蛙声爺の言葉の楽園

. 撮った水鳥が教えてくれたこと


 昼食後歩かなければと、比較的近い小室山公園に行きました。
 椿まつりが迫っていて、苑内では数人の係の人が青竹をふんだんに使って展示場作りをしていました。邪魔にならないように歩いてツツジの中の駐車場へと向かうと、ここでも資材を積んだ軽トラックが数台停まっていました。作業着を着た人たちがきびきびと動き回っています。ここでも遠慮がちに歩き、立ち働く人に会釈などしながら進みました。
 「定年の六十五歳ぐらいからシルバーでこういう仕事したかったんだ、ほんとはね。そうすればいまの71歳でも続けられたかもな」と、傍らのかみさんの顔を見てつぶやき、ふっと笑った。「…結局六十八まで完全離職できなかった」
 園内は先々のツツジ祭りの準備かな、こちらは「後の祭り」だけど…。
 八分咲きの白紅梅の側を通って東屋のある池の淵へ。
 気分を変えて水鳥を撮りました。前回来たときは寒さで凍った水面で鳥がすべっていましたっけ。

 帰宅してパソコンに取り込んでみたところで、数分間、思考が止まりました。
 写真は私に言うのです。「大写しの一羽より、数羽で関係性が出ている方が水鳥らしい」と。
 きっと人間も同じなんだと?



     小室山公園の水鳥

       待ち合わせなの、ハニーと。そんな雰囲気




comments
826. ぴーこ さん
小室山公園懐かしいです。
そちらはもう春の気配満載なのですね。
気分転換のお散歩はさぞかし楽しいことでしょう。

シルバー世代でも生き生きと活動していらっしゃる方も多いようですね。いくつになっても元気が何よりですね。
水鳥も恋の季節でしょうか。
コメントありがとうございました。
2018-02-17 16:04:42 | [編集]

827. 蛙声爺 さん
植物が教えてくれる春、というところでしょうか。
5時台がだいぶ明るくなりました。1日も早く早朝散歩がしたいものです。

私も草刈りなどの分野で69歳時申込をしたのですが、空きが無いのか希望はかないませんでした。いえ、見た目失格かも(^^♪
記憶力がそれほど問題視されない作業ってあまり有りませんから仕方ないです。
コメント、感謝です。
2018-02-17 16:57:44 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/659-180011e5
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR