蛙声爺の言葉の楽園

. ハゲマゲドン-それは或る日突然に


 『冬の或る日、海辺のファミレスの階段を上がっているときに喜劇は始まった。「ちょっとその髪どうしたの」と妻が慌てて、手梳きで私の髪を撫でた。人目をはばからぬ仲の良さ。外目にはそう映ったらしく、見上げるとガラス越しに大勢の人が笑っていた。一時間後に自宅の鏡で「引導」を渡される。後頭部に「巨大な」円形の脱毛があったのだ。しかも二つ。幼い時からの海苔好き、今もワカメサラダ狂、ヒジキの煮物など永遠の晩酌の友という私が、こともあろうにハゲ? 「髪は長いお友だち」、私にとっては裏切らない友だった。それが何故。齢六十四にして激変する日常。日に何度も見る鏡。手放せない櫛。洗髪時の恐怖。職場でも、街を歩いていても、テレビ画面でも、心なしか探している「仲間」、つまりハゲの人。あるは居るは心因性らしい禿髪。今まで感じたことがないこの連帯感、安心感。これは心理学的には何なのか。もう旧知の誰とも会えないと深刻になってみたものの、進歩なのかヤケなのか、いつしかあるがままの自分にハゲ増された私。嗚呼』

 仕事の強いストレスとイライラから実際に起こった「事件」を笑い飛ばそうと創ったエッセイ。この地方では有名な「ハゲ薬局」の店主は「心因性ですね、間違いなく」と冷めた口調で言うと、かなり高価な2種類の塗り薬を出して見せてくれた。「治るんですか、これで」と私。「心因性ですから、貴方しだいですね」と、さすが薬剤師。聞かずもがな、とはこのこと・・・納得。
 結局薬で、ではなく気持ちを入れ替えただけで産毛が生まれ、順調に育って完治。要半年の「治療」だった。 


   「もう春だね」『そうカモ』。のどかすぎて眠くなりそう。

     春カモ
      *小室山公園にて*

ご支援、感謝です

にほんブログ村
 
comments
. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/529-9528816b
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR