蛙声爺の言葉の楽園

. これって「詩」なのかな


           これってもしかしたら


  なあ、ずーっと小さくした「欲」でもって過ごさないか

  けっこういい夢3本もみた 夜中のトイレ2回のお陰か
  サッシ戸の向こうの小枝に 白黒はっきりした可愛い小鳥が長いこと止まってた
  きようの薄手のトックリの色柄 じつに春らしい
  アスファルトの割れ目の野草 このあいだよりかなり伸びてる
  くるくる寿司のマグロ いつもより少し厚かった

  アメリカが決勝戦の相手を「8-0」でコテンパンにした
  侍Jは準決で2点しか取られてないんだよな

  ――自分のより「よそ」の活躍が気になる齢。
  これってもしかしたら「幸せなのか」

  夜食でのふりかけ お茶漬けでもけっこういける♪    




    1つ前の記事『日本のロケットをICBMだという国がある?』 を削除しました。興味や評価を得られない「面倒」な長文はひかえることにします。
     
   なんで2度使うの? この写真だけどこかの「誰か」が記事とは別に注目してくれたから。

 超えられない壁があり、しかも長年月を経て苔むしている。自分はそれを横目で見ながら、人生の急坂をハァハァ苦しがって上がっている。気が重くなるのはその苔が時々日差しを得、輝いて見えるからだ。しかも目の前のカーブの先に何があるかは、いつだって見えなかった。
 この写真を撮るときに、自分の来し方行く末をこんなふうに思って魅かれた記憶がある。
***3月29日、この記事の写真が「壊れました。カウンタも1の位が消えてしまいました。以前にもあったのですが何が原因なのかまったく解かりません。とりあえず写真、醜いので削除しました。

     

にほんブログ村
    
comments
664. ぴーこ さん
こころに止まるあれこれ、夢のあれこれ、みな違うのですよね。思い出もそれぞれ、感性の赴くままに、ひらめくままに自分を生きたいと思います。
日々の暮らしにも心を通わせる小さな幸せがありますね。
2017-03-24 21:09:57 | [編集]

665. 蛙声爺 さん
記事にするためではなく、ある1日を感じたままにしたためたのですが、1つ前の記事との対比が私を「苦しめました」。本当は何か訴えるものを載せたいのです。
2時間かけて仕上げたのに一体記事を読む人が何人いるのでしょう。「小難しい内容」については特にですが、何が書いてあるかではなく誰が書いたかで評されるとは承知なのですが、1日置いてみて早々に引っ込めました。変なたとえですが、「記事が可哀想で」(^^♪
あれ、こんなコメントする気じゃなかったのですが。甘えていますね、いい年をして。すみません。
ボチボチ、好き勝手に進みます。
ありがとうございました。おかげさまで少し、心のザワツキが治まりました。
2017-03-25 06:15:45 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/532-fa132e99
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
134位
アクセスランキングを見る>>
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR