蛙声爺の言葉の楽園

. いじわる爺ちゃんの「テレビの番人」?


 うっぷん晴らしではないけれど、日ごろテレビに向かってブツブツ言っていることを少しだけ並べてみたくなりました。

 早朝4時からやっている某テレビ局の番組なんですが、時計代わりに視ていると首を傾げることがいくつかあるんですよ。いえね、この時間帯に幼児は起きていないと思うのですが、どう見ても学齢前の子ども相手と思われる超短編のクイズアニメをやっていました。たぶん穴埋めの再放送なのでしょう。それと真逆になるかもしれませんが、1分間のトレーニング枠があって、どう考えても高齢者が指示通りにためしたら膝などが痛みそうな「レッスン」をどうぞと進めています。「けっして無理はしないで」とか、そういう「注意」も無しにです。この雑な感じ、番組そのものが局の1日単位でみての穴埋め枠なのでしょうか。

 各局の昼間のワイドショーに多いのですが、男女のキャスター(MC)や居並ぶゲストのバックになる「壁」の装飾類とその色彩のゴチャゴチャ感が半端ではありません。画面の中心はこれらの「人」のはずで、「背景」はそれを活かすためにあるべきでしょうに。MCの後ろの花が無駄に豪華で、可哀想に手前の若い女性は霞みがちです。色使いも極端な時はまるで「色盲検査」の図柄のよう。「仕事」をしすぎないという「仕事の妙」、「思いやり空間」という考え方も必要ではないでしょうか。どこそこに限らず何か担当の人が「空白恐怖症」なのかなと思うことがあります。
 これは映画やドラマで最初から最後までBGMを流している音楽担当さんにも言えることです。かえって「邪魔」をしているんですね。みなさんは、こんなこと感じたことはありませんか。

 ワイドショーだけでなく食レポ「専門コーナー」とも言うべきものが頻繁に登場します。「食べる」という行為が、これだけ大量に画面に出る「時代」ってあったでしょうか。世の中のニーズの変化に各局が対応しているだけなのかもしれませんが。文字通り食傷気味です。ろくにコメントも出せず、ただお腹を満たしているだけというゲストもチラホラ。低予算番組の必要性、無尽蔵にある取材対象、簡易な制作など、局側のメリットはいっぱいあるとは思いますが、「ちょっとねえ・・・」
 昔読んだ雑誌のコラムにこんなのがありました。彼は言います、食べることと排泄することはどちらも人間の欲望と生とに直結するがゆえに本能的にも極めてプライベートなもの、だからこそ男女の親密さのスタートが一緒に食事をすることになるわけですと。大口を開けたテレビの食レポ番組は、視る人の微妙な「羞恥心の開放の効果」を減殺させてしまうのではと憂えるのですが。
 「ちょっとこの爺ちゃん古すぎー」っていわれそうでいけどね(^^♪

 ニュース番組についてはこれだけは言いたいですね。いつも感じています。日本国、日本人、日本政府にとって良いこと、嬉しいことは簡単に扱い、さらには報道をスルー。この逆の場合は詳細に、拡大して、反復継続してと至極「ご丁寧」。隣国のことはさして知りたくもないのに毎日毎日扱い続けて、誰かさんではないけれど「いったいどこの国のマスコミだよ」。
 3月17日でしたかね、国産ロケットH2A33の発射が成功したことをネットで知りました。宇宙科学の先端を走るこのニュース、どこかの局でやっていましたかね。すくなくとも爺は見つけられなかったのです。まあ、打ち上げ成功率97パーセント以上を誇る日本の場合、たとえ海外で騒がれようとも、ニュースにするほど大したことではないのでしょうか。それなら、また「地味にすごい」とは思いますが。
 もうこの辺りで止めておきますね(^^♪


  春の証拠は「柳に風」。 実際の世間では「さらりと受け流す」のは難しいけれど
 
      柳


応援は励みになります

にほんブログ村
comments
662. ぴーこ さん
私もテレビに向かって一人でブツブツ言っています。
国会中継にしてもニュース番組にしても何か言いたくなるのです。
ワイドショーなどはもってのほか、ばかばかしくて本気で見る気がしません。コメンテーターもいい加減ですよね。何が真実だか判断できません。面白い人もいますが。
やたらテレビに詳しい友人がいますが、どこから情報を得ているのやら一人で悦に入っています。
2017-03-19 10:04:26 | [編集]

663. 蛙声爺 さん
こんにちは。
ぴーこさんもかなりご立腹ですね。「仲間」がいて安心しました。
国会だってひどいですよ、予算案や法案の審議充実より、言葉狩り、下半身非難、汚れ金の話の方が「充実」していてあきれます。議員諸氏、あれこれ併せて一人当たり年間1億円はかかっているとものの本に書いてありました。何が重要なのかが解かっていないのでしょうか。
マスコミも落ちたものです。ネトウヨが「マスゴミ」と言い換えていますが、笑えませんね哀しくて。
コメントありがとうございました。
2017-03-19 14:45:09 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/530-882ddf59
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR