蛙声爺の言葉の楽園

. 何となく体調悪いです


      ほんとに「夜明け」なのかな

     夜明け



      真実は見ないほうがいいのかも

      まだ「夜明け」とは言えない



      むしろ暮れているような

     夜明け3


      それって「老人」の終わらない日々のこと?


     『自己を俎上にのせるほど壮絶なことはない』 (丹羽文雄)



    

. 小さいけれど「科学の罪」?


 人間て科学で自然を支配できると思ってるのでしょうか。もし出来るとしたら何だか味も素っ気もなくなってつまらないですよね。第一これからの人間の感性や判断力、大丈夫かな? おおきなお世話ですが。
「ねえ、まだ3月なのにチューリップ満開だよ」と驚く子どもに係の人、「球根を冷蔵庫に入れて勘違いをさせてるんだよ」
「いまは胡瓜の旬じゃないだろ」と知ったかぶりをするとかみさんは、「スーパーに1年中出てるから旬なんて無いの」
「これ古くないかな、臭うぞ」と助六寿司を掲げたら仲間が、「大丈夫、賞味期限の日時確かめたから」
「こんな山林の中に工場は無いよな」と不安を口にしたら助手席の友人、「カーナビだとここだよ、間違いないって」 
「きょうは折りたたみ傘を持ってお出かけください」とお天気お姉さん。俺「どんな傘持っていくかは自分で決めるよ」
「明日どこで待ち合わせる」と男の子。すかさず女の子は「スマホ見て、おすすめデートスポット出てる」

『菜の花や月は東に日は西に』(蕪村) この17文字の大パノラマも、科学で説明しますかねぇ。味気ないな。「月にウサギなんかいないよ、クレーターの影じゃないかなぁ」と子ども。童話もあぶないな、きっと。
 「今日の午後4時ごろから強く降る恐れ」と知らされて実際降った雨を『にわか雨』とは言えません。急に話を飛ばして何ですが「ゲリラ豪雨」など美しい日本の雨の種類に比して恥ずかしいネーミングです。「小糠雨(こぬかあめ)」「霧雨(きりさめ)」「驟雨(しゅうう)」「時雨(しぐれ)」「五月雨(さみだれ)」と比較してみて。「雨」の読み方がみんな違うという奥深さに感嘆します。「篠突く雨(しのつくあめ)」もいいし、「遣(や)らずの雨」なんて色っぽいのもあるんですから。アニメファンの人は新海監督の『言の葉の庭』にでてくる雨にちなむ万葉の和歌(相聞歌※)を思い出してください。
 宣言までされて入ったはずなのにちっとも降らない。「カラ梅雨」はじつは『梅雨』ではないのです。桜の「開花宣言」もそうですが「自然がすることをいちいち宣言するなって」。当たった、外れたは「自然」概念に反するでしょうに。

 朝、サッシ戸の向こうのどんよりした空を見ていたら、つれづれにと言いますか無計画に書き始めてしまいました。
 今度、梅雨らしい弱弱しい雨が降る朝にでも、この続きを書きたいと思います...


 ※『鳴神(なるかみ)の少し響(とよ)めてさし曇り雨も降らぬか君を留めむ』
 

    風のせいで

         風のせいで穏やかな湖はぶれて波立つ
     
 

. 医者と床屋は「馬が合う」を基準に選ぶ


 ほかのブログを訪ねたとき、理髪の話にコメントで参加しました。じつは私、伊東に住所を映してから三軒「バーバー」を換えたあと、現在の11年続いている店に定着しました。「浮世床」ではありませんが、床屋さんは話し好きが多い印象ですが、いまの女店主もお客と明るくおしゃべりをしながら仕事をします。それだけなら長年通ったりしないのですが、スピードが速く、且つこちらの「注文」にピタリと合わせてくれるのです。何でも彼女の亡夫が、生きていれば私と同じ歳なのだそうです。もっともそれで良くしてくれるわけではないでしょうが、とにかく感じがいいのです。チョキチョキやっている最中に、常連の人がちょっとした差し入れをしてくることも多々あり、彼女の人柄に対する周囲の好評価を実感したりします。
 余所はいざ知らず、とにかく伊東は理容店が多いらしく、「競争」もはげしいとか。娘さんと二人で住んでいますが、店は彼女1人で切り盛りしています。私も毛髪があるうちはずっと通う予定です。
 そうそう、いろいろ談笑しているうちに私が小説を趣味にしていることが話題になり、現在は上梓した4冊の単行本が小さな「待合所」に並んでいます。順番を待っている間に読んでくれるお客もいるそうで、挟まれている「栞」も確認できました。嬉しいものですね。

 「馬が合う人を選べ」とアドバイスをくれたのは同級生の医師で、床屋さんではなく「内科医」に関してでした。彼は横浜の開業医、私は伊東在住。「通院可能な範囲で馬が合う医者を探すのが一番」だというのでした。外科的な観察も処置もしない内科では、医師と患者の意思の疎通が不可欠です。問診、触診、打診、特に問診は最重要かと思いますので。いまも診察室から漏れてくる両者の会話を聞いていると、ほとんど他愛もない内容です。でも、その中にこそ「信頼」の共有があるのでしょうね。
 私も糖尿の治療でそういう医者を見つけました。もう7年目を迎えています。
 
 いずれにせよ、人と人との出会いはたいせつですね。



     付き合う?


       「つきあってみる?」 「はやく声かけろよ」


. すませました特定健診、健康は貯金と同じ


 6月1日から受診可能になった2018年度の特定健康診査に行ってきました。といっても、検査項目のほとんどが採尿、採血した検体の専門的な分析結果にかかるものなので、そのほかの血圧やメタボ判定のための測定が済めば早々と終わっています。私の場合、毎月の投薬を受けるための診察が別途加わりますので、それなりの所要時間になりましたが。
 特定健診の結果は1週間経過後に病院で確かめることが出来ます。

 実は私、数年前まではほとんど受けませんでした。受診しなければ市の負担をそれだけ減らせると考えていたのです。食後高血糖で通院していたことも理由の一つです。ところが市の実施率が一定の率を超えないと国からの助成金が減り、国保や市民に不利益が生じると判ったのです。「常習的に受診しない者」を啓蒙すべく訪問指導をしていた人に諭されて分かりました。因みに市国保の目標受診率は52%だそうです。「協力」出来て幸いでした。

 地方公共団体によって区々なのでしょうが、私の住む市では、男性である私に向けられた受診の奨めは、「検診」と名の付く主だったものでも以下のようになります。「胃がん」「肺がん」「大腸がん」「前立腺がん」「歯科」、さらに「健康診断」カテゴリに入る今回の「特定健康診査」、これとは別に「人間ドック」「脳ドック」などがあります。
 ここには「治療」から「予防」へと行政の目が広がったという流れがあるようです。罹患してから長期治療になるよりも予防する方が保険財政上の負担が軽いからです。市民としては「有難い」ことではあります。
 配布された広報には「健康マイレージ」の案内まであって、これにはさすがに市の真剣度が伝わってきたものです。

 いいと分かっていても受け損なう案内があります。例えば今年の3月末に私の生年月日に対応する助成金が終了した「肺炎球菌予防接種」がそれでした。病院の廊下に貼り出されていた2018年度の案内を見て知った次第です。もっとも、助成金の対象ではないのですが、自己負担で任意の予防接種は受けられるようです。
 ご存知のように肺炎は①がん②心臓病に次いで③位の死因ですが、その肺炎での死亡者の95%が65歳以上とのことです。私は71ですから、年齢的に罹患は「やばい」です。後悔先に立たず、ですが。

 それにしても健康は安上がりです。また、老後の備えとしての「貯金」と同じです。
 この2日間、身に染みてそう思いました。



    公園の亀



. この年で学ぶ俳句集からの文字と言葉


 先週土曜日に俳句の結社で主幹をしている知人から五巻目となる『句集・何』が送られてきました。早速鑑賞をはじめ、パソコンで目が疲れるたびに飛びついて読み、土日丸2日をかけて味わいました。全136頁、質の良い書籍用紙で1頁に5句ずつ配されたもので、俳人数は22と大勢でした。誰も居ない小さな部屋で1句ずつあたっていく静かな時間。何となく日々追われていた自分が解放されたような気になりました。

 今回ご紹介しますのは作品自体ではありません。鑑賞中にサッと読めなかった「漢字」と初めて見た「ことば」を並べてみようと思ったのです。齢71、これまで自分ではかなりの文章、作品に接してきましたが、この年になって学ばせてもらいました。机の脇に大辞典と大部の漢和辞典を置いて、その都度調べた時間。それもまた学校時代、独学時代を思い出して何度も頬をゆるめたものです。
 最後に感想をしたためて書簡にしましたが、今日はあいにくの雨。まだ投函には行けず、封筒はこのときも傍らにあります。作品そのものには触れていませんので、ブログの方が先になってしまった失礼は許していただきましょう。
 
 【漢字】「 」の中が苦労した読みです。
 「耿耿」こうこう。気にかかることがあって心が安らかでないさま。 「鵙」もず。おなじみは百舌ですね。 「魞」えり。これは漢字でなく国字でして、魚を入れて捕らえるしかけの種類でした。 「妣」ひ。なきはは。亡母ですね。 「料峭」りょうしょう。春の風が寒いことの形容でした。

 【ことば】
 「雪しずり」雪垂り、とも書く由。枝に積もった雪が落ちること。またはその雪。 「喜雨」きう。日照り続きのあとに降る雨。 「水馬」すいば。馬に乗って水の中を渡る術。 「目の子算」めのこざん。数量などを目で確かめながら計算すること。

 いかがでしたでしょうか。俳句には、現在めったにお目にかかることが無い、美しい日本語がたくさん使われています。言葉から季節が導かれる「季語」がそれをより一層優雅なものにしているのかもしれませんね。 
 

 長編小説進捗度 6月11日現在 400字詰×300枚 (予定550枚)


    光と水

     (再録) 水清くして魚棲まず。ただしいまはアユ解禁の時季、たくさんいるそうな。



. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR