FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 「梅雨空(つゆぞら)」の反対が「空梅雨(からつゆ)」だと気づいたとき


 早朝五時、気持ちが良いので散歩に出た。歩道から松川を覗くと鯉たちが我先にと寄ってくる。人が上に見えたら食べ物をくれるのだと条件反射的に捉えているらしい。残念ながらコンビニに行く途中だ。冷たくその場を離れる。民家と商家の間の道、かわいい凌霄花(ノウゼンカズラ)が頬に迫った。少し身を離してお辞儀をしてみる。奈良の鹿ではあるまいし、返礼のお辞儀は無いに決まっている。花びらをちょんと突いて先を急ぐ。広めの路地に目をやると、3匹の地域猫が顔を突き合わせて何やら話し込んでいる。止まって見ていたら1匹が「行けよ」と言わんばかりに首を横に振った。ヤンキーかもしれない。猫パンチが怖いのでサッと目を逸らした。

 コンビニの駐車場に足を入れた時、前方から小太りの中年男が顔を赤くして走ってくるのに出くわした。楽しいのか苦しいのか分からないがたぶん、帰りに甘いもの欲しさにここに立ち寄ると予想した。中で新聞と赤のボールペンとブラックブラックを買おうとレジのところに居たら、やっぱり入って来た。失礼なので何を買うのか確認するのは避けた。外に出たとたんクスッと笑ったことは笑った。

 信号機もなく、めったに車も来ない時間なのに横断歩道を小走りでわたる。「歩道」であって「走道」ではないのに。そういえばネットで『海外の反応』を見ていたら、『車が全然いないのに信号が青になるのを待っているバカな日本人』というコメントがあった。確か「どいつ」だ。他人さまは知らないが自分はまさに「バカ」が当てはまる。早朝でも、信号や横断歩道は避け何もないところで、安全を確認してから道路を横断する。どこがどう違うのか。「信号無視を万一子どもに見られたら…」と、それが癖になっているのだ。

 アユ釣りの人はまだ誰も居ない。いつも見ていたサギもどこかへ去ったようだ。心なしか川面が寂しい。
 前から来た巡回のパトカーが左折して消えた。訳もなくホッとする自分がいる。はっきり言って人相がいい方ではない。顔だけで無慈悲に職務質問を受けては、平凡な爺としては立つ瀬がないからだ。
 そうこうしているうちに終わった散歩。歩数は3000程度だった。
 悔いがひとつ。「あんこも欲しかったな」
 
 



    動と静


       懐かしいので「再録」: この子もたしか独りだった


comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/699-68267b5f
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR