FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 愛車との別れが近づく


 いよいよか。そんな感じでいます。
 現在の愛車はマツダのデミオ、新古車として購入してから約10年になります。この間、本当によく働いてくれました。走行距離は約19万キロ。箱根の住込み勤務では公休に伊東との往復、同所で嘱託になってからは毎日のように往復110キロの通勤。箱根と山梨での仕事や改修作業ではトラック代わりにと工具類はもとよりセメント・砂・砂利・材木に至るまで載せてしまいました。走行中、社内で荷崩れしないようにと荷にシートベルトを掛けてやったこともあります。70歳になり完全にリタイアしてからはかみさんの「アッシー君」、気がつけば愛車のそこここが相当劣化していました。そして今回、エンジンに関わるセンサ異状も見つかり修理業者に持ち込んでいます。
 劣化は運転者である私も同様です。加えて昨今の高齢運転者の事故多発報道、あちこちで免許証等で年齢が判明するたびに「もうそろそろ」という顔をされるようになりました。ということでついに、廃車と免許返納の具体的な時期を決めました。来年の2月上旬です。車関係の出費は統計上、年間25万円に達します。この先1年で見てみると、車検が1年後、定期点検が半年後、自動車税が5月末、免許の更新が72歳になってすぐの4月、JAFの更新も4月、自動車損害保険の更新が3月ということで、それらをすべて終わらせてしまうには2月が最適というわけです。すでに市内での買い物に使っているだけですから、安全性の上から言えばすぐの方がいいかもしれませんが。とにかくあと2カ月で車のある生活を「卒業」するわけです。
 正直に言えば寂しいですね、地方の生活では車は必須に近く、素敵な相棒ですから。
 



   デミオと富士山

        このころはまだ凛々しかった「デミオ」


 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村

. 更新不可になっているホームページを閉じました


 昨日、1年以上の長期に亘り更新していなかった私のホームページを閉鎖しました。もう訪ねても何も出て来ません。
 更新できなくなった理由は、新しくしたパソコンにホームページビルダーを移せなかったという、どちらかと言うとやむを得ないものでした。更新する意欲がなくなったというわけではありません。また、それでも有料契約で引き続き大容量を維持してアップしていたのは、絶版になっている拙著『小説太田道灌』を、PDFでページ設定そのままに全文掲載しているからでした。この本、書店にはいまだに照会電話があるそうですし、直接自宅で注文電話を受け、私自身の分1冊しかないので売るわけにはいきませんが内容はホームページでどうぞと、お応えしたこともありましたので。

 「ではなぜいまこのときに?」なのですが、うっかり有料掲載のためのポイントを切らしてしまい、しかも更新を長期間していないことが重なって、広告が随所に挿し込まれてしまったのです。こう言っては何ですが、その広告が見るに忍びないほど嫌なもので、一気に撤退に傾きました。太って垂れたお腹を締め付けて見た目を改善する絵面で、ごく短いとはいえ動画、しかも何度も繰り返されるものでしたから。

 私個人のホームページでしたが、元代表をしていた同人誌のことも紹介していた関係で、新しくビルダーソフトを買って、構想も新たに創り直そうかと思案中です。即実行できないわけがあります。今回閉じたホームページも相当苦労して創作しました。老化した現在の頭で、それが可能なのかということです。それともう一つ根気でしょうか、不安なのは。いずれにせよ、永久的撤退なのか今月中に決断する予定です。体だけでなく、これで頭を使う分野までどんどん縮小していったとしたら、認知症へまっしぐらなのではと危惧もしています。この3年ほどの間にいったいどれだけ劣化し、衰えたことでしょう。そのスピードには恐ろしささえ感じます。

 ホームページ、その継続の可否は自分の中の何かを大きく変えてしまうかもしれません。
 100%私事ですが、記事にしてしまった所以です。また、万一ホームページを訪ねてくださった方がいた場合の弁解と言いますか、説明でもあります。



    松川のサギ

        暗いところで思案投げ首( ^ω^)・・・いまの私です

 
 にほんブログ村 シニア日記ブログ がんばるシニアへ
にほんブログ村

 

. 他人様(ひとさま)の思うことは止められない


 気づいた方もいらっしゃるかもしれませんが、このブログ記事から「小説執筆進捗度」なる報告とも記録とも言える部分が削除されています。もちろん自分自身で4カ月分遡って消し去りました。それ以前の記事は誰も再読しないでしょうからやめました。この小活字の部分を書く動機は、ダラダラと過ごしてしまいがちな自分を戒め、鼓舞することでした。本来私的なことを人様に向かって出してしまうことによって必死で自分に守らせる働きを期待したのです。結果から言えば大成功でした。途中でくじけたら「みっともない」からです。
 まことに自己満足の極みなのですが、他人様から見たときにどうなのでしょう。恥ずかしながら、その視点は全く欠落していました。「自慢にうつる」らしいのです。目から鱗、速攻で冒頭の作業に入りました。
 しかしそれが、正しかったのか、良かったのか、いまも解かりません。ただ、もとももと自分のためでしかなかったのですから、ある種の怖さを肝に銘じて笑い飛ばすことにしました。

 昔、親友のご両親からあることを頼まれました。数筆に及ぶ地主さんだったのですが、何十年も地代を据え置いたため固定資産税負担から見ても不合理になっている、止むを得ず値上げをしたいというのです。私は当時もう宅地建物取引の有資格者だったので調査・説明などを代行することにしました。もちろん友情からで報酬の約定などはありません。頼られたことをむしろ喜んでのことでした。しかし借地人の方々の反発は私一人に集中しました。地主さんはいい人なので関係ない、「お前だな金目当てに掻き回したのは。いくらもらうんだ!」と罵倒されもしました。確かに無償で面倒なことをするわけがない。それが世間の常識でしょう。思い込みで最も激しく責めてきた借地人の一人は、その後も長きに亘り私を敵対視し続けたものです。
 この「事件」のときでした。年配の知識人が私に言ったのです。「他人の思うことは止められない。思い悩むのはバカらしいので止しなさい。あなたには彼を変えてあげる義務も超能力も無いのだから」
 その数年後私は横浜、東京で働くことになるのですが、こちらの想いとまったく違う受け取り方をされて、想像もつかない反撃を食らうことが数多ありました。伊豆に来てそれはさらに増幅増量、結果が絶望的なことも二三ありましたが、その都度思い出した言葉でもあります。

 「修羅場」を乗り越えるための、自分の中での始末ともいえるこの考え方、じつは外見には「負け」に映ります。「勝ち」を吹聴する相手を黙って見続けることさえあるのです。それこそ、どうなのでしょうね、「人の思うことは止められない」ので、みなさん、自由に判定をしてください。私自身は何度も「これ」で気持ちが救われましたが。


 
   潮吹き岩の入り口で

     硬くて大きな石を割るには小さな穴をたくさん開けるのだそうな
 

 

. ゲタを履かせるシューズとはこれ如何に? 

 
 久しぶりに出て来てこの話題はないだろうとの「つっこみ」を覚悟の小ネタです。

 けさテレビ番組を視ていたら、ファッション系の話題で、背を10センチは高く見せるだろう「厚底」シューズが流行り始めたとのこと。モデルさんだからかもしれませんが、履いた映像はかなり可愛いものでした。150センチの女の子が160センチになれるとしたら、ファッションの可能性が広がること疑いなしだと思います。
 「いいんじゃないの」との感想を持ってすぐのこと、連想したのが「ぽっくり」でした。団塊の世代なら誰でもご存知だろうと思います。漢字では「木履」と書くあれです。もともとは「ぼくり」なのですが、特に幼い女の子が和装になったとき、厚い木の台の真ん中をくりぬいて前の方を丸く削り取って漆塗りをした、いわゆる「駒下駄」のことです。可愛かったですね。やはり「背伸び」は年齢を問わず女の子の憧れなのでしょうか。
 ところで若い人はこの「ぽっくり」を知っているのかどうか。気になったので大辞典を引いてみました。しっかりあったので一安心です。何にせよ人間、「背伸び」はつまずきやすいのでご注意ください(^^♪
 
 またまたこの「ぽっくり」で連想ですが、年配者にとってはこの言葉、かなり禁忌です。辞書で確かめました。副詞的に(福祉的にではありません)みると、『人が突然死ぬさま』となります。世間では「彼、まだ若いのにぽっくり逝っちゃったよ」などと使いますね。
 タブーと言いましたが、昨今、下の世話を嫁に頼めないなどという理由からか、高齢者の間では「ピンピンコロリ」が寺社で拝み願うほどの理想なのだとか。だとすれば「ぽっくり」は若者だけではなく老人にとっても「ファッション」なのかもしれません。
 ちょっと穿(うが)ち過ぎでしょうか。

 古典では、春は青、夏は朱、秋は白なのだとか。「青春」も「北原白秋」も同じ出典なのかもしれません。酷暑が足早に去り、急な「秋」の到来、私のアゴ髭(無精髭)も真っ白になりました。「白」はあらゆる色気をとった姿、残りの歳月も淡白に生きたいと思う今日この頃です。
 「でもね」の世界ですが、光の混合(赤・緑・青)では「白」になると言います。自分自身の原色で頑張っていいのかなとも思えるのですが・・・。




    これが錨に?

     舫(もやい)石。船をつないでおく石です。貫通穴を開ける石工に感嘆   


 また5日ほどパソコンの画面が出ないトラブル。私がダメなのか、それとも・・。ため息とお金が出ました(^^♪

. 身近になった秋を見つけて



 何日か前、鰯雲を見つけてしばらく見ていた。
 空の青も心なしか違う。

 薄墨色の雲と真っ黒な雲が競うようにして風に飛ぶ。ためらいがちな雨に苛ついて傘を置いたり手にしたり。 
 傘をささずに微細な白い雨に取り囲まれるのは、なぜかお気に入り。

 近場の買い物に使った車。迫りくる赤とんぼ数匹を避けて踏むブレーキ。思わず笑ってハザードでお詫び。
 小さなクワガタを靴で踏みそうになり、助けたつもりで叢の上に放り投げる。飛ばずに落ちた、寿命かも。

 河畔の桜の根元に黄色く枯れた桜葉。誰も掃かないのは美的だからか。
 琉球朝顔に酔芙蓉。野草の中に居て感じてしまう場違いを何とする。花の美醜に差別無しとは言うけれど。

 あちこちの下水道からあがる湯気の白。ついこの間までなかったのに。
 シャワーから湯船に浸かるに変わるうちの風呂。

 朝散歩。外に出て気づく。そうだもう長袖だったと。
 出かける時刻、1時間もずれてなお、人の行き来少なく。

 曼殊沙華が去年より左に避けて群れも小さくなっていた。
 昔は刈ったりしなかったのにね。



    小さな駅近くの踏切

        踏切から見る可愛い駅、どこだろう



. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. リンク
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR