蛙声爺の言葉の楽園

. 『3.11』に頭を叩かれた3月11日


 世界保健機構の定義だったと記憶している。「健康」とは精神的、肉体的かつ社会的に健全であること。老いれば、これらの全てが衰え損なわれる。それは生物として仕方がないこと。高き者にも低き者にも、富める者にも貧しき者にも、等しく迫ってくる「死」の前触れでもある。せめてこのことが心の救いか。
 ところが、そんな「生」の平等性も、「若さ」の特権も無関係に突然かつ無慈悲に襲ってくる死がある。
 すぐる3月11日土曜日、私は何か強い力にでも引かれるように『東日本大地震』の記録画像の中に入った。「YouTube 東日本大震災」を検索し、なんと3時間も見続けたのだ。報道カメラ、固定カメラ、個人の撮影機器、それらでとらえられた被災の映像は凄まじかった。

 2011年3月11日14時46分、最大でマグニチュード9という3つの巨大地震が東日本近海で発生した。恐怖の360秒とその後に襲来した大津波。15000超の死者、2500超の行方不明者。海水にもてあそばれる車、陸にあげられる船、浮かんでは砕かれる家屋、逃げ惑う人と車。高台で『はやく! 逃げろ‼ 』と必死に叫ぶ人たち。重油による大火災 、液状化、そして原発事故。『だめだあーこりゃ、壊滅だよ』『ああ、あの人だめだぁ…』東北訛りが胸に迫りくる。
 気が付いたら、何年ぶりだろう、涙が流れ出ていた。悲しさとはあえて言わない。大自然の前では為す術が無い人間。育てた知恵も築き上げた科学技術も粉砕する圧倒的な、力。「命ってこんなにかんたんに奪われるのか」 は目の前の真実。

 さらに被災後の日本人の姿と言葉。海外の報道はこぞって讃えた、地獄絵に近い被災現場の中でも自分を抑え、ルールに順い、他者をかばい労わる国民性、民度の高さを。
 合計3000億を超えたという国内外の支援金。地震と津波を「敵」とみなして編成され大活躍をしてくれた米国の「オペレーションともだち」と各国の救援隊の動き。SNSでの内外からの激励。そして復興への道・・・。
 再び私の目を潤ませたのは被災した婦人の、この言葉だった。
 『わたしたちは、他人の幸せをねたむほど落ちぶれてはいません』
 そしてこの老人の言葉。奥が深すぎる。
 『日本人で良かった、ほんとに良かった・・・』

 私が視た大震災関係の記事の中で最も再生回数の多かったものは6129万回だ。世界がどれだけ関心を持ったかが分かる。
 集中豪雨、洪水、台風、豪雪、地震、津波・・・。
 日本を取り巻く大自然は災害発生装置をもっている。そう、日本人と日本という国を試し鍛えるために。
 迷惑な話だが、そんな気がしてくる。

 いまさらながら突然襲われ来る命の終わりを想った。大自然だけではない、自分の肉体の中にも「発生装置」は常設されているのだ。いつ動くかは知る由もない。
 と、すれば「備えよう。やり残したことをやる、これを生活の中心に据えよう」
 あらためてそう思った。「3.11」に頭を叩かれたような気がする。
 終わりの備えが最優先とは皮肉なことだが、老境とはまさにそういうことかもしれない。



 老木に明日はあるのか。そんな木がする、何をする?

       老木
         *この写真すらぼけている。小室山にて*


にほんブログ村

       
comments
658. ぴーこ さん
自然災害や思わぬ事故で亡くなられる方はどんなに無念でしょう。
それを思ったら我が儘を言わず日々を大事に生きなければと思います。
でもつい流されてしまって無駄に? 過ごしてしまうこともあります。反省です。
2017-03-14 18:13:51 | [編集]

659. takako さん
こんばんは、その後体調は如何ですか?
3.11大きなものを奪われた人たちのことを思うと胸が痛みます。そして何が大切なのか考えさせられました。自分ではどうすることも出来ない現実。
1日1日を大切にしていきたいと思います。
お身体ご自愛下さいね。
2017-03-14 18:53:03 | [編集]

660. 蛙声爺 さん
ほんとにそう思います。
若いころも危険な目にたくさん遭いましたし、自分の過失も手伝っての怪我も半端ではありませんでした。70年とか80年とか「いのち」を戴けているって、考えてみるとすごいことなんですね。
これからを大事にしたいと思います。
2017-03-14 20:12:08 | [編集]

661. 蛙声爺 さん
こんばんは。
大丈夫です、不調と言ってもいまのところ「おおごと」ではありませんので。定期的に何にもしたくない脱力感に襲われるだけなんです、きっと。それが体の不調から来ていると自己診断しているだけです。たぶん誤診ではないと、思っていますが。
takakoさんも無理せずにお過ごしください。
2017-03-14 20:20:30 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/528-cb2c1ccb
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
3155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
創作日記
134位
アクセスランキングを見る>>
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR