蛙声爺の言葉の楽園

. (事件) 平仮名だけの文だから見えてきてしまう


 テレビ報道で何度も視たのに、事件が発覚した日付も、被疑者二人の氏名も、被害者の名前もまったく憶えていない爺の頭ですが、公表されたひらがなだけの幼な子の日記(メモ)が忘れられないのです。

 メモの文章の向こう側に「おとな」の顔が透けて見えてしまうから。
 口移しで書かせたように感じられるから。
 家庭内の支配関係すら想像できるから。
 その「おとな」は誰で、誰にメモを見せようとしたのか。
 あるいは、
 「しつけ」でやっていたという証を創っていたのでは、と思えてしまうから。

 もし、そうではなく、幼な子が自分の心と頭で創った文だとしたら、
 それはそれで、失われた文才に、涙するしかないのですが・・・
 爺にできることは、心から合掌することだけでした。
 「奪われた命。あまりにもひどすぎる」  




     暗い川

     愛ならば流れる向きも明るさも、色でさえも違っていたはず





comments
889. ぴーこ さん
ご無沙汰しています。
本当に惨すぎて言葉になりません。
たった5歳のわが子を虐待するなんて人間とは思えません。
親自体に問題があるのですよね。
2018-06-08 20:07:45 | [編集]

890. 蛙声爺 さん
やり方が酷いのです。
どんな屁理屈も通用しません。あんなに可愛く写真に撮っていたときもあったんでしょうに。
私は事件として憶えたくなかったというのが本音です。冒頭の文はそういう意味です。
あとは公表されたメモの文章に着目しただけです。被害者の直筆だとしても「親」が関与したのではないかと解読させてもらいました。
コメント、感謝です。
2018-06-08 20:31:19 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/690-c2e7c325
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR