蛙声爺の言葉の楽園

. 近況と言う名の記事にてご容赦


 メールチェックをしていたら中学時代の同窓サークルから「ゴルフコンペ」の連絡が入っていた。私はゴルフをしたこともないし当然サークルにも入っていない。何かの手違いなのだろう。それにしても、「老人格差」を目の当たりにしたようで思わず「フッ」と笑った。人生には自分の道と他人の道の二つしかない。その都度の選択を否定したら過去にさかのぼって「自分」そのものが消失してしまう。肯定して「いま」を生きようと、想いを再確認した。

 昨日で、執筆しだした長編の原稿が400字詰め101枚に達した。13日間の進捗度ということになる。日々の執筆時間と前日までの原稿再読時間がほぼ同じくらいになっている。結果、1日の「自由時間」の大半が小説のために費やされることになった。少しでも頭のためになるだろうとアルコールも完全に断った。
 「情熱で書いて理性で推敲する」 あれこれ悩まないで心が命ずるままに、とにかく書き綴る。プロットは2年もの間、迷いながらも創り続けていた作品なのだ。
 日々実行度がバラバラだった散歩と筋トレが綺麗に整った。
 目の健康のためにパソコン画面を見詰めるのを必須のものに限定し始めた。結果としてブログの更新度は、やはり減ってしまった。

 5000から10000という歩数の多い散歩はできるだけかみさんと行く。仲が良いからではなく(^^♪お互いにだが、途中で体調が崩れたときのことを考えてのこと。あれこれ話し合うことで、会話能力の減退を遅くする効果も期待している。
 それにしても、進む「カレンダー」の速さが怖い。
「老い」とはこの「時を失う速さ」のことなのかもしれない。



     木の根

               人の根も老いて露わになるという
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/598-cd531faf
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR