蛙声爺の言葉の楽園

. 「自分」三昧で選ぶブログフォト

 
  ブログのために撮った写真の中で、少しこだわったもの6枚を選んでみました。
  「自分が好きな写真」の第2回になります。
  コメントの2段目は関連「ダジャレ」です。




      和風2

     ほんとうは路地の石畳を撮るつもりでしたが、目線を低くしたら竹が綺麗で、つい浮気。
     竹が干されて割られて縛られて一言、「チクショウ(竹生)」




      冬木立
 
     同じところを何度も通りましたが、日差しが入って日本画風に見えたのはこの時だけ。
     「日本がーっ」は日本ファースト、それともあの国カンコク?





      太陽と芒

    真昼の月とススキがイメージできました。太陽の位置と周りの淡い雲が創った不思議。
    ススキは薄と書いて薄い、じゃあ濃はどんな草なの、答えは「NO!」




      亀

     石と亀の「絵柄」は数種ありましたが、三匹の絡みが一番面白かったのはこの石の上。
     虫を三つ重ねた蟲もムシ、亀は三つ重ねても「かめへん」(但し関西)




      光と水

     現場ではもっとキラキラ。川底と水面のどちらにピントを合わせるかで迷い、この程度。
     映るのは川底で決まり。ソコまで気づかずウロウロ




      水鏡

       雨水が作った水鏡。落ち葉と樹々と雲と、どれが欠けても困る「絵」。
       手かがみ、水かがみ、合わせかがみ、前かがみ。顔が映らないのはどれ    
    
 
comments
762. ぴーこ さん
素敵な写真ばかりですね。
一番はやはり「亀」さんでしょうか。3匹が自然に集まるって不思議ですね。川底の写真も揺らめきが感じられて素敵です。

昔は私もカメラに嵌っていましたが楽しかったです。
2017-08-26 10:01:48 | [編集]

763. 蛙声爺 さん
こんにちは、ぴーこさん。
第1回は「花」をテーマに数枚並べてやったような気がします。ホントにカメラって嵌りますよね。昔はスナップも撮れて、知らない人が写っていても大丈夫でしたが、今はネットで拡散できる時代、肖像権保護も厳格になってきましたので、風景しか被写体にできません。だから撮り方に意味を持たせるようになりました。
コメントいつも感謝です。
2017-08-26 11:06:40 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/608-fdabf211
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR