蛙声爺の言葉の楽園

. ぬるい「あれ?これ。」


 またまた年寄りの早寝早起きで3時起床、5時には散歩。さすがに道には誰もいません。松川の流れを覗いていたら何を期待したのか真鯉・緋鯉が集まってきました。きっと誰かが餌を与えている場所なんでしょうね、みな太っていますし。鯉をしたら身も細る、は嘘のようです。コンビニで買ってきたパンを持ってはいたのですが、何もあげませんでした。

 毎年楽しみにしている河床にたまった泥土で生きる草花。ようやく2種類花を咲かせました。琉球朝顔と朝鮮朝顔、まだ勢いは今一つですが、梅雨時にはいい慰めになります。これで小田原の東宝シネマズに出掛け上戸彩の『昼顔』でも観たら、何だか昨今の半島情勢を窺えるような感じになれます。いえいえ別に観たいわけではありません、・・・歳なので。

 部屋に戻り、日経新聞を開いていたら、「おっと朗報」でした。
 アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門で、以前このブログで紹介しました『この世界の片隅に』が審査員賞を受賞したのです。「何そのアヌシーとか」とおっしゃる向きもありそうですからちょこっと解説しますと、ご存知『カンヌ映画祭』から独立したアニメ専科の映画祭で、1960年から開催されている世界最大の祭典なのだとか。ま、ほんとに「ちょこっと」でした。この作品昨年11月からずっとロングランを続けていて6月17日には観客200万人達成だそうです。外国にも目のある審査員がいるものですね。あ、当然でしたね。

 そう言えば2日ほど前、わが家の「夕餉の映画館」で何となく見始めたDVD『オカンの嫁入り』が秀逸でした。いえ、物語はそこそこという感じでしたが、看護婦をしている母親陽子役の大竹しのぶと外出恐怖症になってしまう娘月子役の宮崎あおいの演技に、つくづく感じ入ったのです。どちらも名女優だと知ってはいたのですが、繊細で危うい母と娘の心の陰陽を、みごとに演じていたんです。いえ、演じているという感じではなくて何とも自然に。食べた夕食の味は忘れても、この二人の「味」はきっと忘れないでしょう。良い映画でした。
 ほんとにぬるくてすみません。



     朝鮮朝顔

              この花いつも下を向いているんですよね、花の中身が見えない
      
comments
708. ぴーこ さん
早朝の散歩は気持ちがいいでしょうね。
一日の始まり、すべてが動き出すのですね。

大竹しのぶさん  宮崎あおいさん
お二人とも名女優ですね。
私も大好きです。安心して見ていられると言うか演技に引き込まれます。
こんなコメントしかできません。すみません。
2017-06-19 20:36:11 | [編集]

709. 蛙声爺 さん
コメントをいただけるだけで嬉しいです。
こちらからもエールをお送らせてもらいますね。

よそさまのブログ記事で、必ずしも内容に直結しないコメントを良く目にしますが、私にとっては目から鱗でした。心の交信のような役割もあるんだと、そう思ったからです。

宮崎あおいという女優、中学生ぐらいのときの主演作で海外の賞をとったことがあります。もう記憶も定かでないのですが、そのころからずっと「お気に入り」なんです。
2017-06-20 04:14:55 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/584-eda25655
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR