蛙声爺の言葉の楽園

. 「キレる老人」自分自身へのイライラが原因かも


 ネットで昨日、全国紙に載っていたという記事を見て考え込んでしまいました。
 『人は孤立すると攻撃的になる・(キレる高齢者=暴行摘発10年で○○倍)』
 この倍数が2ケタだったのです。
 もっとも衝撃的だった事例は、タバコの吸い殻を道に捨てた老人が小学生に注意され怒ってその子の首を絞めたというもの。暴行段階にとどまったとしても信じられない暴挙です。その子の不信と怒りが老人全体へと向けられることがないよう祈りたいと思います。

 報道などによると、いまの若者は高齢者に対して批判的で、極端な老人不要論すら散見されます。
 なぜなのでしょうね。以前「敬老の日」についてのコメントで、「年をとっているというだけでなぜ敬わなくてはいけないんだ、バカげている」という若者の意見をネットで見ました。言葉を失ったものです。
 「いまのこの素晴らしい日本を築いたのは私たちの世代だ。それを何だ」と怒ったとしても、「どこか素晴らしいんだ、バカヤロ」なのかもしれません。昔より今の方が数段豊かで平和で優れていると新旧比較できるのは、残念ながらいまの高齢者だけなのですから。

 ほんとに個人の見解ですが、高齢者が「イラ立っている」のは目の前の「相手」なのでしょうか。私は広い意味での「常日頃の自分」になのではないかと思っています。昔のように体が動かない、頭も五感も同様、胸を張れる何事もしていない。接する相手は礼も尽くさず敬いもしない、大事にもしてくれない。いちいち自分の中の「昔の自分」がイライラして怒っているのではないでしょうか。そう思えてなりません。
 その爆発のスイッチは小さいこどもでも触れられる高さに、無数に付いているのです。小学生は不幸にも事例の男性のスイッチを押してしまったのです。極端に言えば、まだ乳幼児の孫が寝ている間にその老人を足蹴にしてしまったとしましょう。そんなことでも起爆しそうな気がします。
 もっと「心ゆったり」とできないものでしょうか。殺伐としたものを感じるニュースでした。

 相手もそういう老人の相手で頭に来ることが重なると過敏になってきます。私もやられました。カーテンを2組ホームセンターで注文したところ、受け取り期日に見たのは1袋。私は静かに「たしか2つ注文したのですが」と言うと、伝票を見て「いいえ、1つになっていますよ」と普通の口調での返し。「あの、確かめてもらえませんか」と重ねたところ、係の女性の態度は豹変しました。私はその瞬間から老人クレーマーに分類されたのでした。言葉が棘だらけになったのです。「もういいです」と引き下がり、後で開封したところ、なんのことはない2組が1袋になっていただけでした。私は耐えましたが彼女も半日は不愉快だったでしょう。

 結局のところ「心の棲み処」が荒れてきているのかもしれませんね。
 これからはもっと…もっとですかね (*´ω`)┛




     雑木

        まっすぐに伸びた樹々も「強風」が吹けば互いにぶつかる


comments
756. ほ さん
ホームセンターのカウンターで嫌な思いをされたとのこと。そこは客の年齢関係なく、店員のレベルが低いからだと推察しま~す。
店員は短時間のパートで回していてその時間が過ぎればよく、保身はするが客の親身になってはくれない。注文を受けた人と渡す人が違う、引き継ぎができていない。この荷物の嵩なら二つのカーテンが一緒に入っているということが分からないし、或いはふたつで1組だから伝票に1と表記してあることが分からない。もっと言えば、客に断って荷物を開けて中を確認してみる余裕がない。
安いんだから、効率優先で事務的。店員の中にはきっと真面目な人もいるだろうし、そんな人ばかりじゃないと思いたいですけどね。私も取り寄せ注文をしようとしたとき、バリヤー張られた経験があります。
2017-08-22 11:09:15 | [編集]

757. 蛙声爺 さん
ほさん、こんにちは。お元気そうで何よりです。
「そこは客の年齢に関係なく」は救われるところです。よく「おとなになって」耐えてなんて言葉がありますが、今度は「もう年なんだから」耐えてなのかも。「耐えられる方が耐える世の中になりました」
店員さんの分析、参考になりました。
まだ若いのにあなたも腹立ちの経験が相当ありそうですね(^^♪
妙な夏ですから、健康第一で過ごしてください。
2017-08-22 14:05:03 | [編集]

758. ぴーこ さん
敬老の日も地に堕ちましたね。
100歳以上が6万人を超した現在、高齢者ばかりが増加して逆に影が薄くなったように思います。
そんなこともあるのか、自身の老いにいら立って切れる高齢者が多いのではないでしょうか。
いつも思うのですが、戦争を語り継ぐといっても
本気で耳を傾ける人がどれだけいるのだろうかと。
2017-08-22 15:49:45 | [編集]

759. 蛙声爺 さん
こんにちは。
「ねえ、今日何でカレンダ赤いんだっけ?」これが敬老の日ですね、私も「当事者」なのに「老人」だということを時々忘れていて(^^♪ まして、子、孫においておや、ですね。
 伝統工芸も、文化財保存も、政財界も、ノーベル賞も、町内会ももみんな高齢者。バカにするなら担ってよって感じしません? もっとも私、爺は「お前が言うな」と言われること必至ですけど(^^♪
いつも、ありがとうございます。
2017-08-22 16:44:53 | [編集]

760. takako さん
私は依然、食レジパート時代。男性のお年寄りに数度
怒鳴られた経験があります。
食レジの集中レジはとてもクレームを言いやすい場所です。かなり理不尽なことも言われました。
私なりに何故と当時考えたりしました。
社会人としての立ち位置に不満なのかな?
家族との関係性に不満なのかな?と
並ばされ待たされることに腹を立て、品物が無いことに腹を立て、その態度はなんだ!!と腹を立て・・・
揚句の果ては「店長を呼べ!!!!」でした。
こちらの態度にも落ち度はあったのでしょうね、
相手は人を見ます。40代若かった~今、立場は逆転しましたね。
可愛いお婆ちゃんでいたいものです。
2017-08-23 07:29:36 | [編集]

761. 蛙声爺 さん
怒りやすい人の体質について、昔、酸性の人が多いとものの本にあったような。人間は弱アルカリ性がいいのだそうで。野菜をしっかり摂りましょう。うーん、腹減っていてもですよね(^^♪

ホテルの設備と総務、両方の仕事でよく叱られました。しかも直接自分のせいではないことで。部下の失敗、老朽設備、係の駄目対応、エトセトラ。
何回謝罪したか、何回土下座したか。ホテル業では「支配人呼べー!」ですね、それで課長の私が出て行くと「お前じゃねー」。
だから自分では絶対しません。どんな対応されても、相手に間違いがあっても(^^♪
コメント、ありがとうございます。
2017-08-23 10:48:46 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/607-7be1270c
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR