蛙声爺の言葉の楽園

. 若いときの目で70歳の自分を見るとユーモラス


 ネットで「認知症の兆しに新指標 本人や家族がチェックすべき33項目」という記事を見つけたので、早速自己診断から始めました。意外や意外、該当して○印をつけた項目は2つで済みました。「いやいや自分の贔屓目(ひいきめ)ということもあるかも」と、炬燵にあたっていたかみさんにもチェックを頼むことに。記事でも家族の目が大事と書いてありますしね。「このとおり2つでいいんじゃない」との結果にニコリ。どうやらいまのところ短期記憶を掌る脳の海馬劣化だけで済んでいるようです。もっともこれが1番ショックなのですけれど。
 該当した「2つ」って何だと興味を持つ人は特別いないとは思いますが、今回の記事の都合上、記します。「自発性や行動性が乏しくなってきた」「モチベーションが低下してきた」がそれです。ブログの更新がどんどん疎らになっていることでもお判りでしょう。
 とにかくこの記事の項目、詳細で素晴らしいと感じました。
 ぜひ「検索」してお試しください。記事によれば「兆しの有無」判定ですから40代後半から必須、ということでした。

 数日前のことです。朝起きたら足腰がふらついて、自分の体でないような状態。筋肉で言えば大臀筋と大腿筋が力なくフニョフニョなのです、しかも激痛。恐怖で脂汗ものでした、「脊椎に何か異常が起こったのか」と。トイレまで歩くにも、人型ロボットのアシモ君そっくりな感じにしないと痛みます。いつものように「散歩して来れば治るかも」と2500歩ほどのコースに出ました。結果は「恐怖」が増しただけでした。それから丸2日沈鬱な時間を過ごしたものです、「これが年を取るということか」と。
 3日目の午後、ふと気が付いてインドメタシン配合のパップを大型のまま2枚尻に張り付けておとなしくしたのです。翌朝だいぶ良くなっていました。「なんだ筋肉痛かよ」と拍子抜け。それなら原因は、負荷を付けたトレーニングのやりすぎだと腑に落ちました。
「年寄りの冷や水」とは良く言ったものです。それにしても「あーあ、あの程度の運動でなあ!」
 急にかみさんの言葉を思い出しました。
 「いったいいくつの時の自分と比較しているの」
 皆さんもできたら、去年とか一昨年とか近年の自分と現在の自分を比較して暮らしてくださいね、「危険」です。
 「尻に膏薬、あと3日は覚悟です!」



  考えなしにシャッター押してしまいました、何がメインだか不明です

      春だね


にほんブログ村
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/534-c4cf5e8c
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
134位
アクセスランキングを見る>>
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR