蛙声爺の言葉の楽園

. 小さいけれど花見は花見


 膝の負担にならない平坦な道を5000歩ほど歩きました。例によって近くにある松川湖畔の舗装路。ほんとうは今年こそは大規模な桜満開の下をと期待していたのですがやむをえません。
 春、伊東市内を走っていると他県ナンバーの車とたくさん出遭います。そのたびに思うのです。観光地に住んでいると楽でいいなと。ものの10分も走ればこんなところにたどり着くのですから。

 
     松川湖畔遊歩道


 そうそう、冬眠から覚めたのでしょうね、トカゲが目の前で遊歩道を堂々と横断しました。ええ、手も挙げずに。さらに先へ進むと立派な一眼レフカメラを持った青年が路肩で何やら撮影しています。興味が沸いたので、さりげなく長いレンズの先を見ましたらこれが落ちた杉の葉の茶色い小山でした。いったい何が居たのでしょうか。シャッターを二回は押しましたよ。


      松川上流
   

 春っていいですね♪ 
 本当はもう2枚桜の写真があったのですが、なぜかうまく載せられませんでした。
 それにしても植物は不思議です、なぜ時季を間違えないで開花するんでしょうね。しかも同じ品種はみな同様の「センサー」を持っいるというではありませんか。ときどき「狂い咲き」というミスは犯すものの。

 ・・・何か、気の抜けた記事で恐縮です。 なにせ春ですので(^^♪    

comments
今年は開花があまりに短くて、ちょっと驚きです。
私は、今週末を予定していたのですが、
いつものお花見スポットは、そのころには散ってしまうだろうと。
私の住まいは、近場でも桜の名所は多いのですが。
なぜ、人は遠くへ行きたいのでしょうね。(;^_^
2018-03-28 21:54:35 | [編集]

846. 蛙声爺 さん
なぜ人は遠くに・・・
おはようございます。私見ですが、桜が満開でいくら美しくても、近くにあれば景色、遠くにあれば観光。そんな感じかもしれません。
現にいま住んでいる川沿いの桜の古木も、ほかの人がぜひ散歩に行って見てくださいと推奨していましたっけ。
この話、身内のありがたさに気づかず、そとの気になる人に関心が向かうという、人間心理に似ていませんか(^^♪♪
いつもありがとうございます。
2018-03-29 05:06:51 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/669-e1d4fc8f
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR