FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 久々に見入ったドラマ『ブラックペアン』


 「昔」と言ったら局に叱られるかもしれませんが、「ドラマはTBS」と言われたことがあります。同じころ「民放のNHK」と評されてもいましたっけ。今はだいぶ様変わりしていますけど。その同局が放った「問題作」に触れてみたくなりました。日曜午後9時『ブラックペアン』がそれです。ご存知の通りペアンとは止血用の鉗子のこと、タイトルを見ただけで医療現場が舞台だと判ります。ちょうど、昔、米アカデミー賞の各部門でたくさん受賞した映画『クレイマー、クレイマー』の原題に、同じクレイマーの間に「バーサス: vs」があって、夫婦同士の裁判の話だと予測できたのと一緒です。

 名優や「怪優」がたくさん出ています。若い人たちは、竹内涼真(研修医)、葵わかな(新人看護師)、小泉幸太郎(新任講師)などに目が行くかもしれませんが、年配の人たちは内野聖陽(外科教授)、市川猿之助(他院の外科教授)、加藤綾子(治験コーディネーター)に注目でしょうか。爺の場合はこの二人でした。主演の二宮和也(外科医)、セリフも少ない脇役趣里(看護師猫田)。二宮は「嵐」のメンバーという顔も持っていますが、米国クリント・イーストウッド監督も認めた名優です。今回は得体の知れない悪魔的な「手術職人」としてドラマを引っ張っています。「困難な手術」的には「1話完結」ですが、この謎めいた彼の存在自体が「連続ドラマ」足りえていると言っても良いでしょう。猫田役の女優が、水谷豊の娘とは知りませんでした。個性的な風貌と謎めいた医局でのポジションにぴったりでした。二宮演じる医師渡海の腕に心服しているらしいことしか、4話までの間に知らされていません。解明はこのあとの展開でしょう。

 原作は海棠尊の小説『新装版ブラックペアン1988』 (講談社)の由、この作者『チームバチスタの栄光』の人でもあります。爺が「誰? このライター」と首を傾げたのは脚本家丑尾健太郎でした。失礼ですよね。耳が遠いせいで、最近よほど興味をそそられない限りテレビドラマを視ないものですから。この『ブラックペアン』も見逃し系のネットで、しかもヘッドホン使用でした。この人の以前の作品、レンタルビデオで観てみたくなりました。もっともこれほどのドラマでも「原作と違う」と非難と言いますか、ガッカリ感といいますか、出ています。これは私見ですが、原作(小説やコミック)Aとドラマ(映画も)Bは全く別の表現手段なのです。AからB、 BからAという流れの中で、たくさん見かける比較論はあまり馴染めないというのが印象です。

 このドラマの肝は手術シーンの圧倒的な臨場感です。それもそのはずで、医療の監修を2つの大学、2つの大病院が担当しているのでした。普段見ることができない特殊な空間に、また素人でも難しさが分かるようにと配慮され可視化された解説に、創る側の意気込みを感じたものです。

 連続ドラマの中で忘れられないシーンがありました。同時に実施された困難な手術、さらに早急に対応しなければその患者は死ぬというのも同じです。しかもこれに対応できるのは渡海医師のみ、彼は片方の手術の手を休めることなく周囲に言います。助けたい患者の命は2つ、こっちの体は1つ、「どっちを殺す?」と。究極の選択です、それを、手を下す技量のない医師たちに向かって吠えるのでした。「俺なら両方助ける」。渡海にはどうすればいいかが解かっていたのです。この2つのセリフはもしかしたら「医療の神髄」なのかもしれません。
 視点を変えて視ると、このドラマの人間たちは、それぞれに醜い。それゆえ真実に近いと感じるのです。不思議なことにだからこそ、突き詰めると「美しい」のです。デテール(細部)の正確さや医療現場のリアルさはあくまでもサブで、この醜悪な人間のドラマに奉仕しているだけ。そんな気がします。
 このドラマ、「アンナチュラル」に引き続き、全力でお勧めです。
 
 

     人間はみんな着ぐるみ

       可愛いぬいぐるみの中に「悪魔」がいるなんて「嘘」です



comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/680-5a3616ee
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR