蛙声爺の言葉の楽園

. こわごわなめたサイコロ状のぶどう糖


 のっけから告白しますが、私71歳になったばかりの爺です。しかも食後高血糖症状ありで、つまり糖尿病を患っています。と言ってもヘモグロビンA1c7.0から7.2程度なのですが、消化器官からの糖の吸収を平均化する薬を服用しなければ、かなりのペースで数値は上がってしまいますから要注意です。
 自分でも「変な人だ」と思うことがあるんですが、薬の効果を確認する癖があります。実は上記の数値6.8のとき服用を止めてみました。そうです、高価な薬なので「費用対効果」をテストしたのでした。結果は6か月で数値が7.6まで上昇しました。食事の仕方をほぼ同じにしていてのことなので「薬効」は実証されたことになります。叱られるのを覚悟で主治医の元に帰りましたが、正直に病院から遠ざかっていた理由を告げると、意外や意外、喜ばれました。「そういうデータは貴重だ」と。「この先生、懐が深い(^^♪」

 数年「がんばるシニア」に「在籍」していたのですが、最近めっきり弱りまして、頑張れなくなったのに「がんばる」というのも何ですから、未練を残しつつ、「がんばる」の文言が無いこちらに「移籍」した次第です。
 さて本題ですが、いまも続けている服用薬、処方箋を持って薬局に行くと必ずと言っていいほど「ぶどう糖を常時そばに置いてくださいな」と真っ白で味もそっけもない箱に入った粉末タイプのぶどう糖を寄越そうとします。ところが主治医はこう説明していました。この薬は食後糖分を吸収する役目を果たす酵素に働きかけて食後高血糖を抑え、糖の吸収を平均化する新薬だと。他の局面では抑え込まないので低血糖状態に陥りにくい利点があると。だとすれば、「理論上」低血糖防止用のぶどう糖は「肌身離さず」の必要はないことになります。なので意固地な爺は「要りません」と言い続けています。

 再び「ところが」なのですが、ときどき頭の働きが急降下し、睡魔に襲われることがあります。高齢者であることを考慮してもなお不思議に感じるレベルでした。5分程度の「睡眠」で回復するのですが、またまたテスト癖が頭をもたげました。危険な低血糖と言わないまでも薬の効きすぎは考えられるのではと。そんなとき偶然、近所のドラッグストアで見つけたのが、「夢のくちどけ」とキャッチコピーも艶めかしい小さな角砂糖のような「ピュアグルコース100%の固形ぶどう糖」でした。
 購入して、上記症状が出た際にさっそく実験しようと手にしました。ときは午後2時、「いま服用薬が高血糖を抑え込んでいるときにぶどう糖を舐めれば間食するのと一緒じゃん」と首を傾げながら、サイコロを二つに割って半分だけ口に入れました。甘い塊があっと言う間に崩れ、溶けていきます。1分も経ったでしょうか。おどろいたことに眠気はなくなり徐々に頭のもやもやも晴れたのです。
 以上から、答えはこれでしょう。「いつもではないが薬効過剰は皆無ではない」
 素人判断ですが、薬剤師は加点報酬のためだけに奨めていたのではなさそうです。
 いまは、ウェストバッグにサイコロ糖分2つを忍ばせている爺です。粉末よりは始末がいいので。




    生きるとは食べること.

      就活戦線異状なし。売り手市場ってほんと?



comments
885. 窓 さん
こんにちは~~~♪

医者をえらぶも、寿命のうち、
でしたか、格言がありますよね。
まさに、そのような医師ですね!

このような方にお目にかかれただけでも、寿命が延びそうな気がします、暗示にかかりやすい私のような性格は。(;^_^

それにしても、度胸?勇気?
ご立派なこと、感服いたします!

カテゴリ変更されたのですね!
わたしも、来年の60歳にむけて、六十代のカテゴリに変えたいのですが。

2018-06-02 19:35:00 | [編集]

886. 蛙声爺 さん
旧友の医師に聞いたのですが、特に内科は馬が合う人を選ぶと良いとのこと。記事の先生はまさに条件に合致していました。感謝です。

今回も月をまたいで何度も組み合わせを変えたほど迷ったのですが、ランキングというより読んでもらえる範囲を広げようとしたのでした。

窓さんの記事ならどこのカテゴリに移ってもうかがいたいと思います。よろしくお願いいたします。
2018-06-02 20:31:47 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/684-73389e60
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR