蛙声爺の言葉の楽園

. 『関ケ原』期待をしていたればこそ


 「うーん」と何とも複雑な思いで映画館を出た。億2桁は確実に費やしたであろう時代劇超大作『関ケ原』(原田眞人監督)は、期待が大きかっただけに不完全燃焼のままに、帰路の重荷になった。常なら「シゲルと愛子」のコンビで感想文を書く爺だが、今回は自分の文体で書きたい。そう思わせる立派な作品ではあったのだ。

 以下、叩きつけるように述べるがご容赦有りたい。浅学菲才の身、論点に誤りがあるかもしれないが、それは勢いというものでご寛恕願うとしよう。勝手に膨らませた期待がスクリーンにぶつかって破裂しただけのことなのだから。

 確かに原田監督の高揚感は伝わって来た。だが深みを感じられなかったのだ。司馬遼太郎の上・中・下3巻ものの小説『関ケ原』は2回読んだ。この作品の原作である。だからかもしれない。
 2時間半の上映時間を通して、どの戦国武将の苦悩も伝わってこなかった。ただ戦闘・関ケ原に向かっていく動機らしきものを羅列しただけで終わったように感じた。原因はシナリオにあると踏んだ。全くの私見だが、監督が同時に脚本を書くときは共同脚本にするべきだと想う。創作の情熱が上滑りし、巨匠監督といえども客観性を担保出来ないからだ。それを知って実行している監督を二人挙げよう。黒澤明(井出雅人や小國英雄など多数の脚本家と共同するのを常とした)と山田洋次(最近多いのが脚本家平松恵美子との共同である)がそれだ。黒澤映画に心酔していたのなら、なぜ倣わなかったのだろう。不思議でならない。

 例えば女の忍び初芽(有村架純)の創出が男のドラマを甘くしてしまった。しかも不思議に数回も危機を生き延びる。安直ともいえる恋愛要素が時間を奪い、どれほど多くの武将の内面描写を削らせただろう。ラスト近く石田三成(岡田准一)が刑場の連れられて行くシーンで初芽とアイコンタクトをとるが、失笑を禁じえなかった。「観客」への悪しき迎合とさえ思える。
 小説『関ケ原』の魅力は各武将の心の動きの活写だった。戦闘行為そのものの描写は従たるものでしかなかった。観客にこびた要らぬ女忍者に費やした時間は、各武将のそれにこそ使われるべきだったと愚考する。もっとも従たる戦闘行為そのものは見事なほどに迫力があった。しかしキツイみかたをすれば、ナレーションでもタイトルでもいいので、今映っている戦闘行為が東西両軍の勝敗にどう影響を与えたかを説いてほしかったと思う。ただのアクション映画か文芸の香り豊かな作品かの分水嶺は、まさに、そこにあったと思えてならない。

 さらに言わせてもらえれば、戦闘アクションで言うなら『レッド・クリフ』(ジョン・ウー監督)には及ばない。武士の心情のえぐり方で言えば『ラスト・サムライ』(エドワード・ズウィック監督)に軍配があがる。そしてもう一つ、追う者追われる者の頭脳戦で言えば『天国と地獄』(黒澤明監督)に敵わないと言えよう。
 面罵しているように感じたかもしれないが、ただただ悔しいからに過ぎない。久しぶりにワクワクしながら小田原まで車を走らせたのだ。原田監督には純粋に「司馬遼太郎」を追ってほしかった。もう一度言いたい。「初芽」は要らないドラマなのだと。
 矛盾するようだが、それでも星は五つである。 



comments
こんばんは、私も今日仕事終わってから上大岡まで行って観てきたばかり・・・ブログに驚きでした。
私もちょっとがっかりした派です。
小早川役がどうも納得できず・・・
小早川は大男だったのでしょうか?三成とのバランスの悪さ、時代劇向きでは無い語り口・・・関ヶ原のキーマンが役不足のように思えてなりません。
原作を先読みすると、楽しめませんね。
未消化な感じが残ってます。でも映画は楽し~い
今日は一日で1100円で鑑賞できたから良いかな
2017-09-01 23:34:58 | [編集]

773. 蛙声爺 さん
おはようございます。
そうですか、早々に観ましたか、さすがですね。いまの役者さんで時代物に合う人、そんなにいませんよね。あと、人気ですか。営業面からキャスティングも制約を受けると思いますし。初芽の創出も女性の観客を意識してのことでしょう、きっと。観てる方は勝手にいろいろ批評しますが(^^♪。
それでもきちんと私見を述べていいのではと、思う爺なのです。
「残念でなりません」
ところで…私はシニアで割引の、1100円でした。
2017-09-02 03:48:28 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/611-9f5cb5c7
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR