蛙声爺の言葉の楽園

. 亡き母の「煮しめ」


 食卓で正月の「おせち」の話があって、ネットで、調べるという感じではなく、ちょっと覗いてみました。こどもの頃から世間様で言う「ちゃんとしたお節料理」など近くで見たこともない私ですから、数万円もする3段のお重などびっくりはしても欲しいなどとは思いません。
 ただ「おせち」は或ることを思い出させてくれたのです。亡くなった母のことを。

 昔、母は暮れが押し迫ってくると、れんこん、人参、ゴボウ、椎茸、こんにゃくなどを買い、それらをコトコトと煮たのです。「昆布やサトイモもあったかな」
 何が「正規の煮しめ」のラインナップなのかは知りませんが、淡い記憶をたどれば、毎年入れる種類は同じだったような気がします。ところがそれを全部詰め込むと大変な量になるわけです。
「そんなにいらないじゃん」と私。7人兄弟姉妹とはいえ、正月にまさかどんぶりに盛って食べさせるわけでもあるまいと、そう思ったのです。何にも言わず作業を続ける母。煮方が終わると、深めの大皿に各種均等に盛り、カバーをかけてどこかに出かけ、それを何回か繰り返します。どうやら近くに住むおしゃべり仲間に「おすそわけ」をしているらしいのです。
「めいわくしてない? 大丈夫?」と生意気な口をきいた私。

 「人様の口を可愛がっていれば、先々自分も食べることには困らないっていうからね」
 だれに教わったのかは知りませんが、何かの折に母がボソッと言いました。
 折に触れて大量に何かを創っては配っていた母の、おまじないにも似た動機。
 「ふぅーん」としか、10代の私は反応できませんでした。

 そういえばこの12月で、母が亡くなってから30年の歳月が流れたことになります。



      時と地蔵
    

        時計と地蔵は、時の流れと道しるべ
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/647-2eddc68a
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR