蛙声爺の言葉の楽園

. お盆。この一日

 お盆の間のヘルプ要請を受けてのバイトがあり、今日は「中間点」のような日。「毎日が日曜日」になれ始めた身だと、少しだけ新鮮に感じられる「休み」だ。いつもどおり散歩に出ると、白、濃墨色、オレンジ色の3色に別れて浮かんでいる不思議な空の雲。上ばかり見て歩いていたら、出合った散歩中の老人に、すれ違いざま小さく笑われてしまった。

 戻って珈琲を一杯淹れる。起き抜けに訪問したブログを再度出して、女性シャンソン歌手のきれいな歌声を聴いた。
 「朝…って、感じ」を満喫する。
 そのあと、なぜか東日本大震災復興応援ソング『花は咲く』のCDを探し出して、歌詞を味わう。曲も素敵だが、詩が気に入っている。暗い言葉や後ろ向きな詞が一切無いのだ。

今朝訪問したブログで墓参りの話をしていた。我が家系には代々の墓というものが無い。亡父も亡母も別の寺で眠っている。以前は同じ宗派だったのだが、袂(たもと)を分かって久しい。ただ、爺は考える。想い出して故人に心を預けている時間が「墓参り」なのではないかと。

 サッシ戸の外を見ると、崖に垂れ下って群れている葛の葉が、秋めいてきた風に揺れている。以前記事にした崖下の竹は、予想どおり植木職人の手で伐り倒されて、いまは居ない。駐車場をメインにした庭といえども、「庭」である以上植木は調和を保ってそこに在る。新しい竹はそのバランスを崩してしまったのだ。職人の目にはそう映る。だから取り除く。そこには全体のために個への感情に目を瞑る一つの決断があったと思う。一生懸命に育ち、独り立っていた若竹の姿を見て何も感じなかったはずがないのだ。

 午前9時、医者に行くにはまだ早かったので、「墓参り」からの連想で自作の短編『雪積む樒(しきみ)』を読みだした。母の書いた自伝を編んだときの「編集後記」をきっかけに、母親と三男の心の歴史を辿る私小説である。お盆に読み返すのは、思い付きにせよ時機を得ていた。不思議だった。読み進むうちに目が潤んできたのだ。「まさかな」と、内心うろたえた。椅子を蹴るようにして姿見(すがたみ)の前に身を移した。確かに、潤んで、光っていた。…お盆だからか。

 午後、野暮用で車を走らせて、朝の散歩道を通ったときだ。先日ブログで写真を載せた件(くだん)の「芙蓉」の花のそばでブレーキをかけた。いつもは白っぽい花が全て、薄紅色に染まっていた。艶やかで、凛としている。
 「酔芙蓉(すいふよう)だったのか」
 …お盆だからか?
 
 もう少しで山の端に日が沈む。結局一日中晴れていた。直射日光は厳しいが、盆の風がそれを和らげていた。いい一日だった。

 明日8月15日は「終戦記念日」、テレビもこれに因んだドラマやアニメの番宣に忙しい。映画館では『日本の一番長い日』を上映している。もちろんその日は1945年8月15日を指している。
 昔「終戦」ではなく「敗戦」記念日にすべきという議論があった。爺の解釈では、「もう2度と戦はしない、戦そのものを終わらせるのだ」と解するならば「敗戦記念日」では想いが小さすぎる、となる。「記念日」という言葉もその解釈を補強してくれる。
 「終戦記念日」でいいのだ。そうであるべきだと、強く思う。

 ああ、落日。あわてて空を翔ける「はぐれ雲」ひとつ。

 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村


comments
こんにちは、お疲れ取れて良かったです。
仕事も夏休みは、お忙しいのですね。良かった~
私もここの所、戦争に纏わるドラマ、映画に釘付けになっています。
現実はあんなに美しいものではないでしょうが・・・
今日は、父母に会いに行ってきます。
因みに16日は妹の誕生日です。盆子ですね。
2015-08-16 09:34:29 | [編集]

227. 蛙声爺 さん
 こんにちは。やっと「秋立ちぬ」ですね。
 今年のお盆は、外交も内政も、マスコミもドラマも「戦時色」たっぷりですね。ためにする教育論で正確な現代史を学校で教えず、政治もきちんと国民に説明しない。一億総懺悔で「戦争」の口伝も行われない。いまこそ、良いも悪いもひっくるめて、児童生徒を含む国民の前にさきの「戦争」の真実を広げて見せるべきでしょう。
 そんな風に想います。昨今の映画やドラマの中の戦争は美化されすぎていると思います。戦後20年ぐらいの間に創られた戦争映画の名作をぜひ観てください。
 血も汗も汚れもついていない衣服ばかり出てくる戦争映画は皮相的だと思って、まず間違いありません。
2015-08-16 16:41:32 | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-08-18 22:17:36 | [編集]

229. ご連絡 蛙声爺 さん
 ありがとうございました。
 いつも感謝をしています。
 メールアドレスを入れておきました。

 さっそく動いてみます。
2015-08-19 08:43:44 | [編集]

. コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード (入力すると、コメントを編集できます)
  • 管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL:http://aseijiiji.blog.fc2.com/tb.php/250-12fce24d
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR