蛙声爺の言葉の楽園

. 日本語の「レアアース」は俳句に埋まっているみたい


 秋は果物、読書、もの思い、恋、もしかして少しでも齧(かじ)った人なら俳句?
 今朝そんな感じで知り合いの俳人のブログを訪れました。
 『白と黄の塩辛とんぼ臀呫飛ぶ』 (一韶)
 そこで最初に目に入ったのが「臀呫」という漢字でした。もちろんそのままでは爺も何と読むのか分かりませんでしたが、句の下に解説文があり、「となめ」とあって救われた次第です。トンボのオスとメスが交尾して輪を作り飛んでいる様子をいうのだとか。たしかに子どもの頃山野で何度も目にした光景です。「臀」がお尻なので何となく納得です。この「呫」は「なめる」では出てこない漢字で「ちょう」だと環境依存であらわれます。ちなみに漢和辞典にはちゃんと載っていました。
 それはさておき、この一句だけでかなりの時間、「あそべ」ました(^^♪

 で、あらためて思ったのです。俳句の世界には、美しい日本語、不思議な漢字、そしてクイズ並みの読み方など、言ってみれば「レアアース」的な言葉が埋まっていると。俳諧は基本的に特定の結社の中で育まれ、その中で競い合い、それぞれが味わう形になっているような気がします。そう理解すると、どんな当て字にも難読漢字にもフリガナが付かない不思議さにも納得がいきます。
 じつは爺も冒頭の彼の結社の会合に参加したことがあります。当時は4巻にも及ぶ「歳時記」まで買ったものです。しかしその奥深さに感動しておののき、短時日で小説だけのいまの世界に戻りました。
 俳句は、『言葉のデザイン』(彼)、そして「17文字の奇跡」(爺)です。

 ただ、鑑賞の仕方は人それぞれでいいと思います。楽しみ方といってもいいですよね。爺はどうしても文字自体に興味が湧いてしまいます。句評はとてものこと無理だからです。
 次の一句でも遊ばせてもらいました。ただしこれは秋の花ではありません。
 『梔子の白を盗みし女かな』 (一韶)
 どんな女なのでしょう。解説によれば、作者が近くに居たのに、バイクで走ってきて断りもなしに手折って去ったという女です。
 わたしは「解説」を無視して「女」を想像したいと思いました。実際が何か寂しい、トゲトゲしい行為だからです。爺が好きな言葉があります。『花泥棒が許されるのは若くてきれいな女性だけである』、もちろん許すのは花の主です。裁判所的に面倒な言い方をしてみれば、「窃盗罪の構成要件に該当はするが、可罰的違法性がない」となりましょうか。
 できれば想像どおりの女性で、若くして病死した妹さんが大好きだった花だった、とかね。妄想です。
 そうそう、ついでに見つけた言葉がきれいだったのでご紹介します。花つながりです。美人のまぶたを「花瞼」(かけん)というそうな。それこそ目から鱗(うろこ)でした。
 じつは爺、この「梔子」の読み「くちなし」を思い出すのに「なんだっけ?」と20秒以上かかってしまいました。脳に記銘する力だけではなく、思い出す力も弱っているのでした。かなりショックでした。

 俳句に出てくる当て字のような漢字でも、たびたび出てくるとお馴染みさんになります。「蜩」(ひぐらし)、「百舌」(もず)、「土竜」(もぐら)、「土筆」(つくし)などです。そう考えると結社の中では、季語で毎年出てくるこれらの漢字について仮名を振る必要がないというのもうなずけます。「辛夷」(こぶし)、「柳葉魚」(ししゃも)なんかも、結社の人には軽いのではないでしょうか。
 秋ですから、俳句を自分で創ったり、人様の作品に触れたりしてみませんか。






     『草刈りがつくりし島に彼岸花』 (蛙声) 昔…句会に初めて行った日に披露したもの。
     
       ヒガンバナ

     写真はちょうど1年前に撮ったもの。いまこの場所は駐車場になっています。
     ことしはいいのが撮れませんでした。  


 

. 見えない「風」が見えてしまうとき


 イギリスの詩人クリスティーナ・ロセッティに『風』という作品がある。『誰が風を見たでしょう 僕もあなたも見やしない けれど木の葉をふるわせて 風は通りすぎていく』という詩で、小学校か中学校で習った記憶がある。
 唐突に思い出したのにはわけがある。今日メモ用紙に、こんな文章を書きなぐった所為なのだ。


  この1年が、というのではなく
  このところ、などという曖昧なものでもなく
  「今日」というこの1日が、わけもなく心寂しいときがある

  この歳になっても
  いや、こんな歳になったから

  そんな日は、風が見える
  動かされている葉っぱや枝ではなく、
  風そのものが、目に見える
  
  ・・・わたしを見知らぬところへと誘う風



     風が見える

        風が見えると枝葉は止まる。「風が心の目の方を動かすからだ」

. 同人誌『岩漿25号』、感慨無量にて


 のっけからギャグもどきの話だが、ある雑誌の広告で「クロワッサン」のロゴが目に入った。ちいさく踊っているようで可愛いのだが、「ッ」が「シ」に見え「クロワシサン」と頭は捉えたらしい。「苦労わ資産」、隠された深い意味に勝手に感激する自分がいた。これから先、あの三日月型のパンを見かけるたびに思い出すことだろう。

 先日、新・編集長のK氏から同人誌『岩漿』の25号が送られてきた。毎年発行は2月から3月なので少し遅れてはいる。慣れない校正から版下までの作業、さぞかし編集部4名の方は大変だったろうと、苦労のほどがうかがえる。
 私が創刊から20年間、24号まで編集に携わっていた文芸誌だが、昨年高齢などを理由に役を退き、同時に退会という選択もさせていただいている。実は昨日発送事務を編集部で行った由で、私は一足先に作品群に触れていたことになり、少しく申し訳ないと感じてはいる。
 丸1日をかけてほとんどの作品を鑑賞した。感慨は一入である。
 全くの私見だが、近いうちにこの雑誌の同人の中から広義の作家が出そうな気がする。
 「・・・ここまできたんだ」
 目頭が熱くなるのを感じた。



     岩漿25号

       岩漿(がんしょう)とはマグマのこと、だから『岩漿』は心のマグマ

. 『何がめでたい』って、「・・・さあ」


 うっかりまた本屋さんに立ち寄ってしまい、ひょいと佐藤愛子著『九十歳。何がめでたい』を手に取り、パラパラッと覗き読みをしただけで買ってしまいました。これは作家の名に対する信頼でもあります。そのくせ、何度も終活としての断捨離で書物を処分していながら、「なんと方針がぶれていることか」と嘆く自分がいます。
 それはさておき、著者は1923年生まれの93歳、今年の11月5日には94歳になります。大阪生まれの直木賞作家、団塊世代にはお馴染の詩人サトウハチローは彼女の親戚筋です。家に帰ってから本の帯を見ると83万部売れたとありました。笑ったのはその周りの言葉で、『なぜこんなに売れてるの?かって―買った人に訊いてくださいよ!』
 なので、買った人「私」の読後感です。福山雅治の『ガリレオ』先生の名台詞ではありませんが、『じつに面白い』。
 「どこが?」ですか、それは「買って読んでくださいよ」と言いたいところですが、ここでは「文に芸があるところ」とだけ申し上げておきます。

 90と言えば「卒寿」ですが、これ90を漢数字で縦書きすると「卆」になるからですよね。ちょっと駄洒落の香りがしますので、点検しました。じつは70の「古希」までは論語などの古典に由来しています。問題はそれ以上の高齢の祝いで、ほとんど同じパターンなのです。77歳の「喜寿」は「喜」の略字「㐂」からきています。777歳ではありませんので念のため。「昔パチンコでいっぱい出てきて玉げたところから」などは妄想です。80の「傘寿」も傘の略字「仐」から、88の「米寿」は米を分解して八十八。99の「白寿」は「百」から上の「一」を取って「白」という字に、と言った具合です。うがった見方をすれば、『古来希なり』の70から先はもうシャレでしかないということなのでしょう。こじつけ感さえ覚えます。

 そういえば、60の「還暦」を別の言い方で「華甲(かこう)」と呼びます。70の祝い以前は古典が云々と褒めておいて何ですが、文字分解パターンでした。「華」は「十」が六つと「一」でできていて61なのでした。数え年61は満年齢で60です。私、酔狂な人間なので実際に「華」を分解してみました。「正解」、まるで漢字パズルでした。
 みなさんもお時間がありましたらお試しください。
 あ、「華甲」の「甲」は何?ですか。「干支(えと)の1番目」をいいます。

 『人は人、我は我ですよ』(佐藤愛子)、この言葉、とても意味深くて好きです。

 



     石の風格

        岩の風格はついた苔によって語られる




. 早合点には本音がチラリ


 日本語の同音意義語はユーモアの親。漢字練習に飽きてつい遊んでしまいました。壊れ気味の「言葉の楽園」です。


同好会にて  『もう行きましたか』
         「まだ生きてるよ、いまも飯食ってる、どんぶりで」
         (心)『この前言ってた映画だよ、親父さんの生き死にじゃねえや』

ご近所にて  『また歯医者ですか?』
         「負け犬だってか、バカにすんな」
         (心)『ひがむな、話も噛み合わねえ』

職人の師弟  『はやく食ってかかれ!』
         「べつに親方のこと恨んでませんけど」
         (心)『バーカ、午後の仕事だ』

文学部の学生『手書きで候(そうろう)文いけますか』
         「それほど早くねーよ、実際彼女に困ってもいねーし」
         (心)『あぶない危ない。決して触れてはいけません』

 ・・・よい週末を。雨模様ですが。




      どこでも生きていける、繁殖力抜群の外来種。その名はナガミヒナゲシ

      ナガミヒナゲシ

  (蛇足ですが) 早合点の原因になった言葉は上から順に「逝く」「敗者」「食ってかかる」「早漏」でした。


ポチッと押していただくと励みになります

にほんブログ村         

. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR