FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. やっと印刷所に「原稿」を送れました。ふぅ(^^♪


 昨日、印刷屋さんの督促電話を受けて、郵便局にすっ飛んで行きました。
 7月中旬から執筆していた『キルリーの巣窟 (小糸菜穂子が独り往く)』の原稿最終確認が終わったのです。表紙カバーのデザイン画は姉に依頼しました。
 先に送付予定日を業者に告げてしまったので焦りました。業者校正は無しで見積ってもらいましたので、400字522枚、ページにして267を最終チェックしたのですから堪りません。忙しい中、儲からないだろう私依頼の印刷製本作業をはめ込んでくれているのですから遅れは禁物だったのです。
 心底ホッとしています、いま。
 この脱力感は、半端がない感じです。何かホワーッとしていて。昨夜焼酎のお湯割りを2杯飲んだところ、疲れと眠気が襲ってきてすぐに横になりました。「なんか体力落ちたなぁ」と、しみじみ感じた次第です。
 「ブログ記事、ずいぶんまばらに書いてたなぁ」、これも反省でした。
 でも、言いたいです、「やっと終わったぁ!」と(^^♪。



     のどか

      「おまえ、声かけろよ」「自分でやれよ、オレ、この子タイプじゃないもん」
comments
794. ぴーこ さん
522枚なんて気が遠くなります。
わたし、東郷への3、4枚ですら何を書こうかと
迷いますのに、522枚とは信じられません。
気力体力は半端じゃないでしょうね。

おめでとうございます。そしてお疲れ様でした。
どうぞ、ボーっとなさってお寛ぎ下さい。
2017-11-09 10:04:51 | [編集]

795. 蛙声爺 さん
こんにちは。
難行苦行の類でしたね(^^♪
一次脱稿のあとのもろもろの方が、大変でした。校正してくれた人に感謝した所以です。
本作が「最後から二番目の長編」になるよう、このさきも頑張ろうと思っています。ただ、いまは本当にグダッとしています。

本になって帰ってくるのは今月の末日です。
たのしみです。
2017-11-09 15:53:57 | [編集]

796. ほ さん
お疲れさまでした~(*^▽^*) 大変な作品ほど完成の達成感が大きいと思います。この達成感。やみつきになりません? 
小糸菜穂子の物語にお姉さまはどんなドレスを着せてくれたのでしょう。装丁、とても楽しみです。
2017-11-09 16:48:13 | [編集]

797. 蛙声爺 さん
ほさん、ありがとうございます。
確かに、気持ち的にはすぐに次回作をとなりました。けれど、心身ともにそううまくはいきませんで、とりあえず脱力の中に居ます。楽です。

上梓した小説はそれぞれ異質なものでした。時代小説『小説太田道灌』、ラブサスペンスで『夢の海』、自伝を装った青春もので『孤往記』、産業小説もどきの人間ドラマで『キルリーの巣窟』、で、次回は「私小説」風でまとめたいとひそかに思っています。
ただ、気力体力がもちますかどうか。

その折はまた、面倒を見てください。よろしくお願いします。
2017-11-09 19:19:55 | [編集]

今晩は、次回作への意欲
とても嬉しく思います。
あとがきも装丁も勿論作品もたのしみです。
疲れを十分取って下さいね。
お待ちしてます。
2017-11-09 19:51:52 | [編集]

801. 蛙声爺 さん
コメントありがとうございます。

自費出版は、刷り上がって着荷してからがけっこう大変なんです(^^♪ 苦痛でない大変さですが。
結局この出版方式が一番自分に合っているようです。
お世話になった方々にぜひ読んでいただきたいと思っています。
それで、ドサッといっぺんにお送りするかもしれませんよ(^^♪。
よろしくお願いします。
2017-11-10 00:51:18 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/632-3b49e447
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR