蛙声爺の言葉の楽園

. 『校閲ガール』ではなく「校閲がある」


 もう放映は終わっていますが石原さとみ主演のテレビドラマに『校閲ガール』というのがありました。興味はありましたね、「校閲」は同人誌で20年もやっていましたので。じつは私、基本的に21時過ぎの連続テレビドラマは視聴しません、早寝を心がけていますから。観たいものはレンタルビデオになってからまとめて観ることにしています。
 のっけから恐縮ですが「それはさておき」、昨日10月20日、丸3か月を費やした長編小説の執筆が完了しました。

 400字詰め原稿用紙換算で522枚が長編かどうかは危ないところです。「中編」どまりかもしれません。脱稿までは2か月半でしたが、そのあとで自分で行う校閲を始めました。誤字、脱字、誤植の点検はもとより、それは使用単語の適・不適まで確認します。とくに法律用語や技術的な用語の説明を小説内でどこまで詳細に入れるかや、そもそも説明が小説的な観点で必要かどうかなどはかなり難しい判断です。それが求められる種類の小説もあるでしょうが、小説は教科書や論文ではありません。「読み手の流れを阻害してまで厳格にすることの意味があるのか」にまで校閲は入り込むことになります。

 専門職の登場人物が台詞の中で専門用語を駆使することはよく有ります。それ自体がスジとして重要な場合は別ですが、私は普通、そういう人なのだという読者の理解をもらえばいいというレベルで処理しています。
 政治家にもよくいるカタカナ横文字(外来語)の好きなタイプの登場人物が台詞を言う場合など、専門用語でなくても校閲段階で若干悩みます。今回も、バイトをしながら外国を放浪していた中年男性が台詞で使った「メタモルフォーゼしないと・・・」で、自分が書いた文章なのに、かなりの時間にらめっこをしていました。変身しないと、という意味で彼は使ったのですが、「じゃ、変身しないとにすればいいじゃん」という校閲者(=自分)がいるわけです。でも彼はそういう性格なんですね(^^♪ この結論を得るために、古本屋で買ったドイツ語辞典にもあたって確認した次第です。

 こんなことの繰り返しで何日もかかって全編を「校閲」をしたあと、第三読者に「校閲」を依頼しました。当初読後感だけでもと思っていたのですが、それこそ「忖度」してくれて全面的なチェックまで済ませてくれたのでした。そもそもが、著者自体がチェックを全うできるはずがないのでした。感謝、感謝でした。この第三者「校閲」の結果から再び全編の本人補正にかかりました。
 この2種類の校閲過程で半月、執筆期間と併せて3か月となったのです。

 このあと自費出版をするのに必須な版下を自分で作り、一方で公募に応じるためのページ設定もしました。たぶんこの択一でも悩むと思います。でもこれは、自分が自分に与えたミッションを果たせた喜びに比べたら小さなことです。
 書き始めは、海馬障害の自分に本当に書けるのかという恐れがありました。「まだ書けるかもしれない」が「もう書けない」に確定することの恐怖、それは半端ではなかったのです。当日分を書き始める前に前の数日分を読み直すという方法は苦肉の策でした。
それは日を追って困難さが高まっていきます。実は何度も諦めかけました。
 2年も前から企画していた小説、いまは目の前にある完成稿が、私に「あした」の存在を教えてくれています。

  それでも短期記憶障害は、まったく好転しませんでした。この意味では3か月の努力は報われませんでした。




      
      アオサギと橋

        飛ぶのかどうか、とべるのかどうか聞きたい

     
comments
おはようございます。
台風の影響はありませんでしたか?
『校閲ガール』は見ていました。
小説を書き終えても、まだまだやることは大変ですね
子供を育てるのと同じように思います。
産みの苦しみ、育ての不安、葛藤、横道それれば修正
成人すれば1度は安堵するも、一生その子の歩みが気がかりです。書店に並ぶ我が子もですね。
歳に寄り添う大事なことですね。ボチボチ生きましょう。どんな形になっても、読ませて頂きますよ。
      
2017-10-23 09:33:46 | [編集]

791. 蛙声爺 さん
こんにちは。
台風、おそろしく近くを通過しましたが、こちらの被害はありませんでした。それでも目の前の川は濁って増量、台風一過の青空に誘われて行った松川湖畔の道路は小規模ながら何か所も土砂崩れがありました。
 
この記事の小説執筆は一種の「リハビリ」を兼ねましたのでかなり真剣に急ぎましたが、これから書くものはのんびりと取り組むつもりです。
コメント、ありがとうございました。
2017-10-23 15:20:17 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/627-156327c6
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR