蛙声爺の言葉の楽園

. 秋に遇うために


   あした山梨に発つ
   秋らしい秋に遇うために

   見上げる赤い葉、黄色い葉、道に枯れ落ちた茶色の葉
   澄んだ青空と、そこに遊ぶ雲、会えればだが群れた赤とんぼ
   遠く、近く声高に走る川の流れ
   頭を垂れる稲穂、いやいやをするススキ
   高嶺に雪を頂いた山々

   雨だけは困る
   濡れて、物悲しいだけだから




     秋の道

    しばらくの間、掃いたりしないで もうすぐ風がここに来るんです 
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/629-6a3b7e1f
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR