FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 選挙と台風とボクシング


 つくづく妙な夜、それが10月22日にやってきた。
 総選挙の開票が20時に始まると地上波のテレビ放送が選挙速報で「統一」された。誰が頼んだわけでもないのに、各局がほとんど同じ内容を「独自」何とかと称して視聴率を競っている。異論はあると思うが、全国放送であるNHKだけでいいような気がする。
 ネットの番組欄を見たら、なんとボクシングのタイトルマッチをやっている局があって「統一」という前言は翻すことになるのだが、今日になって報道をみたら視聴率は20パーセントもあったという。素晴らしい決断だと思った。ちなみに、もうそろそろ最終ラウンドになるかなとチャンネルを合わせたところ、TKOで村田が勝っていた。見逃したに等しい。
 おとなは拳闘でもいいが、選挙など興味のない子供たちのために、次回はどこかの局でジブリのアニメを放映してくれないだろうか。むろん私は「子供」の仲間に入れてもらうが。ぜひお願いしたいが、いかがだろう。

 「20パーセント」の数字に刺激されたわけではないが、今日正式な投票率発表があったことを思い出した。53・64パーセントだという。有権者のじつに半分近くが今回選挙権を行使しなかったことになる。むろん台風の影響はあると思う。それにしても、という数字ではないか。ここから法的な仕組みによって議席数が出てくるわけだ。自公併せた与党議席は全体の3分の2を超えて、衆議院での憲法改正発議が与党だけで可能になったとしきりに報道は言う。投票率と議席獲得率という別の数値を使って恐縮だが、53・64×0.67と乱暴な計算すると、選挙権者の約36パーセントの法的信任で発議可能となってしまう。「これでいいのか」と言っても始まらない。投票に行かないからそうなるのだから。
 こんな風に考えていくと「棄権」が政権政党への信任と同じだということに気が付く。「つまり原状に不満がないので投票に行く必要がない」というメッセージと一緒なのだ。このこと、棄権が「否定」の意思表示と考えている人に提示してみたい。

 それにしても今回の各立候補者の右往左往はドラマチックだった。当選という「再就職」のためには、主義も主張も政治的信念もなんのその、仁義なんて糞食らえで、大変「勉強」になった。もう一つ確認できたのは、「見えざる手」が働くのか投票結果が、現在する世の中の事情に合わせてバランスよく成るものだということ。今朝の新聞やテレビ報道を見て「へーえ」と感心をした。若干結果を心配していたが杞憂だったようだ。もっとも「策士策に溺れる」現象で救われた感もあるが・・・。
 誰だが忘れたが立候補者のいう「国民の目、おそるべし」が至言だと思う。

 超のつく大型台風が首都圏を直撃した。テレビの選挙報道の合間で視るかぎり、規模の割には安心できたが、それでも進路予想が伊豆半島を視野に入れているので、なかなか寝付けなかった。だいぶ経ってウトウトッとしたころだった、携帯で警報音が鳴り、飛び起きた。「避難勧告」だった。ただ、対象地区から外れていたのと、現住居が鉄筋3階にあるので、再び眠りに落ちた。

 目が覚めたら台風一過の青空、青が鮮やかすぎて見惚れた。
 幸い、今度の台風も当方は無事だった。
 


      沢に水、ながれる

        流れると流されるは、明らかに違う
 
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/628-d302c135
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR