FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 「大」の字を取り去って欲しい「大相撲」


 ネットやテレビの報道で「大相撲」という活字を見るたびに最近思うことは、「もう大の字を取ったら」ということ。逞しさも美しさも礼節もない力士が多いので観戦も途中でやめることがしばしば。力士は負けると土がつくといいますが、観ているこちらは昔観ていた大相撲を思い出してため息をつくわけです。

 本場所が終わると地方巡業が待っている由、「でもね」と私は疑問に思うのです。本場所の土俵上で見る限りですが、膏薬やらサポーターだらけ。1年6場所の間に巡業を挟み込んだら、力士はいつ治療・休養をするのでしょうか。そのツケが回っての負傷休場や無気力相撲だとしたら、本末転倒のような気がします。だいたい、自分の抱えている弱点を張ったり巻いたりして明確に対戦相手や観客に見せて勝負の場「土俵」に上がること自体、可笑しいと思わないのでしょうか。せめて勝負の時ぐらいは外すのが礼儀だと思いますし、装着具が治療の上で不可欠なら出場すべきではありません。そんなことで休場させたら「取り組み表」が作れなくなるというのなら、相撲協会や部屋の「取り組み方」の方に何か問題があるのでしょう。巡業過多もその一つではないですか。

 昨日某大学教授のコメントを引用した記事にこんなのがありました。『相撲はもはや宗教的儀式ではなく、国際的なスポーツです』
 三役と横綱の大半が外国籍の力士になり、「横綱相撲」の意味も理解されなくなり、現在の「相撲内容」につき改革を目指す親方が協会からはじかれたりするのを見ていると、たしかに教授のコメントは的を射ています。観客のほとんどの方も「スポーツ」と理解しているようですし。相撲内容がどうでも勝てばいいのだ、金になればいいのだと明言している力士もいらっしゃる由、もうこうなると質がどうのこうのより観客の「好き好き」に任せて「うるさいことをいうな」状態ですね。
 なので、昔の大相撲ファンである爺は、テレビ観戦もやめることにしました。 

 最後に相撲に関して協会も巡業先の首長もこれを伝えるマスコミも「何か変」と思えることを一言。巡業先のお偉いさん(市長などの首長を差します)が、女性は土俵に上がって挨拶は出来ないというが、それは「男女差別」だ「女性蔑視」だと騒いでいる(失礼)件です。対する相撲協会側は「伝統なのでご理解を」と一歩も引きません。持論ですが、これは差別とは「似て非なるもの」です。最近は「差別」とか「ヘイト」とか「セクハラ」とか、まるで水戸黄門の印籠のように使う傾向がありますが、個別に吟味しないと「魔女裁判」のように危険です。二者択一問題に慣れた弊害のようにも感じられます。
 話を戻します。解決策は一つです。地方の首長に限らず、どんなに偉い人でも会場の観客やテレビ桟敷の「観客」に対して挨拶をするときは、男性も女性も土俵の下でマイクを握ればいいのです。土俵(高いところ)に上がることばかり考えているからややこしくなるのです。
 昔からこんな挨拶の切り出し方がありました。「高いところから失礼します」。そう、日本ではひとり「高いところ」に立ってものを言うのは、基本的に失礼なのです。協会側も「伝統」など持ち出して反論しなくていいのです。第一すでに、あちこちで伝統は穴だらけになっているではありませんか。(妄言多謝)

     


     名はしらずとも

        名は知らずとも「きれい」なのはわかる


 長編小説進捗度 5月31日現在 400字詰×250枚 (予定550枚)



 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

※「がんばるシニア」や「映画レビュー」のバナーは従来通り、左側のフリーエリアにございます(蛙声爺)。
comments
883. ほ  さん
写真の花、白い松葉菊きれいですね~。子供の頃家にもピンクのがありました。お陽様が大好きな松葉菊は日陰じゃ咲かないので、これを見ると「夏!」って思います。
2018-06-02 12:16:43 | [編集]

884. 蛙声爺 さん
ほさん、こんにちは。
松葉ボタンは知っていましたが、この花は知りませんでした。写真の上をクリックすると元の写真が出てきますが、本当に白が輝いていました。
散歩の途中で思わずパチリ。
修善寺街道寄りの道でした。
もう「夏」の中に入ったんでしたね。
1年なんてすぐです、奪われていく歳月の快速度。
2018-06-02 13:14:21 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/683-ba53747a
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR