FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 短文から妄想の世界を歩くと


 例えばこんなシーン。ママが具合が悪くてパパが料理をしようとしています。どうやら作りたいのは残り飯を使った炒飯らしく、生意気に中華鍋を火にかけ油をたらし、いままさにご飯を炒めようとしたときです。ママの注意が聞こえました、『たまごからだからね』と。「なんだよ、卵無いのかよ」とパパは「買いに行くのは面倒」と俄かコックをさっさと諦めました。ママが冷蔵庫の『卵空だから』と言ったと勘違いしたのです。じつは卵から炒めはじめてね、という意味だったのでした。ちなみに調理の仕方は人それぞれなのですが、ここの奥さんは卵を先にするタイプの人だったのですね。いずれにせよ注意が短すぎるのが原因です。

 親子で小さな工場をやっていました。超零細企業です。親父は心労がたたって寝込みましたが工場が心配でたまりません。そこで或る朝息子に「俺、今日は行くから」と電話しました。息子の返事は『とうさんだからこなくていい』でした。金策間に合わずにいよいよ倒産かと親父はしょげました。本当は息子、『父さん、だから来なくていい』といたわっただけなのでした。
 玄関から娘が入ってきました。母「お帰り、もういいから」、娘『帰れって何よ、離婚認めるって言ったじゃん』の世界ですね。もう少し長く会話しましょうよ、親子だからこそ。

 ではここでひとつ遊びます。「はやくつみなよな」と仮名入力したとします。少し想像しただけでも3つのシーンが出てきます。ちなみに「早く」は一緒でしたが。畑で姑が嫁に『早く摘みなよ菜』、運送屋が倉庫でフォークリフト担当に『早く積みなよな』、ヘボ将棋の相方がヘボに『早く詰みなよな』。日本語はかなり面倒な言語かもしれません。 


 一昔前は電報がかなり活躍していました。誤訳の例文で有名だったのは、『○○シンダイシャタノム』でした。解釈は2つで「死んだ、医者頼む」と「寝台車頼む」でした。当時生意気だった私は、死んだのに電報で医者を頼むの? 「シニソウ」なら解かるけどと難癖をつけたものです。心肺停止は素人でも判定できて、一般人この段階で「死んだ」と言っていますが、正式には医師が死亡確認をして「死んだ」なのですね。ですからこの例文、必ずしも変ではありません。新幹線全盛の時代になり、少し前「寝台車」なるものが無くなったと聞いたような気がします。結論としてこの例文も、たぶん死んでますね。

 妄想の失敗例を1つ。『おしっこしにくい』がそれでした。「オシッコしにくい」が1つ目で、穴の開いてないパンツなのか、寅さんいうところの男のスワリションベンなのか? 前立腺肥大の場合は「オシッコ出にくい」の方が適切なように思えますし…。2つ目の「お引越し憎い」はマニアックすぎて、小中学生がお友だちと別れるのが辛いというシーンが浮かぶだけでした。

 長編小説が脱稿したら「ずいぶん暇になったな」とからかわれそうですが、日本語の難しさみたいなものを感じた次第です。
 いえ、「難しさ」というより、日本語における同音異義語の氾濫やそれに対応するための誤変換というデジタル機器の苦悩を見る想い、さらには文章における漢字の役割などに想いを致したと言うべきかもしれません。
 




    もう起きてたの

    「もう起きてたのか」 早朝散歩で見かけたアオサギ 「お前ずっと独りだな」
  

  
 

. もう空が見えないのだろうか



       誘いかけてくるキラキラした諸々よりも
       足元のほうが綺麗に思えるのはなぜだろう
       もう空が見えないからかもしれない


      足元の景色



    この2週間ほどの間は、400字詰原稿用紙換算で1日平均8.5枚
    のペースで書き続けていたことになる。予定よりも1か月早く脱稿
    となった。
    夜半から、払暁に、朝涼しいうちに、一番暑い2時過ぎにと、書く力
    が内から湧いたときは、時間を選ばず執筆をした。
    あとは10日ほど寝かせて、全編を通読し校閲をする。
    酷暑と冷房、さらに座りきりが多くなり、体調は最悪になった。
    やりとげたという心の高揚とは裏腹に、自堕落にひたすら眠い。


  長編小説進捗度 8月2日現在 400字×561枚 /当初の目標550枚



. 目をいたわります。これからは時々帰ってきます


 当分の間、眼をいたわるためにパソコン作業量を必要最少限にいたします。ブログ記事が極端に減りますので、もしよろしければ、カテゴリ別の過去記事をお訪ねくださいますよう。
 いつもいつも、ありがとうございます。 
 


     発行済みの爺の本
 

 五冊目の単行本をめざして550枚の長編小説に挑んでいます。上掲の写真は発行済みの私の小説本です。(蛙声爺)
 
    

. この地で生きる文芸同人誌、発行さる


 伊豆を拠点に平成9年から21年続いている総合文芸誌『岩漿(がんしょう)』の26号が発行されました。ちなみに誌名の意味は地下の「マグマ」のことです。心のマグマを噴出させましょうと叫んでいます。



     岩漿26号の表紙

       岩漿26号の表紙・とびら・目次です。


 今号は創刊以来最も分厚い261ページで厚さ1.2センチになります。中編小説5作のほか、「総合」の名にふさわしく掌編、エッセイ、詩、短歌、紀行とジャンルも豊富です。
 読書離れが進む昨今ですが、伊豆半島の文芸の根を絶やすまいとして資金的に苦しい中、がんばっているのが良くわかります。
 もし3年前にこういう書き方をしたら「手前味噌」「自画自賛」になって見苦しいのですが、健康上・経済上の理由により会員を辞めたいまだからこそ口にできるわけです。もっとも、今回は非会員からの「投稿」で参加する流れになっています。そうなんです、この文芸誌は非会員の投稿を歓迎しています。

 もうすぐ伊東市の「サガミヤ書店」(検索可能)で発売となります。
 興味のある方は是非、お読みになってください。著名作家ではない代わりに、「素人作家」たちの不思議な視点に気づかれると思いますので。
 本日は、お知らせまで。ご容赦ください。


. この年で学ぶ俳句集からの文字と言葉


 先週土曜日に俳句の結社で主幹をしている知人から五巻目となる『句集・何』が送られてきました。早速鑑賞をはじめ、パソコンで目が疲れるたびに飛びついて読み、土日丸2日をかけて味わいました。全136頁、質の良い書籍用紙で1頁に5句ずつ配されたもので、俳人数は22と大勢でした。誰も居ない小さな部屋で1句ずつあたっていく静かな時間。何となく日々追われていた自分が解放されたような気になりました。

 今回ご紹介しますのは作品自体ではありません。鑑賞中にサッと読めなかった「漢字」と初めて見た「ことば」を並べてみようと思ったのです。齢71、これまで自分ではかなりの文章、作品に接してきましたが、この年になって学ばせてもらいました。机の脇に大辞典と大部の漢和辞典を置いて、その都度調べた時間。それもまた学校時代、独学時代を思い出して何度も頬をゆるめたものです。
 最後に感想をしたためて書簡にしましたが、今日はあいにくの雨。まだ投函には行けず、封筒はこのときも傍らにあります。作品そのものには触れていませんので、ブログの方が先になってしまった失礼は許していただきましょう。
 
 【漢字】「 」の中が苦労した読みです。
 「耿耿」こうこう。気にかかることがあって心が安らかでないさま。 「鵙」もず。おなじみは百舌ですね。 「魞」えり。これは漢字でなく国字でして、魚を入れて捕らえるしかけの種類でした。 「妣」ひ。なきはは。亡母ですね。 「料峭」りょうしょう。春の風が寒いことの形容でした。

 【ことば】
 「雪しずり」雪垂り、とも書く由。枝に積もった雪が落ちること。またはその雪。 「喜雨」きう。日照り続きのあとに降る雨。 「水馬」すいば。馬に乗って水の中を渡る術。 「目の子算」めのこざん。数量などを目で確かめながら計算すること。

 いかがでしたでしょうか。俳句には、現在めったにお目にかかることが無い、美しい日本語がたくさん使われています。言葉から季節が導かれる「季語」がそれをより一層優雅なものにしているのかもしれませんね。 
 

 長編小説進捗度 6月11日現在 400字詰×300枚 (予定550枚)


    光と水

     (再録) 水清くして魚棲まず。ただしいまはアユ解禁の時季、たくさんいるそうな。



. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR