蛙声爺の言葉の楽園

. 70歳まで働いてもらいたいとは言うけれど(2)


 60歳、65歳で一区切りを終えた人が、まったく別の会社、職種、職場に対応することは現実問題として厳しいでしょう。本人の自己評価はこの際別にして客観的にみれば、知力、体力、気力の減退は否めないからです。最近見た何かの記事には、『40歳を超えた従業員からは新しいものは何も出てこない』などという経営者もいるくらいです。まして60代においておやということになります。一方で、人手不足解消の一助として高齢者にも働いてもらう必要があるという政府。ではどうしたら可能なのかという話になります。

 全産業的ではなく部分的な効果しか期待できないかもしれないのですが、『終身雇用』の復活が考えられます。 定年まで「現職」だった仕事なら冒頭の「障害」を最小限に抑えられるからです。(1)で町工場の熟練工を例に出しましたが、熟練度が命という「作業」を中心とする部署については特にお勧めだと思います。何も労働契約の基本方針を全社一律にする必要はないのです。
 もう一つ確認しなくてはいけないのは、ここにいわゆる「終身雇用」に「年功序列」という制度をくっつけないことです。そもそも「定年」の必要性は、高齢になり労働価値が低下しているのに賃金が高い、また地位まで高いので後進のやる気を削ぎ更新に支障が出るという弊害のせいでした。「愛社精神」や「全社団結」、「技術、伝統の承継」など高度で精緻な産業の発展に貢献したにもかかわらず国際化の中で衰退したこの『終身雇用』の復活。それはもしかしたら、「時代に逆行」ではなく、「時代の寵児」になれるかもしれません。

 新・終身雇用を可能にするには、「基幹賃金A」をきめる「作業」を絞り込む必要があります。そしてこの部分は終身保証しなければなりません。言い方を換えれば、一般定年後の報酬額はこの部分だけでいいとするのです。物価スライドなどは当然必要になります、なにせ半世紀にもなろうかという長丁場なのですから。就職から定年までの一般期間の「総合賃金T」は、このAに労働基準法が定義している「賃金」の中に入るものでA以外のもの「賃金B」を 加えることになります。例えばですが、役職手当、皆勤手当、特技・資格手当、家族手当、超過勤務手当。持ち家などで会社から住宅の貸与などを受けていないのに均衡上一定額が支給されるという意味での住宅手当もこの中に入ります。
 
 実はこの考え方に近いものが最近訴訟として問題になりました。原告の主旨は「同じ仕事をしているのに非正規雇用者の賃金が低いのは同一労働同一賃金に反する」というものでした。しかしこの「同じ仕事」の中身を詳細に分類・検討しないと「反する」かどうかは判定できません。原告の主張は上の「基幹賃金A」に当たるものが正規社員に比較して低いと限定する必要があります。役職が無い、所定の家族が無い、資格も特技もないなど、そういう人が「同じ仕事」なのに自分より高い賃金をもらっているのは可笑しいと訴えているかもしれないからです。きっと裁判所は、給与内容を精査すべきと指示すると思います。

 すこし広げすぎたかもしれませんが、要するに慣れ親しんだ環境と作業で70歳まで「現役」でいられるような制度作りが必要でしょうといいたいのです。所定の高齢者を一定期間雇用すれば助成金を出すというやり方だけでは、助成対象労働者を一定期間後に取り換えるだけで儲けようとする経営者を喜ばせるぐらいで、根本的な解決にはならないと思うのです。
 またこの考え方は、新卒者との労働契約だけでなく、中途採用や配転の場合でも同様です。
 長々と失礼しました。
 



      水車


        水車は自分の力で回っているのではありません  

. 70歳まで働いてもらいたいとは言うけれど(1)


 自分が71歳になって思うのですが、タイトルどおり、国の計画はなかなか難しいのではないでしょうか。
 日本人の平均寿命は、女が87.14で男が80.98です。これは2016年時の死亡率が不変と仮定してこの年の0歳児が今後何年生きられるかという数値にすぎませんが、いちおう最新のものとして使いましょう。政府は可能な限り70歳まで現役として働いてもらおうと考えているように思えます。すでに、厚生年金の「当然被保険者」は70歳未満の者としていますし、70歳以上でも所定の要件を満たす場合は、「在職老齢年金(高在老)」の仕組みから老齢厚生年金の支給停止の対象になっていて各種の届出を求められています。「当然」の文字が躍っていますね。また雇用保険でも65歳未満の「一般被保険者」の他に65歳以上の「高年齢被保険者」を創出しています。これらは1例にすぎませんが、視点を変えれば労働者保護にも映るこれらの狙いは、保険料はできるだけ長期間納付してもらい、支給総額は減らしたいということでしょう。
 
 よく言われていることですが、定年退職の年齢と年金支給開始年齢には5年の開きがあるようです。かつて55歳定年時代では60歳で開始、60歳定年では65歳で開始。現在がここですが、実は、就業規則で65歳定年とすることを求め、できない場合でも事実上65歳まで継続的に働けるようにせよという「縛り」ができていますので、現在は実質上65歳「定年」といっても過言ではありません。だとしますと、5年の開きを付けたいので年金支給の開始は70歳が目標になるのです。上で例示した法的な動きも「着々と」という感じを受けます。なにせ優秀な官僚のすること、目だたぬように少しずつ確実に歩を進めるわけです。

 少子高齢化が進み生産年齢人口が漸減して止まらないのですから、財政上仕方がないのかもしれませんが、何か見落とされているような気がします。今、男性だけで見てみましょう。70歳から平均寿命81歳まで10年ほどしかありません。大卒で半世紀近く働いても10年しか年金がもらえないとしたら、若者は何を考えるでしょう。また、70歳まで働けるかどうかは「平均寿命」から導くことはできません。百歩譲って寿命を指標にするなら「健康寿命」の平均値ではないでしょうか。ただ、実際にはここにいわゆる「健康」の定義自体が難しいので数値は出せないとは思いますけど。

 いくら国が欲しくても「70歳定年制」を採れる企業はほとんどないと思います。伝統工芸の職人、町工場の超熟練工など70歳定年どころか終身勤務すら歓迎される特殊分野は別ですが。定年についての議論は65歳で終わると思います。だからこその支給開始年齢の引き上げなのです。最後のチャンスですね、国の。いつかきっとやると予想しています。
 いまでさえ多くの場合、65歳から70歳までの空白の5年間を埋めるものはないでしょう。巷のコメントには「退職金」を取り崩してつなぐというものが多々あります。しかし公務員や大企業の社員だった人を除けば無理筋ではないでしょうか。 「雀の涙」から退職金ゼロまで底辺の裾野は広いと思います。
 つまるところ「自己責任論」から引かれる「預貯金額如何」に落ち着くのかもしれません。それで良いかは別個の問題として。

 

      アオサギ


      背を向けて、立ち姿がうつくしいサギ。これって何のこと?     

  
     

. (事件) 平仮名だけの文だから見えてきてしまう


 テレビ報道で何度も視たのに、事件が発覚した日付も、被疑者二人の氏名も、被害者の名前もまったく憶えていない爺の頭ですが、公表されたひらがなだけの幼な子の日記(メモ)が忘れられないのです。

 メモの文章の向こう側に「おとな」の顔が透けて見えてしまうから。
 口移しで書かせたように感じられるから。
 家庭内の支配関係すら想像できるから。
 その「おとな」は誰で、誰にメモを見せようとしたのか。
 あるいは、
 「しつけ」でやっていたという証を創っていたのでは、と思えてしまうから。

 もし、そうではなく、幼な子が自分の心と頭で創った文だとしたら、
 それはそれで、失われた文才に、涙するしかないのですが・・・
 爺にできることは、心から合掌することだけでした。
 「奪われた命。あまりにもひどすぎる」  




     暗い川

     愛ならば流れる向きも明るさも、色でさえも違っていたはず





. 刑事事件化が最適だったアメフト「悪質タックル」


 まったく気鬱な毎日でした。事件発生から1週間たっても2週間たってもテレビのニュースやワイドショーでトップの扱いだった日大アメフト部の「悪質タックル」問題が原因です。私だけかもしれませんが、事件そのものよりもマスコミへの失望が強かったのです。国際問題、国内政治、経済問題なんか糞食らえといった「虫眼鏡」的な大報道でしたから。

 事件はもう「耳にタコができる」ほどでしょうから割愛して、爺がなぜタイトルのように思ったのかを記したいと思います。
 報道の視野に置くものを小さくすれば騒ぎも小さくなり穏便に済ますこともできるというのが通常です。今回の件で対象が小さい順に並べてみます。①タックルした部員 ②命じたコーチ・監督 ③関係した①②の3名 ④日大アメフト部の質 ⑤日大の体質 ⑥日本のアメリカンフットボールレベル ⑦日本人のスポーツマンシップ ⑧日本人全体の民度 ⑨日本国のレベル、となります。
 国内の報道を見た感じでは①から⑤まで問うているようです。⑤に至っては事件とは無関係な日大生の就職活動にも影響が出ているとテレビニュースが報じていました。一番の被害者は該大学の学生と卒業生かもしれません。
 「悪質タックル」という、事件の取り上げ方に終始すると、事態が公平且つ鮮明に伝わってきません。失礼ながら視聴率最優先の「マスコミ裁判」だからです。事件をルール違反として矮小化し無視し穏便に済まそうとしたことが、かえって問題を大きくしたと捉えることができますが、最初から刑事事件として扱われているべきだったと思うのは私だけでしょうか。
 百回以上繰り返し画面に出されたタックル場面を見れば、アメフトに詳しくなくても故意と分かりますし、「全治3週間」と比較的軽傷だからよかったものの、脊椎大損傷や寝たきり人生まで想像される映像でした。①の起こした刑事事件として捜査を進めて行けば②③の問題はもっと早く明確な形で出てきたと思います。④⑤もしかりです。

 「じゃ、マスコミ裁判でもそこまで迫ってるじゃん」と言われそうですが、スポーツとして、マナーとして出発してしまうと、国内はいざ知らず、海外ではきっと⑥から⑨まで疑われる恐れがあるのです。国際大会で、オリンピックで、惜しみなく称賛されてきた日本のスポーツとマナーが、少なからず傷つくのです。まさに数十年かけて培ってきた信頼が数秒で失われる恐れ、なのです。前のピョンチャン五輪で日本の選手が薬物使用を疑われたとき、ネットでは「日本人もやるのかよぉ」と悲鳴とも落胆ともとれるコメントが海外から発せられていました。これは厚い信頼がおおもとにあったからにほかなりません。
 どんな国でもどんなスポーツ内でも「刑事犯罪」は起こりますが、その当事者で悪影響は止まるのが普通です。しかし、スポーツの世界での故意による「ルール」無視は影響が違うのです。
 「スポーツマン」は世界中の無数の人たちからリスペクトされているからだと、爺は思います。 



     マリンタウンのヨットハーバー

       水面穏やかなハーバーには防波堤がありました

       

. 1円でも高い方へ動くパートさん、じつはそこに


 今朝の散歩はたったの2639歩でした。昨日膝に違和感がありましてセーブしたのです。で、途中でコンビニに寄り経済新聞を買って外に出たときです。何となく目についた「パート募集」の掲示。昔の癖でつい立ち止まりました。テレビドラマ『ハケンの品格』風に言えば『お時給』が気になったのです。
 「850と950」の数字。これは勤務時間帯で違うのでした。一番長い対象時間帯では850円と解釈して良いでしょう。ひょいと横を見たら何と淡い茶色のウサギにリードを付けて散歩している小父さんがいました。ウサギの仕草の可愛いことと言ったら…。
 ま、それはさておき、歩きながらまた頭の中でゴチャゴチャと想いが巡りました。

 「どうせパートなんてよお、1円時給が高いってだけで余所へ行っちまうんだからどうしようもねえよ」とは現役時代に聞いた言葉です。当時「だからどうだというのですか」が正直な感想でした。身近でアルバイト、パートと言えばスーパーマーケット、コンビニ、ファミリーレストランですよね。営業時間が長いのと若人だけでなく主婦層を重要な働き手として想定しているのですから、パート形態での募集はむしろ必然と言えます。雇われる側から言えば、自分が働ける時間を選んで働かせてくれる稀有な職種、それが目玉の職場なのだともいえます。そして上記3種の仕事は、それぞれパートに求められている責任範囲と動きが類似しているのです。であれば、1円高い時給の方に魅力を感じても不思議はありません。働く動機からすればむしろ当然でしょう。また、募集に関してはこんなことを思いました。どうして「経験・実績で応相談」とか「能力、勤務成績により昇給もあり」が掲げられていないのかと。時給金額だけでしか募集の差別化を図れないとしたら、初めから応募する人の個人的な能力を考えていない店、会社と思われるでしょうに。モチベーションが上がらないと思いますが。

 現場では、基本的な時給850円に着目しました。ここは静岡県ですから現行の最低賃金は「832円」です。ええ、クリアしていました(2017年決定。2018年はまだ未確定 )。前年に比べて25円高です。この最低賃金は各都道府県ごとに決まっていて、東京都なら「958円」、最も低い宮崎・沖縄だと「737円」です。もうお気づきですね、上記3種のような一定地域内を想定した募集での時給でも、全国的な求職者移動を誘発するということです。特に遠方への単身移動が可能な若者について顕著でしょう。
例えば宮崎の子が東京に出た場合の時給格差は221円です。これに1日8時間、20日勤務で計算すればひと月で35360円の違いが出るのです。人口が首都圏に集中するわけですね。そういえば契約社員募集でも、東京の次に最低賃金が高い神奈川にしたという四国の人がいましたっけ。因みに横浜をいただく神奈川は956円/hです。

 この時給を月給にして考えると、「同じ仕事をしているのに賃金その他の待遇が違うのは差別」という昨今の問題にも行きつきます。でも使用者側にしてみると、待遇を同じにしたらパート、アルバイト形態で雇用するメリットがなくなるわけです。
 こんど「終身雇用復活はなるか」で続きを書きたいと思います。


       琉球朝顔

          川底の浚渫で根こそぎやられたと思いきや、たくましい!




. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR