橋の上から松川の流れを見詰めていたら




  70枚短編の人物関係図できる。あと、小説舞台となる現場を訪ねなくては。景色、日差し、風、耳に入る音・・・

 8月17日-19日 脱稿した長編小説の「2回目」の校閲をする。
 今次校閲後の確定枚数。400字×573枚
 「あれほど執筆中に推敲を重ねたのに」全編を短期間に通読して初めて文章のリズムが統一的になるとは。
 応募する前にあと何回、目を皿にして校閲することになるやら。
    
  
 
comments
ブログでは、一気に書いてしまいます。
早朝、ベッドから起きてすぐに、心に浮かんだままを、一気に書き、アップロードです。
小一時間ほどして読むと、赤面です。(;^_^
そんなことの繰り返しには、もう正統派の文章など書けないかもしれません。(^^♪

お疲れ様です。

2018-08-20 15:35:53 | [編集]

930. 蛙声爺 さん
こんにちは。
同人誌作家でも、よくこんなことを耳にします。
読み返すたびに全文書き直したくなると。
今回はそこまでは思いませんでした。それでも、一読者として鑑賞してみると、あるわあるわ、こう書いた方が判り易い、誰の台詞かサッと分からないと、もうすこしセンテンスを短く・・・きりがありませんが、気づき次第直していきます。しかも通読。
頭のためにぶどう糖を呑むことが多くなりました。糖尿さん、ごめんといった感じです。校閲している間だけなのでと。
コメント感謝です。
2018-08-20 16:35:45 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/716-a1cd0359
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR