FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. すませました特定健診、健康は貯金と同じ


 6月1日から受診可能になった2018年度の特定健康診査に行ってきました。といっても、検査項目のほとんどが採尿、採血した検体の専門的な分析結果にかかるものなので、そのほかの血圧やメタボ判定のための測定が済めば早々と終わっています。私の場合、毎月の投薬を受けるための診察が別途加わりますので、それなりの所要時間になりましたが。
 特定健診の結果は1週間経過後に病院で確かめることが出来ます。

 実は私、数年前まではほとんど受けませんでした。受診しなければ市の負担をそれだけ減らせると考えていたのです。食後高血糖で通院していたことも理由の一つです。ところが市の実施率が一定の率を超えないと国からの助成金が減り、国保や市民に不利益が生じると判ったのです。「常習的に受診しない者」を啓蒙すべく訪問指導をしていた人に諭されて分かりました。因みに市国保の目標受診率は52%だそうです。「協力」出来て幸いでした。

 地方公共団体によって区々なのでしょうが、私の住む市では、男性である私に向けられた受診の奨めは、「検診」と名の付く主だったものでも以下のようになります。「胃がん」「肺がん」「大腸がん」「前立腺がん」「歯科」、さらに「健康診断」カテゴリに入る今回の「特定健康診査」、これとは別に「人間ドック」「脳ドック」などがあります。
 ここには「治療」から「予防」へと行政の目が広がったという流れがあるようです。罹患してから長期治療になるよりも予防する方が保険財政上の負担が軽いからです。市民としては「有難い」ことではあります。
 配布された広報には「健康マイレージ」の案内まであって、これにはさすがに市の真剣度が伝わってきたものです。

 いいと分かっていても受け損なう案内があります。例えば今年の3月末に私の生年月日に対応する助成金が終了した「肺炎球菌予防接種」がそれでした。病院の廊下に貼り出されていた2018年度の案内を見て知った次第です。もっとも、助成金の対象ではないのですが、自己負担で任意の予防接種は受けられるようです。
 ご存知のように肺炎は①がん②心臓病に次いで③位の死因ですが、その肺炎での死亡者の95%が65歳以上とのことです。私は71ですから、年齢的に罹患は「やばい」です。後悔先に立たず、ですが。

 それにしても健康は安上がりです。また、老後の備えとしての「貯金」と同じです。
 この2日間、身に染みてそう思いました。



    公園の亀



comments
891. ぴーこ さん
私は市の健診を受けたこと殆どありません。
がん検診もありません。でも幸運にも大した病気もせず生き延びています。
夫はまじめに健診を受けて大腸がんの手術をしました。糖尿もありますがその割には元気です。
私は何ごともアバウトな方ですが、あまり神経質にならないほうが良いような気がしています。
でも蛙声爺さんはまだお若いですから健診は必要ですよね。
2018-06-14 16:23:03 | [編集]

892. 蛙声爺 さん
こんにちは。記事では検診を並べましたが、じつは私、市から通知を受けても「がん」検診は一つも受けていないのです。ただ、安価に受診する「資格」をもらっているだけで。
その意味では「不良市民」です。もう病魔に侵されているかもしれませんが、笑って暮すより「処方箋」が無いものですから。見つかるとどうしても暗くなりますものね。
二番目に受診予定なのは「眼科検診」になると思います。
散歩、食事療法、筋肉トレーニング、目標をもって何かを完成させること(いまは長編小説)。これしかやっていないという現状です。
75歳くらいまで生かせてもらえたら、もう少し受診するかもしれません。
2018-06-14 16:53:31 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/694-afe4129c
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR