蛙声爺の言葉の楽園

. 本気出したのに負けた


 難聴で高齢なのでテレビからほとんど離れパソコン三昧になった。ひとつ年下のかみさんは健常なのでテレビ三昧。当然夫婦のコミニュケーションの「場」は減ってきた。
 或る日思い立って文房具屋で木製の将棋の駒を買った。盤はある。
 「ハサミ将棋ならできるだろ」と誘って「歩」を並べる。「最初はグー」で初めて第1戦は引き分け。勝てなかったことに衝撃を受け、2戦目は本気で臨んだ。それだのに「負けた」。認めて、本将棋ではないけれど礼に則り頭を下げた。
 それでも「俺が負けた?」と、しばらく落ち込んでいた。
 ・・・
 コーヒーを淹れて一緒に飲んでいたら、不思議に「負けて良かったな」と笑えた。
 「あしたも勝負だからな!」 



  秋に緑から赤に染まるなら分かる。このもみじの葉は何と赤から始まり、いま緑色に変わろうとしている。
                そう、陽に輝きながら・・・(画をクリックすると独立写真になりますよ)

     真逆な紅葉



にほんブログ村
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/562-6cbcbaf3
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR