蛙声爺の言葉の楽園

. 「アンナチュラル」が教えてくれた女性ライターの時代


 のっけから何ですが、衝撃を受けたテレビドラマがあります。石原さとみ主演で法医学者を扱った「アンナチュラル」がそれです。もっとも今回は、可愛い容姿の女優がなんと化粧無しのスッピンで演じたとかいう嬉しい話題ではなく、ドラマ脚本がオリジナルで、掛け値なしに素晴らしいということなのです。すでに全10話のうち9話まで放映済みで、今週の金曜日夜の分が最終回なのですが、ぜひ見ていただきたいので書きたくなりました。というのも、過去の放送分はネットで遡って、オンデマンドで鑑賞できるからです。
 私設不自然死司法解剖施設(実在はしていないそうです)のスタッフの活躍がメインですが、それぞれが重い過去を背負いながら、死者の言葉を懸命に聞き出そうと努力していきます。一方で「犯罪」は究極の人間性の表出。そこにもスポットを当てて、仕立てたドラマを飽きさせません。原則1話完結なのですが、最後まで引きずる犯罪の糾明がそれらをつないでいくのです。

 「ねたばれ」は犯しません。ご容赦ください、興味のある方に鑑賞していただきたいので。 
 じつは私、そこそこ意地悪な目で、各回とも昼間にネットで「見のがし」を利用して鑑賞していました。意欲的な設定、キャスティングの妙、高度なメッセージ性、軽妙かつ的確なセリフの数々、テンポの良さ、絶妙の場面転換、親切な医学的テクニカルタームの解説、真実味のあるデテール(細部)、適度なミステリー性、さらにはイメージソング米津玄師(よねづけんし)の「Lemon」にいたるまで、
完全に惹き付けられたことを告白します。これほど濃密なドラマを視たことはありません。
 
 一番驚いたのはこのドラマの脚本が、原作のないオリジナルで、ライターが野木亜紀子、女性だったことです。刑事もの犯罪ものドラマで、個人的に、本作以前に最高だと評価していたのは竹内結子主演の「ストロベリーナイト」でした。しかしこの作品には誉田哲也(ほんだてつや)『ストロベリーナイト』という原作がありました。
 誤解しないでください。女性を侮って驚いたのではありません。扱った作品のジャンル、題材なのです。これも私見ですが、女性ライター3傑というのを決めています。この人たちの脚本なら、それだけで視聴しますし、見逃がしたらレンタルビデオでも鑑賞することにしています。失礼ながら羅列しますと、北川悦吏子(「ロングバケーション」他)、井上由美子(「きらきらひかる」他)、中園ミホ(「ハケンの品格」他)の方々です。
 「アンナチュラル」は、この3人に野木亜紀子を加え「女性ライター4天王」とするよう私に迫ったのでした。




      川面

      川に落ちながら撮ったのではありません。そんな感覚ではありました



comments
アンナチュラルは、私も録画撮りして観ています。
今は第9話が入っていますが、まだ見ていません。
最近は、10話以前に終了してしまうドラマが多いのに、やっぱり、さとみちゃんですかね?(^^♪

大ファンなんです。^^

先のドラマ、『 校閲ガール 』もとても良かったです。
少し嘘っぽいところもありましたが、それはそれ、視聴率ということでしょうがないですよね。

アンナチュラル、最終話はどうなるか、愉しみです。
ネタバレのブログは、敢えて閲覧しないようにしています。(^^♪

2018-03-14 14:45:23 | [編集]

840. 蛙声爺 さん
こんにちは。
「校閲ガール」そろそろレンタルで観ようかなと思っています。21時過ぎのドラマはなかなか続けて視聴できないものですから(歳のせい?)
ネタばれをしないでドラマや映画をほめるの難しいんですよね、毎度苦労しています。原則、リアルタイムでのレビューは控えていますが。
振り返ってみると「映画」カテゴリ、もう70近いんです。驚きました、いつのまに(^^♪と。
いつもコメントありがとうございます。
2018-03-14 17:23:54 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/665-1d186e26
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR