FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 明と暗は撮り方で変わる。ニュースもか?

 
 写真はアングルと順光・逆光で、同じ景色を切り取っても印象が変わります。報道されている「情報」「事件」はどうなのでしょう。テレビ報道頼みではなく、ご自分の視野と視角でもう一度見直してみませんか。



     松川の川面

      真夏のような日差しの中で輝いていた川面はモノクロームの世界として撮れました



 「時事ネタは自分も訪問者も虚しさを感じるだけだから止そう」と何度も撤退したのに、今回も敢えて「やわらかく」「婉曲に」と意識しながら2つまで書いてアップしました。2時間もしないうちに「こんなふうにしか書けないなら止せ」という自分の憤りの中で削除した爺の私。結局冒頭の文だけが残りました。「ブログって何なのでしょうかねぇ」
 「もう1度」と、自分の中でのブログの意義を考えています。



      小室山公園の大木

      被写体の先に輝くものがあるだけで凛々しかった大木が暗転しました


  5月22日現在 長編小説進捗度→ 400字詰め×212枚 (予定数550枚) 


comments
わたしは、時事ネタは書かないのですが、
というか、蛙声爺様のように、理路整然は書けないのです。
けれど、時事ネタを読むのは大好きです。
沈思黙考できる、唯一のブログ記事ですもの。

時事ネタも、kakei問題はもう辟易しています。
でも、自衛隊のこと、世間を騒がしている、日大のことなどは、仰るように、明・暗をしっかり見つめる、社会目線が持っていないと、と思います。




2018-05-24 17:52:29 | [編集]

882. 蛙声爺 さん
窓さん、いつもありがとうございます。
迷いが飛んでいきそうな感じもします。

わたしのこのブログの左側の「カテゴリ」というところに<「偉い人」気取りで?>というカテゴリがあります。窓さん一度お訪ねください。「そんなに詳しく聞いていません」と言われそうな、いわば硬い記事が20ほど入っています。コメントにありました自衛隊や9条のことなど、なんと長文で3回に分けて熱っぽく語っています。こういう記事が、私が本当に目指したブログだったような気がしますが、結果は悲惨でした。拍手数は、1-2-3、ポイントも無し。要するに求められていないのでした。だいいち、きちんとした硬い記事はネット上に溢れかえっていますものね。
結局私は文芸関係に特化して書いてきたように思います。きっとこの個人的なイライラや迷いは、自分に向けられた不満なのだと思います。

自分の想いの拡散が本当に望みなら「がんばるシニア」からほかに移動するしかないのかもしれません。もっとも自分に問題があるのでは、どこに引っ越しても同じかもしれませんが。

とにかくじっくり考えてみますね。

2018-05-24 19:12:44 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/682-c240ba79
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR