FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. お盆の松川の流れに想う


 『明治は遠くなりにけり』とは、昭和世代がまさに元号「昭和」のころ、幕末の慶応は含めず、明治、大正、昭和を3つ並べて、次第に「昔」が消えていくことを、良い意味でも悪い意味でも「嘆息」するときに使った言葉です。来年の春、今上天皇の生前退位に伴って元号が変われば、その時は上記の「明治」と同じ立場に「昭和」が立たされることになります。
 団塊の世代を『いわれなき非難』を受ける代表格に今の高齢者はほとんどが昭和生まれ、『昭和は遠くなりにけり』、それが現実のものになっているようです。

 『欲しがりません勝つまでは』『一億火の玉』から『焼け跡闇市派』『一億総懺悔(ざんげ)』。『日本国憲法』『再軍備』『安保闘争』『東京オリンピック』『一億総白痴化』『学生紛争』『新幹線』『大阪万博』「もう戦後ではない』『公害列島』『企業戦士』「日本列島改造』『高度成長』 『日本・アズ・ナンバーワン』「バブル』そしてその崩壊から失われた20年へ。ふと気が付けば平成。『I・T社会』『少子高齢化』『福祉大国』『災害列島』『老人破産』『無縁社会』『孤独死』エトセトラ。激動の「昭和」といわれ、飛び交い続けた世相を表す言葉や標語。その中で馬車馬よろしくひたすら走り、また翻弄され続けた人々。
 世の中はまさに『行く川の流れは絶えずして元の水に非ず』でした。それでも、いまさら『老害』、『邪魔になった』といわれても昭和世代は困惑しきりでしょう。

 ではこの「素晴らしき現代社会」には『食糧難』も『飢餓』もなく、『倒産』、『失業』も『就職難』も『貧乏』や『自己破産』も、『離散』、『自害』もないのでしょうか。どうやら実際は違うようです。
 いくらお盆でも、支離滅裂な回顧はやめにして、ぼんやり橋の上から流れる水を眺めていました。川面に光る陽の子供たちの元気なこと、青空を映している水もいれば、水底の岩の色を取り込んでいる水もいて面白いものです。

 学齢に達する前、潮干狩りに連れていかれ、アサリ掘りに夢中になって上げ潮に気づかず溺れそうになったこと。
 道端のたんぽぽを母と摘みに行きお浸しとしておいしく食べたこと。
 ひ弱な『もやしっ子』で小学5年まで体育の時間が自習だったこと。
 父親が倒れて県立高校を退学し、牛乳配達をしながら文部省の大検を通ったこと。
 引き続きお金が無くて、アルバイトをしながら4年間通教部で法律を学び卒業したこと。
 世の中に大卒として扱ってもらえず、パートタイム労働を続けて司法試験を受け、論文式にまで辿り着いたこと。
 そして30歳を過ぎた1文無しが、そこで哀しくも力尽きたこと。
 71歳になる爺が、思い出す「昭和」を漢字一文字で表すならば、迷いなく「貧」を選ぶことになります。
 あ。そういえば『苦学生』って言葉もいまは死語ですね、きっと。

 それでも、波瀾万丈、たぶん息を引き取るときは「でも、面白かったよ」と言えるような気がします。
 ここは本気で、そう思います。
 来年はきっと『昭和は遠くなりにけり』が流行語大賞になる、そんな気がします。
 




     何想う、松川の流れに

      盆の終わりに橋の上から松川の流れを見詰めていたら




  70枚短編の人物関係図できる。あと、小説舞台となる現場を訪ねなくては。景色、日差し、風、耳に入る音・・・

 8月17日-19日 脱稿した長編小説の「2回目」の校閲をする。
 今次校閲後の確定枚数。400字×573枚
 「あれほど執筆中に推敲を重ねたのに」全編を短期間に通読して初めて文章のリズムが統一的になるとは。
 応募する前にあと何回、目を皿にして校閲することになるやら。
    
  
 

. 心身ともに盆休みで、それが何かの日々


 きのう朝一で内科に行ったら、待合室の患者の数が皆無に近いので驚きました。何のことはないお盆だから。前回採血したヘモグロビンの数値は6.8、特に頑張って食事療法をしていないのでマア良いのではないかと自己評価しました。医者も薬剤師も気持ちよくうなずいてくれています。8年も高血糖症と付き合っているとプラス・マイナス0. 4ぐらいは数値を苦も無くコントロールできるようになりました。この場合プラス方向へは良くないのですが(^^♪
 このところ、頭がぼーっとしたときは、低血糖になったときのための予防として処方されているぶどう糖100%を5グラムほど服用します。小説を4時間ぐらい書き続けていると頭が動かなくなるので、飲むとスッキリとします。TPOさえ押さえておけば、この方法はかなり有効だと思います。

 そうそう今朝の散歩はなかなか変化に富んでいました。松川遊歩道の叢に1輪の百合の花が立っていました。痩身で花も半開き、きっと1年目の百合なのでしょう。しばらく見下ろしていましたが、デジカメを持っていたのに撮らなかった私。なぜなのかは分かりませんが、ただ見ただけにしておきました。
 街中の路に回って戻るとき、前方薄墨色の雲のところに大きな虹がかかっていました。数分間虹に向かって歩いたのですが、あることに驚きます。虹の七色の輪が切れていたところが青空との境だったことです。まるで青空がかかっていた虹を消し去ったかのように。
 あと500メートルほどで散歩が終わるという頃、陽がさしているのに俄かな雨、多少あわてました。子どものころに聞いた「狐の嫁入り」です。たしかに嫁入りするときの想いは人でも狐でも不安定なのかも。名付けた人を讃えましょう。

 ゆっくりしました、このお盆。文芸は放っておいて、パソコンで、テレビで、書籍で、スポーツものばかりを鑑賞していました。大谷翔平、伊達公子、甲子園…恒常的寝不足が起こしていた絶不調も和らいだ気がします。
 また明日から70枚ほどの短編に挑みます。これは長編ものと違って、明るい物語になる予定です。屋外に取材に出かけるので、きっと健康にもいいはずです。それではまた。
 
 

     琉球朝顔

     川底の浚渫で仲間の半分は消えました、私、遠い島から来た朝顔です


. もうそろそろブログの引き上げ時なのかも


 かねてから私は「自分の身の回りに起きることはみんな意味がある」と思っていました。昨秋から連鎖しているパソコン系のトラブルは「もうアナログへ帰れよ」ということなのかもしれません。目の悪化を防ぐためにも、パソコンの利用は最低限にすべきだと分ってもいます。すでに眼医者行き、のレベルに達しているのですから。
 2013年7月11日に始めたブログ『蛙声爺の言葉の楽園』は先日、記事700回を超えました。もう5年近くの歳月が流れていたのでした。今朝、初回の記事を見ていたらこんなことが書いてあり、思わず苦笑いをしてしまいました。

 つまらぬものの言う言葉をも意味する『蛙声がなぜブログなのか。とかくこの世は住み難い。爺が口をきく場がないのだ。職場でものを言えば唇が寒い。うちへ帰れば発言権が無い。では公園にでも行ってと、可愛い幼子に話しかければ誘拐犯と間違えられる。スーパーでまともな苦情を言えばクレーマー扱い。やむを得ず壁に向かって何やら話しだせば、百パーセントぼけ老人だ。文芸好きだからといって、読み聞かせの場がそうあるわけもない。 というわけで、お世話になるのがこのブログ』

 終わりに近いのだから、せめて1か月でも毎日更新をやってみようと思ったのですが、それすらいろいろありで、穴を開けてしまいました。なかなかどうして、トラブルは機器にも人間にも付き物のようでして。そうそう今日の業者修理で解かったこと。それはウイルス感染でした。良く分かりませんが、故意にやられたらしいとのこと。怖いですね。もう海外の反応など、絶対にアクセスしません。ネットを開くと出てくるマスコミ系の注目記事一覧も、子細に検討すればほとんど読まなくてもいいものばかり。サーフィンをして目を傷めるのも考えものと、思うようになりました。 

 今度はパソコンに異状が出たとしても修理しません。そのままデジタル・リタイアをするつもりです。読むのは本・雑誌の活字のみ。通信は手書き。急用は電話でお願いするつもりです。「昭和への回帰」、もしかしたら老いてきた私には一番の道かもしれません。だいいち、お金ばっかりかかるのですよ、デジタルは。 



    苔むす

         堅いだけではいま一つ。苔むして初めて価値が出ることも
  

. 何となく体調悪いです


      ほんとに「夜明け」なのかな

     夜明け



      真実は見ないほうがいいのかも

      まだ「夜明け」とは言えない



      むしろ暮れているような

     夜明け3


      それって「老人」の終わらない日々のこと?


     『自己を俎上にのせるほど壮絶なことはない』 (丹羽文雄)



    

. すませました特定健診、健康は貯金と同じ


 6月1日から受診可能になった2018年度の特定健康診査に行ってきました。といっても、検査項目のほとんどが採尿、採血した検体の専門的な分析結果にかかるものなので、そのほかの血圧やメタボ判定のための測定が済めば早々と終わっています。私の場合、毎月の投薬を受けるための診察が別途加わりますので、それなりの所要時間になりましたが。
 特定健診の結果は1週間経過後に病院で確かめることが出来ます。

 実は私、数年前まではほとんど受けませんでした。受診しなければ市の負担をそれだけ減らせると考えていたのです。食後高血糖で通院していたことも理由の一つです。ところが市の実施率が一定の率を超えないと国からの助成金が減り、国保や市民に不利益が生じると判ったのです。「常習的に受診しない者」を啓蒙すべく訪問指導をしていた人に諭されて分かりました。因みに市国保の目標受診率は52%だそうです。「協力」出来て幸いでした。

 地方公共団体によって区々なのでしょうが、私の住む市では、男性である私に向けられた受診の奨めは、「検診」と名の付く主だったものでも以下のようになります。「胃がん」「肺がん」「大腸がん」「前立腺がん」「歯科」、さらに「健康診断」カテゴリに入る今回の「特定健康診査」、これとは別に「人間ドック」「脳ドック」などがあります。
 ここには「治療」から「予防」へと行政の目が広がったという流れがあるようです。罹患してから長期治療になるよりも予防する方が保険財政上の負担が軽いからです。市民としては「有難い」ことではあります。
 配布された広報には「健康マイレージ」の案内まであって、これにはさすがに市の真剣度が伝わってきたものです。

 いいと分かっていても受け損なう案内があります。例えば今年の3月末に私の生年月日に対応する助成金が終了した「肺炎球菌予防接種」がそれでした。病院の廊下に貼り出されていた2018年度の案内を見て知った次第です。もっとも、助成金の対象ではないのですが、自己負担で任意の予防接種は受けられるようです。
 ご存知のように肺炎は①がん②心臓病に次いで③位の死因ですが、その肺炎での死亡者の95%が65歳以上とのことです。私は71ですから、年齢的に罹患は「やばい」です。後悔先に立たず、ですが。

 それにしても健康は安上がりです。また、老後の備えとしての「貯金」と同じです。
 この2日間、身に染みてそう思いました。



    公園の亀



. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR