FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 日本語の「レアアース」は俳句に埋まっているみたい


 秋は果物、読書、もの思い、恋、もしかして少しでも齧(かじ)った人なら俳句?
 今朝そんな感じで知り合いの俳人のブログを訪れました。
 『白と黄の塩辛とんぼ臀呫飛ぶ』 (一韶)
 そこで最初に目に入ったのが「臀呫」という漢字でした。もちろんそのままでは爺も何と読むのか分かりませんでしたが、句の下に解説文があり、「となめ」とあって救われた次第です。トンボのオスとメスが交尾して輪を作り飛んでいる様子をいうのだとか。たしかに子どもの頃山野で何度も目にした光景です。「臀」がお尻なので何となく納得です。この「呫」は「なめる」では出てこない漢字で「ちょう」だと環境依存であらわれます。ちなみに漢和辞典にはちゃんと載っていました。
 それはさておき、この一句だけでかなりの時間、「あそべ」ました(^^♪

 で、あらためて思ったのです。俳句の世界には、美しい日本語、不思議な漢字、そしてクイズ並みの読み方など、言ってみれば「レアアース」的な言葉が埋まっていると。俳諧は基本的に特定の結社の中で育まれ、その中で競い合い、それぞれが味わう形になっているような気がします。そう理解すると、どんな当て字にも難読漢字にもフリガナが付かない不思議さにも納得がいきます。
 じつは爺も冒頭の彼の結社の会合に参加したことがあります。当時は4巻にも及ぶ「歳時記」まで買ったものです。しかしその奥深さに感動しておののき、短時日で小説だけのいまの世界に戻りました。
 俳句は、『言葉のデザイン』(彼)、そして「17文字の奇跡」(爺)です。

 ただ、鑑賞の仕方は人それぞれでいいと思います。楽しみ方といってもいいですよね。爺はどうしても文字自体に興味が湧いてしまいます。句評はとてものこと無理だからです。
 次の一句でも遊ばせてもらいました。ただしこれは秋の花ではありません。
 『梔子の白を盗みし女かな』 (一韶)
 どんな女なのでしょう。解説によれば、作者が近くに居たのに、バイクで走ってきて断りもなしに手折って去ったという女です。
 わたしは「解説」を無視して「女」を想像したいと思いました。実際が何か寂しい、トゲトゲしい行為だからです。爺が好きな言葉があります。『花泥棒が許されるのは若くてきれいな女性だけである』、もちろん許すのは花の主です。裁判所的に面倒な言い方をしてみれば、「窃盗罪の構成要件に該当はするが、可罰的違法性がない」となりましょうか。
 できれば想像どおりの女性で、若くして病死した妹さんが大好きだった花だった、とかね。妄想です。
 そうそう、ついでに見つけた言葉がきれいだったのでご紹介します。花つながりです。美人のまぶたを「花瞼」(かけん)というそうな。それこそ目から鱗(うろこ)でした。
 じつは爺、この「梔子」の読み「くちなし」を思い出すのに「なんだっけ?」と20秒以上かかってしまいました。脳に記銘する力だけではなく、思い出す力も弱っているのでした。かなりショックでした。

 俳句に出てくる当て字のような漢字でも、たびたび出てくるとお馴染みさんになります。「蜩」(ひぐらし)、「百舌」(もず)、「土竜」(もぐら)、「土筆」(つくし)などです。そう考えると結社の中では、季語で毎年出てくるこれらの漢字について仮名を振る必要がないというのもうなずけます。「辛夷」(こぶし)、「柳葉魚」(ししゃも)なんかも、結社の人には軽いのではないでしょうか。
 秋ですから、俳句を自分で創ったり、人様の作品に触れたりしてみませんか。






     『草刈りがつくりし島に彼岸花』 (蛙声) 昔…句会に初めて行った日に披露したもの。
     
       ヒガンバナ

     写真はちょうど1年前に撮ったもの。いまこの場所は駐車場になっています。
     ことしはいいのが撮れませんでした。  


 

. ちょっと反発、ネットのニュースに


 「ニュース」とは「NEWS」で「北東西南」で全方位の報道のこと、「news」で新しいことの数々のこと。本日のネットで見た情報に、爺がつぶやき風に反発します。ご容赦。


 ◇ 安室奈美恵の「1年後の2018年9月16日をもって引退します」の声明に、某評論家が「閉店セール」と酷評。 →爺『売れてるときに言えば閉店セールじゃなくて増改築のためだろう。せめて人生のリニューアルか、ぐらい言いなよ、失礼だろ』

 ◇「やっぱええ歳してアニメ観てるような人間は障碍者だよ」とツイートした某アニメ作家がいる。 →爺『あなたの創ってるアニメのレベルだとそう思えるのですね。はい、そうなら納得できそう』

 ◇オタワ国際アニメ映画祭長編部門で湯浅政明監督の「夜は短し歩けよ乙女」がグランプリ受賞。これは日本初の受賞。 →爺『映画祭の歴史が浅いのかな。むしろ日本初受賞ということの方が驚きではないか』

 ◇日馬富士11勝4敗、優勝決定戦で逆転優勝。 →爺『横綱三人休場大関も一人になって、当たり前の結果に拍手喝采』

  
  

    【頭のリハビリ】9月15日-24日/進捗400字×79枚 累積枚数448枚


      中秋

   4キロ歩いて写真の「収穫」なし。秋らめのススキです。トンボが顔の周りを飛び交って。
   日曜のせいか老若男女、たくさんの散策者に出会いました。常連にも。

. 衆院解散、なぜ是非を騒ぐのかな?


 『首相が28日召集の臨時国会の早い段階で衆院解散の方針を固めた』(9月18日産経)
 ご存知の通り、これを知った野党は一斉に反発をしました。
 爺はボケたせいか、「え? どうして野党は喜ばないの」と困惑したものです。
 私はノンポリで支持政党なしに近い人間ですが、解散を疑問視したり、解散を決定した総理を貶めたりする意見に、以下質問をしてみたいのです。

 ①『自己保身のための解散』という議員の方に、自己保身を図らない議員がいたら、政党があったら教えてください。

 ②『大義がない』という議員の方に、国民に政権政党と内閣が信を問うこと以上の大義とは何ですか。理由はこれで完璧、政府・与党はにわかに大義探しをする必要は無いのです。だいいち前の国会で通常審議をある意味捨ててまで総理と内閣に疑惑と不信任を突き付けていた野党が、やっと攻撃していた相手が自ら国民に信を問う解散をすると宣言したのに、その是非をうんぬんするのは矛盾でしょう。「やっと勝利した」と胸を張って言えない理由を教えてください。

 ③『政治的空白を作っていいのか』という議員の方へ。解散は憲法が規定し、こういうときの手当てをしています。立法が空白になることがあっても、行政は、総選挙後に新しい内閣総理大臣が任命されるまで現在の「内閣」のまま職務を行うのです(憲法71)。

 ④『もり・かけ隠しが理由』という議員の方へ。臨時国会でまたあの滑稽な「もり・かけ」疑惑うんぬんをやるのですか。前国会で何日無駄にしたのでしょう。いっそ東京地検へいらしたらと言いたくなります。当時拝見した「ほかにやることがないのですか」というご意見に同感です。

 というわけで、政府・与党・野党のみなさま、総選挙、頑張ってください。
 ほんとうの「民意」ってどちらの勢力にも厳しいですよ。




     川底

       『滄浪の水清(す)まば以って我が纓(えい)を濯(あら)うべし』
 

. 赤とんぼ、あれはもしかしたら



 13日水曜日、公園で池の石を見ていたら
 赤とんぼがしずかに止まった
 めったに撮れる被写体ではないので、早速カメラを構えたのだが
 望遠のピントを調節しているうちに飛び去った
 落胆していると、なんと戻ってきて、さっきいたところで羽を休めた
 撮ってもいいよとばかりに、ゆっくりとしている
 シャッターを押した途端に、また、どこかへ飛んで行った

 15日深夜、仲間のメールで、旧友が13日に逝ったことを知らされた
 享年69歳だった



     赤とんぼ





     故人に昔寄贈してもらった著作2冊

      いまはもう「形見」になった、彼の著作
      いつでも、誰に対しても、穏やかに優しく接する男だった
     

. この1週間、爺には修行だったかも


 パソコンを新しくしてからが「修行」だった。
 海馬を傷め短期記憶もままならぬ中、業者の基礎的な設定の後の作業を独りでコツコツと続けたからだ。以前なら苦にもならなかっただろう細々とした設定が遅々として進まない。何度もエラー・アンド・トライアルをしてようやくたどり着く始末。すでに「死に体」になっている旧パソコン内の諸々のデータを移したくても、「彼」はもう、たまにしか言うことをきかない。それでも根気よくワード文書とエクセル文書を合わせて100近くは保存できた。あとは諦めるしか手がない。
 7年の寿命で「ノートパソコンは死んだ」。爺にしてみれば「急死」でしかなかったが。

 テレビも視聴できるタイプということで、かみさんにチャンネル権を奪われている以前からのテレビに加え、パソコンにも地デジ波を受信できるようにした。ちなみに、ここでもまた、設定作業が要る。
 なるほど「Windows10」には利点も数多い。メールアドレスも従来のものと併せて二つになった。つまり今までどおりのアドレスでもメールは新パソコンに入ってくる。遅いとイラついていたネットへの繋がりも速くなった。何のことはない、電波の受信状況というよりは、恥かしながらパソコンの老朽化による現象だったのだ。

 プリンタにつながったはいいけれど、途端にブラックとライトシアンが減りすぎとの警告が出た。いくら車で行けばすぐだとは言っても、次々に出る「要求」に従い電機店に買いに走っていたら、精神的に妙に疲れた。これも高齢の故か。

 悪いことは続くもので、この5日間ほど風邪を引いていた。所かまわず漫画みたいなクシャミに襲われ、何の断りもなしに水っ洟が垂れ下がってきた。透き通っていて、ちょうど花粉症のそれに似ている。専用の屑籠はティッシュペーパーですぐに満杯になった。外食になど出ようものなら、注文したものが出てくる前に洟が出てくる。ズーでもチンでも洟をかむ音が無様なことに変わりはない。さぞかし周囲の顰蹙をかったことだろう。思い出すだけでもみじめだ。

 昨日、ようやく小室山公園に散歩に出かけた。6日ほど散歩も筋トレも不可だったのだ。
 池に臨む東屋でかみさんと亀を見ていた。動きがユーモラスで和んだ。
 そう、昨日で粗方の始末がついたのだ。昨晩はぐっすりと眠れた。
 今日の午後、筋トレも再開した。

 そういえば、何もなかったはずの地面から、ヒガンバナが群れて、真っすぐな茎を伸ばしていた。今日初めて気が付いたのだが、芽を出したのはいつだったのだろう。何にしても偉い花だ、自分の出番を知っている。
 とにかく爺の、嵐のような日々は終わった。

 

  それでも【頭のリハビリ】長編小説執筆は、400字×369枚まで進んだ。けっして予定通りではなかったが。


     鯉と亀

         「おい、ずるいじゃん、見せて」 鯉に恋する亀ふたり


. フリンフリンと鳴くメディア(もう秋飽き)


 タレント、女優、市会議員に国会議員、そういう人が誰と抱き合おうが一緒に寝ようが、それがそれほど大事な報道なのか。特に、定時のニュースで国際問題や国内の重大な案件を差し置いて、トップを飾るほどの。視聴率欲しさに深々と気持ちよくえぐりたいなら、昼間のニュースショーあたりでジックリやったらいいのだ。おかげで毎日イライラ、必要な情報はほとんどインターネットと雑誌で得る始末。
 第一「ふりん」「フリン」「不倫」と騒ぐけれど、各方面の「倫理」自体の存在が希薄になっているのに、そっちはどうなの? たしか報道にも倫理ってあったよね。「言葉狩り」に「下半身重視」に「偏向」、テレビは一体どこへ向かってるの。どこを回しても番組のMCは「おわらいタレント」の花盛りだし。このままだと、SNS三昧の若者だけではなく、良識ある中高年もテレビから離れてしまうと思うけど、杞憂かな。それでいいと、言うのかな。
 きっと、もう「報道局」って部署が無いんだね。


 故大宅壮一氏曰く、テレビは『一億総白痴化』を招くと。 え? この中に差別用語があるから引用もダメですか。そういうところだけうるさいんですね、この頃。そのくせ英語の「ブラインドタッチ」は差別じゃないんだから面白いルール。
 「あ。朝っぱらから「ぼやき節」全開で、失礼しました」(蛙声爺)
 
 お詫びに松川にいる美しいスタイルの鳥、載せておきますね(再登場かな)。
 



       アオサギ

          優雅だねぇ、君は。「どこ見てるの」

. 月光と日の出を物語りして




       月光になぞらえて


         払暁の闇、せめて月光になぞらえて
        磨かれた岩の光沢が、わずかに木々を映して
         爺の戯れを喜んでくれた
 
        
       
    







       日出ずる
    

          日が昇るとき、かすかに音が聞こえる
         沈むしか道の無い、吾のおののきの
          それでも沸き立つ血潮の流れ
       
   



        

. パソコン「破壊」しました→購入・設定で青息


 数日間、ご無沙汰をしました。 
 このところずっと調子が悪く弱り切っていたノートパソコンが数日前、ついに完全に故障しました。ネットもワードもエクセルも、さらにはメール機能も。丸半日、素人なりに回復を図りましたがどうにもならず、プロを呼んだのですが、「ダメ」を確認しただけで終わり、翌日大手電器店に買いに走りました。
 OSは、あれほど嫌がったWindows10、箱から出して、これまた半日頑張ったのですが、設定で一部手こずりやはりプロに来てもらいました。今日の12時に設定は終わり、ようやく具体的なデータ移動にはいったところです。
 訪問してくださった方にお詫びをいたします。
 メールをくださった方にも失礼をしました。
まだ、作業は続いています。         蛙声爺


. 「辛い」に「ふた」をしたら「幸せ」に


 「辛」(つらい)に「鍋蓋(なべぶた)」をのせると「幸(しあわせ)」になります。
 「なべぶた」というのは「亠」のこと。本来の「卦算冠」(けいさんかんむり)の俗称ですが、この部首の仲間に「幸」は居ません。
 つまり漢字をいじくっていたら偶然見つけたんです。
 じつは「辛い」を見ていたら「ん?」と思いました。「何か上に乗せると幸せになるよな」と。
 さがしたら「鍋の蓋」だったのです。
 で、自分にとって、辛さを幸せに変換できる鍋蓋って何だろうと考えだしました。
 人によって違いますよね。こども、恋人、家族あるいはお金、仕事…
 そういうのではなく内面の何かにそれを、と首を傾げます。
 結局「前向きな気持ち」にしておきました。辛くても、これがあればどんな場面でも幸せ感をもてそうですから。
 あなたの「鍋蓋」をさがしてみませんか。





           img0711.jpg

         だいぶ前にアップしましたが、爺が描いた淡彩の挿絵です。
           同人の童話のために、でした。
           下部の文字が抜けていますので少し上に飛び過ぎていますが


. 『関ケ原』期待をしていたればこそ


 「うーん」と何とも複雑な思いで映画館を出た。億2桁は確実に費やしたであろう時代劇超大作『関ケ原』(原田眞人監督)は、期待が大きかっただけに不完全燃焼のままに、帰路の重荷になった。常なら「シゲルと愛子」のコンビで感想文を書く爺だが、今回は自分の文体で書きたい。そう思わせる立派な作品ではあったのだ。

 以下、叩きつけるように述べるがご容赦有りたい。浅学菲才の身、論点に誤りがあるかもしれないが、それは勢いというものでご寛恕願うとしよう。勝手に膨らませた期待がスクリーンにぶつかって破裂しただけのことなのだから。

 確かに原田監督の高揚感は伝わって来た。だが深みを感じられなかったのだ。司馬遼太郎の上・中・下3巻ものの小説『関ケ原』は2回読んだ。この作品の原作である。だからかもしれない。
 2時間半の上映時間を通して、どの戦国武将の苦悩も伝わってこなかった。ただ戦闘・関ケ原に向かっていく動機らしきものを羅列しただけで終わったように感じた。原因はシナリオにあると踏んだ。全くの私見だが、監督が同時に脚本を書くときは共同脚本にするべきだと想う。創作の情熱が上滑りし、巨匠監督といえども客観性を担保出来ないからだ。それを知って実行している監督を二人挙げよう。黒澤明(井出雅人や小國英雄など多数の脚本家と共同するのを常とした)と山田洋次(最近多いのが脚本家平松恵美子との共同である)がそれだ。黒澤映画に心酔していたのなら、なぜ倣わなかったのだろう。不思議でならない。

 例えば女の忍び初芽(有村架純)の創出が男のドラマを甘くしてしまった。しかも不思議に数回も危機を生き延びる。安直ともいえる恋愛要素が時間を奪い、どれほど多くの武将の内面描写を削らせただろう。ラスト近く石田三成(岡田准一)が刑場の連れられて行くシーンで初芽とアイコンタクトをとるが、失笑を禁じえなかった。「観客」への悪しき迎合とさえ思える。
 小説『関ケ原』の魅力は各武将の心の動きの活写だった。戦闘行為そのものの描写は従たるものでしかなかった。観客にこびた要らぬ女忍者に費やした時間は、各武将のそれにこそ使われるべきだったと愚考する。もっとも従たる戦闘行為そのものは見事なほどに迫力があった。しかしキツイみかたをすれば、ナレーションでもタイトルでもいいので、今映っている戦闘行為が東西両軍の勝敗にどう影響を与えたかを説いてほしかったと思う。ただのアクション映画か文芸の香り豊かな作品かの分水嶺は、まさに、そこにあったと思えてならない。

 さらに言わせてもらえれば、戦闘アクションで言うなら『レッド・クリフ』(ジョン・ウー監督)には及ばない。武士の心情のえぐり方で言えば『ラスト・サムライ』(エドワード・ズウィック監督)に軍配があがる。そしてもう一つ、追う者追われる者の頭脳戦で言えば『天国と地獄』(黒澤明監督)に敵わないと言えよう。
 面罵しているように感じたかもしれないが、ただただ悔しいからに過ぎない。久しぶりにワクワクしながら小田原まで車を走らせたのだ。原田監督には純粋に「司馬遼太郎」を追ってほしかった。もう一度言いたい。「初芽」は要らないドラマなのだと。
 矛盾するようだが、それでも星は五つである。 



. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR