蛙声爺の言葉の楽園

. 総計と平均は嘘つきの始まり


 かなり正式な数字の発表らしい。敢て「らしい」を付けたのにはわけがある。
 「日本人が銀行・信用金庫などで貯蓄している総額が1000兆円を超えた」
 目を凝らしてほしい、「億」ではない「兆」なのだ。 

 「この数字どこかで?」は正しい感覚。「日本は世界一の借金大国」という「キャンペーン」で見た、いわゆる「国の借金」の総計も1000兆円超えだった。記憶が正しければ「国民1人当たり約870万円の借金になる」という脅しだった。「だから福祉を削り増税を」となるのだった。ところが多くの経済学者や元財務省官僚だった学者がこの主張の「嘘」を暴き始めた。①諸外国と異なり日本国の負債はほとんど自国内で自国民からものであること②日本の持つ「資産」を考慮に入れないで「負債」ばかり言い募っているが、有する資産でどんどん相殺していくと負債額は一気に健全な範囲になる(つまり脅しは「ためにするキャンペーン」にすぎない)③日本と日本銀行はイコールと把握でき、通貨発行権を有しているので諸外国の財政危機と同日に語るのは間違い等々。
 第一それほど日本が国家破産に近いなら、なぜ日本円がいまも「安全通貨」とされているのか。なぜ日本が世界一の「債権大国」なのか、負債を引いた国の純資産額がなぜずっと世界一なのか等々説明がつかない。

 つい話が逸れたが、日本国民の貯蓄額総計1000兆円超が、高額すぎて感覚的にとらえきれない。そこで爺は衰えた頭でもなんとか把握できる計算をした。まず日本人の数を1億人とする。1兆円は言わば「1万億円」、1000兆円は「10000×1000」億円、従って国民一人当たりの貯蓄額は1000万円と把握できる。これを1瞬で把握できる人が多いとは思うが、何分歳なのでご容赦。だいいち桁がでかすぎる。

 愚痴や弁解はともかく、こういう考え方自体が可笑しいと常々思っている。
 いま説明の都合上、「日本人」の総計を4人とする。そのうちの1人が貯蓄4000万円、残りの3人が貯蓄0だとすると、「日本人」の平均貯蓄額は1000万円になる。この総計とか平均とかいう悪魔のマジックは、貧富の差、格差など負の実態を全て覆い隠すことができるのだ。これが県別、男女別、年代別、業種別、職種別、学歴別などの比較平均ならば少しは意義が違ってくるのだろうが。
 このマジックは「サラリーマンの平均年収」とか「今夏ボーナスの平均支給額」とかみんな一緒である。どこをどう切り取っての「総計」であり「平均」なのか。
 多くの人の想いはこれだろう。わたしの、俺の「実際や実感と違い過ぎる」。
 「日本人て金持ちなんだね」
 「ふーん、じゃ私って外国人なんだ」
 



       カオナシはジブリ、クチナシはシニン、この清楚な花の名は・・・カオルちゃん

     クチナシ


. 将棋4段の少年の話題から「飛び級」へ


 14歳の男子生徒がプロの棋士を相手に26連勝を記録し世間をアッと言わせている。歴代の名人上手に臆することも礼を失することもなく「自然体」で対戦している姿は美しくさえ見える。正真正銘の天才である。
 将棋の素人の私が勝負の世界にあれこれ語るのも失礼なので、わが家での「質疑」について記してみたい。
 ①「徹夜で勝負したりしてるけど、年少者の深夜労働制限に違反しないのか」 
 ②「これだけ連日のように対局していて中学の必要出席日数は大丈夫か。つまり落第の心配はないのか」

  ①「労働基準法」はザックリ言うと「「労働者」を「使用者」から護るための法律なので、棋士が法にいわゆる「労働者」でなければ適用がないことになる。同法9条は労働者とは『事業又は事務所に使用されている者で賃金を支払われる者をいう』と定義している。棋士は労働者とは言い難いだろう。従って14歳ということで同法56条の「最低年齢」に該当し、中学生「児童」として20時から5時までの間の深夜業が禁止されている(同法61条)としても冒頭男子生徒には適用がないという結論になると思う。
 連盟は万一関係監督署が適用があるとした場合は誠実に対応したいとしているようだ。

 ②この将棋4段の中学生はこれからも対局を続けるだろう、もしくは続けさせられるだろうところ、卒業するに必要な出席日数が心配になる。「落第」はさすがに古いので『原級留置き』と言い換えよう。分類としては『当人の責に因る事由』と『当人の責に帰さない事由』に大別されるようだが、詳細は煩瑣になるので結論らしきものを記せば、その決定は『学校長の権限』ということになりそうである。確かに連盟も、学校と緊密に連絡をとっているらしい。配慮は怠らないという姿勢が素敵だ。

 この関係で昔、プロスキーヤーの三浦雄一郎氏が私立校を回り、その中で一番欠席させてくれる学校に子どもたちを入れたというエピソードを思い出した。彼は世界中を回るブロだったので可能な限り子供を同伴し、彼らの見聞を広めたかったのだ。彼独自の子育て教育観といえる。
 三浦氏の教育観は、子どもの将来のために役立つ環境を創るという点で示唆に富む。
 冒頭からの話は、その「子どもの才能」が将棋だった場合のものだが、このことは、文学でも、数学でも、科学でも、音楽でも美術でも否、各種スポーツでも同じではないか。「英才」は飛び立たせてあげるべきだろう。
 ゆとりをもって、みんな一緒に、点数は差別、競争は避けましょう、公平に、平等に、平均的に・・・いつか知らず知らずにこんな風潮に陥ってはいないだろうか。それでいて今も世の中は、学芸でもスポーツでも技術でも、いわゆる「ヒーロー」や「ヒロイン」が大好きなのだ。
 この内なる矛盾を取り去って、広い意味の「飛び級」を皆で応援できる仕組みにすべきではなかろうか。




      アカマツ

        松茸は主として赤松林に生える。しかし赤松林に松茸が必ず居るわけではない。
 

. 昔の名前で出てみません?


 何が驚いたといって「東芝」(旧・東京芝浦電気)がかつてないほどの危機に陥ったことです。日立・三菱と並んで「大手重電三社」と言われた世界的に有名な大企業です。高度経済成長時代を知る世代が、いま大新聞の株式欄をみると目を疑うはずです。「あの東芝」が東京証券取引所1部上場株式の隅っこの『監理・特設注意』欄に1社だけポツンと入っているからです。投資家への注意喚起ですから企業にとっては屈辱の極みでしょうが仕方ありません。米国の原発会社WH社に「投資」したばっかりに巨額の負債を背負い込み、資産価値が何と2兆円という半導体部門を売却して債務超過状態をまぬかれようとしているのだとか。もう6月だというのに3月末の正規の決算報告もままならない状態らしいのです。私たちの世代は、東芝に居た日本を代表する経営者である石坂泰三や土光敏夫の活躍を知っています。おふたりは泉下でいまの東芝をどう診ているのでしょうか。なんとか復活して欲しいものです。だって日本語ワードプロセッサーを開発した「あの東芝」ですよ。

 気になったので少し確認しました。
 『シャープペンシル』の、 「シャープ」(旧・早川電機工業)はとっくに1部上場会社から2部へと落ちていました。我々の世代にとっては発明や技術革新の先駆的会社でした。いまも液晶パネルなどが有名です。現在は、あの鴻海(ホンハイ)精密工業が最大株主になっているようです。もう一度創立者早川氏のようにシャープな発明を期待したいものです。

 驚くと言えば「日産自動車」の株をフランスのルノーが43.7パーセントも持っていました。これはもうルノーの傘下ですね。正確に言えば「連結子会社」です。さらにその日産の傘下に三菱自動車が入っているのも「おっと!」でした。それら3社のトップ経営者カルロス・ゴーンが物凄いやり手だと恐ろしくも感じました。 

 『明るいナショナル♪』の、「パナソニック」(旧・ 松下電器産業)の社名変更はグローバルブランドを目指したものでした。団塊世代におなじみの旧ブランド「ナショナル」が輸出先に同じ登録商標があったためだと、ものの本で読みました。「国民的」「国家的」という意味ならどこの国でも使っていそうですものね。ところでこのパナソニック、いまでは電器よりも住宅関連の企業に近いのだそうです。

 『わたしにも写せます』の、「富士フイルムホールディングス」(旧・富士写真フイルム)も「売り物」が変わりました。現在この会社は、写真・フイルム部門の売り上げ高は全体の数%で、医療、化粧品・薬品・サプリなどがメインだそうです。わたしは服用していませんが糖コントロールサプリがウリだそうな。

 『パッと点いた日立、グンと回る日立♪』の、「日立製作所」はいまも同じ。元気そうに見えます。イギリスからの電車の車両受注はめでたい話ですね。『この木なんの木気になる木♪』の日立。日本大丈夫と「そんな気」にしてくれるような。

 「昔」からの企業のありようも変わったようです。日本の伝統的風土の中で、国内主体の金融・経済制度の下、国民を主対象に経済が回っていたころと今とでは「企業統治」そのものも変容したのでしょうか。もしかしたら日本人経営者がグローバルスタンダードに合わない、慣れない、追いつかない? 理念の消失、短期的評価、利益還元圧力、コンプライアンス、CSR、コンピュータ社会等々、とにかく激変しましたものね。 かつては「準国家的企業」とまで言われ、一旦そこに入社できれば「永久就職」と考えられていた大会社の変容ぶり、混乱ぶり、あるいは凋落ぶりを報道で見聞きすればするほど、日本と日本人が見失ったものを感じます。感じるだけでそれが何かは解りません、素人ですから。
 ええ、それでも世界2位とか3位の経済大国なんですけどね。・・・
 カメラの閃光の前で真四角になって経営幹部が90度の礼をする姿が、なぜかさびしい今日このごろです。
 「昔」のCM、明るかったなぁ。 



       ひとりの水鳥

          何考えているんだろう。いつ羽ばたくんだろう。

. 鵜の目鷹の目猫の目、長ーい目


 地球温暖化抑止のための「パリ協定」から米国が離脱しました。アメリカファーストを標榜する大統領の決断でした。難しいことは解りません。ただ疑問に思ったのは、製造費用負担を下げて国際競争力をつけ自国の産業を護るという狙いって「どうなの?」ということでした。一例として車だけ診ましょう。排ガス規制しない、そんな配慮は要らんとして製造したとしてです、貿易相手国に規制があればその国では米国車売れませんよね。予想ですが米国の自動車業界は排ガス規制対応の技術開発を続けると思います。なぜって、大統領の任期は4年ですが、各会社の社是は「永遠」を目指す「継続性」だからです。現実に前大統領の決めたことは現大統領によって簡単にひっくり返されています。4年もブランクがあったら参加国に戻っても、その時点での規制技術からみて「後進国」になっているでしょうから、これまた売れませんしね。

 6月1日9時17分、日本版GPS衛星搭載のH2Aロケット34号「みちびき」が発射され、衛星を軌道に載せることに成功しました。このカーナビなどでおなじみのGPSは何と位置情報誤差6センチを企図しているとか。発射映像をYouTubeで見ました。カウントダウンする声が綺麗でした。心が高揚したものです。またJAXA(宇宙航空研究開発機構)制作の数段に及ぶロケット組立映像も驚愕でした。一体どれだけの会社が関与し、どれだけの技術が集積されているのでしょう。
 とある隣国のネットユーザーが、日本が前に打ち上げた「宇宙ステーション補給衛星用ロケット・こうのとり」を見て、「日本が大陸間弾道ロケットを発射したのになぜ国連は制裁決議をしないのだ」と叫んでいました。宇宙大国が相次ぎ失敗した補給衛星打ち上げ、それを日本が成功した。各国は称賛を惜しみませんでした。確かに機能的に見れば日本はすでにICBM保有国かもしれませんが、この国際的対応の差は何なのでしょうか。結局国の信用度の違いだと思いますが。

 ただこうも言えます。日本の宇宙開発技術、国防兵器開発技術が進めば進むほど、驚愕・称賛と同量の猜疑・警戒が強まることにもなると。今以上に「国の姿勢・背骨」が国際的なレベルで問われるということでしょうか。 かつて、遥か宇宙に飛びたち目的地で難しいミッションを果たしながらも帰路制御不能に陥った日本の「はやぶさ」が、それでも自力で地球に帰還したとき、いくつかの大国は「はやぶさタイプ」の宇宙兵器の研究を意識したという報道に接したことがあります。こうなるともう、発想レベルが違いますね。
 他人(他国)の想うことは止められません。 

 柄にもない話題で恐縮でしたが、「接する人」や「その言動」の見方一つ、解釈一つとっても同じことが言えると思います。
 年を取ってきて、見ているものすべてが霞み、聞いているすべての音が不確かで、想いと言葉の回線が切れかかってくると、つまり今の私ですが、「せっかく自然にそうなっているのだから、ニコニコしていればいいか? 難しいことは現役世代にまかせて」程度の「ぬるい自分」が一番幸せでいられるかもしれません。
 

. 立派な履歴を削ることができますか


 或るお嬢様のお話です。何不自由なく育ち、知能も良く当然学績も優秀で一流大学を卒業、就職はもちろん上場会社で、英検1級の語学力もありました。結婚相手は上級官僚だったそうな。この順風満帆の人生は渡米した後に壊れます。癌に罹った母親のため家族を顧みず日米を往復し治療や介護に尽くしたのです。大金が湯水のように流れ出ていきました。母の死、そして離婚。日本に帰った彼女を待っていたのは就職難と目を覆うような「貧困」でした。終には子どもも離れていき、知り合いの世話で屋根裏部屋のようなところで生活する日々。彼女は生活のためにプライドも捨て、あえて職種も選ばずパートやアルバイトでもと求職活動にいそしみます。結果は計50か所からの「不採用」通知。
 彼女は二つの決定的なことを、読者である私に教えてくれました。

 『職探しの面接では、そのままの履歴書を提出している』
 『年齢以外の理由は、わかりません』
 過去の履歴をそのまま正直にしたためているのに、もう50代半ばだという年齢以外に、不採用になる理由が解からないというのです。『過ぎたるは猶及ばざるが如し』私はすぐ理由をつぶやきました。

 彼女は面接官に「自分」を売り込んでいた。そう思います。きちんと躾けられマナーも心得ているし、能力も学歴もあるし、英語もできるんです、間違いのない人間ですと。口では言わないでしょう日本人的な人なら、そこまでの自慢は。この人の書いた「履歴書」が「言っている」だけです。
 一方の総務係は「うちはこの職種に合った人を探しているだけだ」とため息をつきます。採用してもこの職場環境の中では気持ちがもたない、仲間とうまくやっていけるとも思わない。第一書いてある履歴が本当なら何でここに来るんだ? 係は笑顔でこう言ったと思います。「採否はなるべく早くお知らせしますので。ご応募ありがとうございました」
 彼女が本当に捨て身なら、「その会社が求めている職種、求めている人」に合うように対処すべきだったのです。 

 無い資格を有ると書いたり、出ていない学校を卒業と書いたり、履歴書に「嘘」はいけません。 ただ、もっている資格をあえて書かなかったり、もっている学歴の一部を書き控えたりすることは「嘘」ではありません。生死を分けるような仕事探しならなおさらですが、それほどでなくとも、総務係が採用しやすいようしてあげることも必要かと思います。
 厳密に言えば「履歴書詐称」ですが、よくある例で職歴10個の人が直近の3個に限定して書いたとしても「詐称」呼ばわりされないのと大差ない操作だと思います。マイナスになるのは多くの場合、良い方へ高い方へと嘘をついた「詐称」です。
 低い方への「遠慮」は「控えめ」と評価される可能性が高いと感じます。
 この人の場合、米国に渡っていたんでしたね、あちらは「高らかに自己主張」しないとダメなのかもしれませんけれど。

 いえいえ、本当は真実のままで「勝負」できるのが一番です。べつにお勧めしていません。
 ただ、引用した彼女の場合、生活そのものが、いわゆる「緊急避難」が必要なレベルでしたので。
 昔、4年ほど総務を担当していた私は、低く装った履歴書を見抜いたときは、じっくり事情を聴いて採用していました。
 え、高く装っていたときは、ですか。もちろん「不採用」です(^^♪。





       吹き出ている水も静かな水も、結局つながっているんだよね

     噴水



にほんブログ村
     
. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR