FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 医者と床屋は「馬が合う」を基準に選ぶ


 ほかのブログを訪ねたとき、理髪の話にコメントで参加しました。じつは私、伊東に住所を映してから三軒「バーバー」を換えたあと、現在の11年続いている店に定着しました。「浮世床」ではありませんが、床屋さんは話し好きが多い印象ですが、いまの女店主もお客と明るくおしゃべりをしながら仕事をします。それだけなら長年通ったりしないのですが、スピードが速く、且つこちらの「注文」にピタリと合わせてくれるのです。何でも彼女の亡夫が、生きていれば私と同じ歳なのだそうです。もっともそれで良くしてくれるわけではないでしょうが、とにかく感じがいいのです。チョキチョキやっている最中に、常連の人がちょっとした差し入れをしてくることも多々あり、彼女の人柄に対する周囲の好評価を実感したりします。
 余所はいざ知らず、とにかく伊東は理容店が多いらしく、「競争」もはげしいとか。娘さんと二人で住んでいますが、店は彼女1人で切り盛りしています。私も毛髪があるうちはずっと通う予定です。
 そうそう、いろいろ談笑しているうちに私が小説を趣味にしていることが話題になり、現在は上梓した4冊の単行本が小さな「待合所」に並んでいます。順番を待っている間に読んでくれるお客もいるそうで、挟まれている「栞」も確認できました。嬉しいものですね。

 「馬が合う人を選べ」とアドバイスをくれたのは同級生の医師で、床屋さんではなく「内科医」に関してでした。彼は横浜の開業医、私は伊東在住。「通院可能な範囲で馬が合う医者を探すのが一番」だというのでした。外科的な観察も処置もしない内科では、医師と患者の意思の疎通が不可欠です。問診、触診、打診、特に問診は最重要かと思いますので。いまも診察室から漏れてくる両者の会話を聞いていると、ほとんど他愛もない内容です。でも、その中にこそ「信頼」の共有があるのでしょうね。
 私も糖尿の治療でそういう医者を見つけました。もう7年目を迎えています。
 
 いずれにせよ、人と人との出会いはたいせつですね。



     付き合う?


       「つきあってみる?」 「はやく声かけろよ」


comments
893. ぴーこ さん
こんにちは。
人と人との出会いが人生を左右することもありますね。実感です。
私も美容室と何でも聞いてくださるY医師との出会いに恵まれています。
ただ、歯医者選びに迷っています。これまで通院していた歯医者が2階なのです。エレベーターがないので杖では無理で困っています。、
2018-06-15 15:21:07 | [編集]

894. 蛙声爺 さん
こんにちは。
いやいや、私も歯医者ではいくつものエピソードを持っています。相性が悪く、上手くいきませんでした。
3人を1度に治療する先生がいて名医との噂につい治療してもらったのが仇。失敗されて国立病院の口腔外科で2時間に及ぶ手術を受ける羽目に陥ったことがあります。1番新しいところでは、勝手に抜歯予定を作られ激怒した私は2度と行きませんでした。金取主義丸出しでした。
横浜の某歯科医師は良く言っていました。すぐ抜歯を奨める歯医者はヤブだと思ってくださいと。「歯も体の1部なのですから」と。
2018-06-15 16:47:58 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/695-719c8311
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR