蛙声爺の言葉の楽園

. 月光と日の出を物語りして




       月光になぞらえて


         払暁の闇、せめて月光になぞらえて
        磨かれた岩の光沢が、わずかに木々を映して
         爺の戯れを喜んでくれた
 
        
       
    







       日出ずる
    

          日が昇るとき、かすかに音が聞こえる
         沈むしか道の無い、吾のおののきの
          それでも沸き立つ血潮の流れ
       
   



        
comments
779. 蛙声爺 さん
写真の上でクリックすると原写真になって、2枚とも、より明暗がはっきりとします。
鮮明にしてお楽しみください。
2017-09-10 20:40:48 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/614-a4d7916b
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR