蛙声爺の言葉の楽園

. 枯葉からクローバーへ「幸せは来るのかな」



 四つ葉のクローバー探しは本来乙女の夢仕事ですが、私の場合は『加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある』との自己判定で簡単に入手した代物でした。場所も広い野原ではなく最寄りのホームセンター。
 この四つ葉のクローバーの法的な名称は『高齢運転者標識』、味も素っ気もないものですが、せめて通称がきれいなので良しとしましょう。2011年1月までは枯葉マークと呼んでいた標識で、翌月からデザインも一新、現行の四つ葉になったのでした。もっとも道路交通法により、嬉しいかどうかは別として『当分の間』は枯葉も許されています。

 私が四つ葉を購入して車に取り付けたのは今年の4月20日でした。つまり「この車の運転者は70歳以上です」と、駐車していても走行していても「公表」し続けるわけです。前後の他人様の車から「なんだ爺かよ」と舌打ちされることなど覚悟の前ですが、いったい何のメリットがあるのでしょうか。それは冒頭の文言の通りです。「他人様に迷惑をかけるかもしれませんが、よろしくお願いします」ということなのです。手前味噌的に言わせてもらえれば、私の運転、それほど年寄っぽくありません。それでも自分自身は「昔」と比較出来てしまいますので、逃げようがありません。衰えています、運動神経、反射神経が。
 大の字が付く「昔」、輸出車を船に乗せる陸送のバイトをしていました。次々に超狭い船内に運び込みさっさと駐車させていく仕事で、停まったとたんに船の揺れで車同士が接触しないようにと船舶作業員が鎖で固定していきます。その速いこと速いこと。もたつくと「使えねえな、帰れよ」と真っ直ぐにバカにされるのでした。それさえ熟していた私なのに、最近「車庫入れ」すらうまくいかなくなったのです。混んでいる道路での他車との連携操作も鈍くなりました。とくに高速道路は鬼門です。というわけで、「決断」したのです。

 想定外の「いいこと?」もありました。海馬萎縮、聴力減退、視力後退、口腔破壊など私の高齢者的な衰えは、案外、外見からは判りにくいので実際の年齢より下に見られているらしいのです。先般住人調査で訪れた女性警察官にのっけから「まだ若いので」云々と言われ、嬉しいやら困惑するやら。もしかしたら同棟の住人にも、年中仕事に出かけない危ない人間と思われていたかもしれません。ところが四つ葉マークによって70歳以上の爺だと「知らされた」わけで、「非難」もやむかなと。これ妄想の類ですが。

 このマークを付けてからは、走行中も、あちこちの駐車場でも、「仲間」を探すようになりました。ところがほとんど見つかりません。
 見た目、高齢の運転者が多いのですが、やはり「まだ衰えちゃいねーよ」と頑張りたいのでしょう。法はまだ強制はしておらず「努力義務」に留めていますしね。また、「弱み」は見せたくないですからねぇ、普通。それでも貼り付けたのは、私の危機感でした。



     
     夫婦?

comments
枯れ葉よりはいいですね!
前のはなんだか、人生の終盤、本当の意味での、
そんなイメージがありましたから。

先日、高速道路の運転が怖い、という記事を書いたのですが、法令で【この車はスピードを出せないの事情があるので、無視やってください】というマークを作ってほしいです。(;^_^

2018-05-10 16:09:10 | [編集]

876. 蛙声爺 さん
こんにちは。
窓さん、賛成です。マークは「亀さん」がいいでしょう。昼間後ろからライトでパッパッとあおったりすると亀が輝くとか(^^♪

こちらは最近、半径10キロ以内での走行が90パーセント以上になっています。
「自覚できただけいいのかな」
寂しさはありますね。
2018-05-10 16:55:57 | [編集]

877. ほ  さん
クルマの四葉のマーク、私の地域はあせいさんのお住まい地区に比べ山の方なので、見ない日はありませ~ん普通、普通。買い物、病院通い、僻地ですからね、皆さん出来る限り乗ります。
もちろん運転手の程度は色々でしょうけど、お見かけしたら車間距離に気を付けて、煽っちゃいけない見守り運転を心がけています。
2018-05-11 11:35:29 | [編集]

878. 蛙声爺 さん
ほ さん、地域内での「見守り運転」ありがとうございます(^^♪
そうなんですよね、不便な地域ほど車は生活必需品、車を手放しても免許を失っても困り果てるのです。

伊東辺りはそうでもありませんが「不寛容の時代」ですから、ちょっとしたことでキレル人が増えているようです。温泉♨にでも入ってゆったりしましょう。私も同様ですけどね。
2018-05-11 14:20:19 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/679-a15e0e0c
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR