蛙声爺の言葉の楽園

. 遅れても小さくても、咲く桜花


 最も身近にある桜並木なのに、今年もまた満開の時季に他所に居た。
 松川沿いの遊歩道を、それこそ上を向いて歩いていても、見えるのは花びらを落とし蕊(しべ)だけになった「残骸」とそれを包み込むようにしている若葉だけ。
 それでも、のたりまったりと独り歩を進める。早朝6時、前にも後ろにも人はいない。
 「おっ」と思わず声が出た。
 太い古木の幹に小さく顔を出している桜3輪。しばらく立ち止まって、じっと見つめる。
 華やかさもなく、実を結ぶこともない、言わば仇花。そよとした風にときどき揺れる。
 見つけてもらえなくてもいい、褒められなくてもいい、ただ自分なりに咲こう。そんな風情だ。 
 省みて古希の己を想う。何かいまから、咲かせられるものがあるのだろうかと。



     桜花


ポチッと押していただけるとすごく励まされます

にほんブログ村
comments
670. ぴーこ さん
蛙声爺さんの心情に共感しました。

とかく比較したり焦ったり嫉妬したりしがちですが、自分なりに精いっぱい咲けばいいのですよね。
2017-04-22 21:21:27 | [編集]

蛙声爺さま。
コメントするのは初めてです。
以前、お兄様がお一人で家を建てられたとの記事がありました。
その時からどんなお方でしょうと、強く心に留まっておりました。
先日、コメントを頂き交流が始まりまったその方がお兄様と分かり、
心が震える思いです。
今日は、同じ桜のお写真ですね。

>何かいまから、咲かせられるものがあるのだろうかと。
これまで何もしてこなかった私でさえも、思います。
木内さまの後ろ姿を拝見してだけで、満足してる私です(苦笑)。


2017-04-22 22:33:01 | [編集]

672. 蛙声爺 さん
おはようございます。
自分なりに精一杯咲く、その「精一杯」のレベルも自分なりに下げないと心身が痛む歳になりました(^^♪
でも、「老い」ってみな平等に襲ってくるんですよね、だから焦らずに、また落ち込まないように暮らそうと思い始めました。
楽になれました。
自然のものって「偉い」です。さりげなく教えてくれるんです。
いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
2017-04-23 08:27:57 | [編集]

673. 蛙声爺 さん
ご訪問、ありがとうございます。
あなたの一本筋が通ったブログ文に、折に触れて訪問しながらその都度襟を正していた私です。

私は自分の立場を鮮明にしない方法でブログと向き合ってきましたが、最近旗幟鮮明にすべき記事にはそうすべきだと思うようになりました。
あなたの記事の影響かもしれません。

「でも」なのですが、記事を出す頻度を上げたいと、中太い文字で10行以内で纏めようと決めてしまったので、入り組んだ記事は減ると思います(^^♪
せいぜい週1回程度でしょうか。

私は北杜市の兄の勧めでブログを始めました。
彼は78歳になろうとする歳なのに、わたしよりずっとパソコンに詳しいです。今後とも訪れてあげてください。よろしくお願いします。
2017-04-23 08:44:10 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/547-fa34a9e9
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR