FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 心身ともに盆休みで、それが何かの日々


 きのう朝一で内科に行ったら、待合室の患者の数が皆無に近いので驚きました。何のことはないお盆だから。前回採血したヘモグロビンの数値は6.8、特に頑張って食事療法をしていないのでマア良いのではないかと自己評価しました。医者も薬剤師も気持ちよくうなずいてくれています。8年も高血糖症と付き合っているとプラス・マイナス0. 4ぐらいは数値を苦も無くコントロールできるようになりました。この場合プラス方向へは良くないのですが(^^♪
 このところ、頭がぼーっとしたときは、低血糖になったときのための予防として処方されているぶどう糖100%を5グラムほど服用します。小説を4時間ぐらい書き続けていると頭が動かなくなるので、飲むとスッキリとします。TPOさえ押さえておけば、この方法はかなり有効だと思います。

 そうそう今朝の散歩はなかなか変化に富んでいました。松川遊歩道の叢に1輪の百合の花が立っていました。痩身で花も半開き、きっと1年目の百合なのでしょう。しばらく見下ろしていましたが、デジカメを持っていたのに撮らなかった私。なぜなのかは分かりませんが、ただ見ただけにしておきました。
 街中の路に回って戻るとき、前方薄墨色の雲のところに大きな虹がかかっていました。数分間虹に向かって歩いたのですが、あることに驚きます。虹の七色の輪が切れていたところが青空との境だったことです。まるで青空がかかっていた虹を消し去ったかのように。
 あと500メートルほどで散歩が終わるという頃、陽がさしているのに俄かな雨、多少あわてました。子どものころに聞いた「狐の嫁入り」です。たしかに嫁入りするときの想いは人でも狐でも不安定なのかも。名付けた人を讃えましょう。

 ゆっくりしました、このお盆。文芸は放っておいて、パソコンで、テレビで、書籍で、スポーツものばかりを鑑賞していました。大谷翔平、伊達公子、甲子園…恒常的寝不足が起こしていた絶不調も和らいだ気がします。
  

     琉球朝顔

     川底の浚渫で仲間の半分は消えました、私、遠い島から来た朝顔です


comments
>虹の七色の輪が切れていたところが青空との境だったことです。まるで青空がかかっていた虹を消し去ったかのように。


美しい描写ですね!
そのときの、心の情景がうかびます。
2018-08-16 17:40:57 | [編集]

928. 蛙声爺 さん
青空のやきもちの件、高評価を恐縮です。爺としたことが若ぶってツイ^^♪

いやー、退屈でした、つくづく。朝が3時半起床で1日が長いのに、文章創りと推敲をしないわけですから、「何しようか」の毎日。これで耳でも健常ならレンタルビデオで名作をしこたま観て、と成るんですが。難聴でこれもだめ。
おかげさまで文芸春秋社の分厚い本『伊達公子の日』をほぼ完読してしまいました。
お盆明けでまた、追われる、緊張感のある日々に戻れます。(^^♪
2018-08-16 19:13:45 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/715-a19c9bb0
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR