FC2ブログ

蛙声爺の言葉の楽園

. 閉院する病院の患者という貴重な経験


 私なりに数か月前から予測はしていたのですが、地元新聞に期日を明確にした閉院に関する広告記事が出て確かなものになりました。医院ではなく「病院」と分類される市内でも数少ない医療機関が閉じられるのです。私は6年ほど前から高血糖の患者として通院していました。担当医は昨年9月まで院長先生でした。
 郷里横浜で中学の同窓生が内科医として開業しているのですが、彼曰く「内科の場合、馬が合う医師に巡り合うことが最良」とのこと、そういう意味でも最高の先生でした。少々癖のある患者の私に合わせてくれたのですから(^^♪ 28年ほど前に1日だけ入院したことのある病院ということでも記憶に残る場所でした。これからもずっと、でしょう。
 院長先生も人間、1年前頃に診察現場を離れられ、だいぶ経ってから病魔に侵されてと原因を知りました。

 2年ほど前でしたか、自分の病状と服用している比較的高い特効薬の効果の関係を実証すべく、先生には理由を知らせずに4カ月ほど通院せず該薬品も使用しなかったことがあります。その自分の体を実験台にした結果を確認するために再度患者として復活したときも、実証実験だったと正直に話せました。結果はヘモグロビンA1cの数値が1カ月に0.2ずつ上昇した勘定になり、7.6となりました。 「参考になったよ」と笑顔で接してくれた院長。これもかなりの好感度でした。皮肉の1つも言われると覚悟していたのです。後日談的にいえば、その復帰直後から1カ月ごとに0.2数値を下げました。どういう栄養の摂り方をすればどう数値が変化するのか、散歩や負荷運動との関係は如何にと、私の「自分自身の実験」は続いています。因みに数値を安定させるコツも知り、現在はお酒も少々頂戴しながら6.6になっています。ご参考までに身長は169センチ、体重は63キログラムです。これもほぼ一定に保っています。先生によれば、いま服用している薬を続けつつ、食生活で数値をどんどん下げていくのは、高齢者なので脳のためによろしくないとのこと。服用しないですむなら別だということでした。「このくらいがちょうどいいのでは」と。

 話がそれましたが、事実上最後の診察では採血を見送りました。院長は病状からもちろん不在でしたが、診察室を出るときには現在の担当医にいつもより丁寧なお礼の言葉を口にしました。いつも血を抜いてくれた看護師さんにはお別れのお辞儀を。
 最寄りの薬局も同時に余所へ移転するとのこと。私も次の内科医院を探さなければなりません。はたして「馬が合う」先生が見つかるかどうか。自分では普通だと思っていますが、私はかなり変わった患者なのだそうで・・(^^♪
 またまた今日は妙な記事になってしまいました。このあたりで、 「失礼します」

 あ、そうでした。病院や医院が閉院したあと、患者のカルテはどうなるのでしょう。もしご存知の方がいらしたら教えてください。
 本当は食事療法と運動療法のみで一定の数値になるのが一番理想的ですが、自身の実験で駄目だと分かってしまいましたから、この先ずっと「薬服用」ですね。
 



   
   すすき

       逆光でしか絵にならない不思議。それでも花です、尾花



   太陽と芒

      

. 何となく気になる女優だった樹木希林


 名優樹木希林が逝って何日かになる。何日か憶えていないのが一番似合う人なのだ。いまでも観に行こう、あるいはDVDになったら借りて来て観ようという出演作品があるからかもしれない。しかも死に至る直前1年間に演じた作品なのだ。先ごろNHKで特集をしたので明らかになったが、『モリのいる場所』、『万引き家族』、『日日是好日』がそれだ。プロデュースも入れれば浅田美代子主演の『エリカ38』もあって4作品になる。きっと自らの「死期到来」を見詰めていただろう1年間に、現世でのやり残しがないようにと精力的に役者を全うした彼女の姿に、同じ高齢者として心震えるものがある。

 私にとっての樹木希林は長い間、「面白い脇役女優」でしかなかった。映画を観る目もかなり若さという未熟眼鏡をかけてのものだったのだろう。テレビドラマの『時間ですよ』や『七人の孫』、映画での『大誘拐』、『下妻物語』あたりの「立ち位置」だろうか。若くして老婆役が多かったのが印象に残っている。美人は美しく、不美人はそれなりに映るという愉快な富士フィルムのCMでは、毎度毎度笑った。アニメでアリエッティ一家を見つけて意地悪をするにっくき婆さんも声は彼女だった。

 文芸作品に出て異才を放つ彼女を観たのは『わが母の記』か。この後からだったろうか、是枝裕和監督や河瀬直美監督の作品の常連になったのは。『そして父になる』、『海街diary』、『海よりもまだ深く』や『あん』、『光』などがそれだ。ものの本によれば、この2監督は作品全体に関しての意見まで彼女に求めていたという。この辺りの話は名優の名に恥じない。

 2003年網膜剥離で左目失明。2013年全身癌告白。2018年大腿骨骨折で手術。これら病歴を知れば、彼女がどれだけ自分自身と戦い、その苦難を「演技にみせない演技」に昇華させてきたかを垣間見ることができる。前述のテレビの特集のなかで全身を癌に侵された自分の部位を示す図が披露されている。 それなのになぜあそこまで頑張れるのか、戦えるのか。やはり私は震えるのだ。享年75、早すぎると思った人は数多いるにちがいない。 

 こんな頭なので誰が彼女のことをこう評したのかは忘れたが、心に残った。
 高齢の女優が作品に出る場合、いかに実年齢より若く綺麗に見せるかにこだわり続ける。ところが樹木希林は全くそれが無い。求められたものに真正面からの役作りで応える。真の意味の「女優魂」を彼女の中に見る。
 合掌。




    
    大樹に光あれ

       言葉無く・・・
 
 

. もの思いの秋の中で


 やっと大自然が静かになりました。
 そんな気になったのは、25号が列島から遠のいて台風という名前を捨ててからです。
 タオルケットを掛けて寝ていた日々が、夏掛けとはいえ布団に変わったときから、あれほど寝不足に陥っていた自分が熟睡できるようになりました。それでも「眠っている」我が身の器官があります。短期記憶をつかさどる前頭にある海馬です。しだいに勢いを増していく忘却力。さらには忍び寄ってくる認知症の恐怖。
 朝、目覚めるとひそかにホッとしています。まだ、昨日までの自分だと。

 長編と短編を書き終えた後に襲ってきた、何をするでもなく、何が出来るわけでもない毎日。時折、誰か小さな畑を貸してくれないかななどと非現実的な妄想に陥ります。土を耕し種をまき、あるいは苗木を植えて育てる。体を動かすことも然ることながら、植物の生長を見つめ続けることは、老いた心にも健康をもたらすに違いありません。しかし実際は狭い部屋に身を閉じ込めて日暮れを待つことになってしまいます。
「さて、また挑むか」と自ら励まし始めるのはそんなときです。

 海馬が衰えると、新しい資料を記憶し、それが最重要な作品は創れなくなります。まったく不可能とは言えませんが質的なことを考えれば挑める分野ではありません。高齢になり現役を退いたら一筋にと想い続けていた小説『疎石と虫』を諦めた理由がそれでした。書籍以外にネットで集めたプリント資料だけでも厚さ5センチに達していました、まさに夢のテーマでした。造園の才にも恵まれていた高僧で国師でもあった夢窓疎石と当時虫けら同然の地位でしかなかった庭造り現場の男たちとの心の交流を描こうとしていた記憶があります。いわば『小説太田道灌』の次に予定していた「ライフワーク」でした。しかしそれもいまは醒めた「夢」、資料も先日半分は捨てました。あとの半分は未練がましさ…かつて志したという、思い出の一品?

 さて挑みだした次の小説のために動き出して5日ほど経ちました。机の周りに積んである本を見ると面白いです。新たに記憶するのではなく、かつて積み重ねて大脳に刻んでいたもろもろを引き出すのは海馬の機能とは少し違うので、それを頼りに執筆をするのですが、書いたことを校閲し検証するための資料を取り揃えておくわけです。 国語辞典、漢字辞典をはじめ辞典の類はもちろんのこと、プリントしたウィキペディアの記事、新聞の切り抜き、はては参考になる写真までが積まれることになります。
 いま自分の横にあるもの、『野山の木』、『きのこ』、『こけの世界』、『山菜』、『秋の花』、『植物名の由来』、『先端医療講座』・・・これらは最初に創った登場人物関係図とプロットから導き出された「資料」です。また1か月以上、「老いに追い詰められた自分」と戦うことが出来そうです。
 これを「逃避」ととらえるか「挑戦」ととらえるかは自分次第です。
 「老いの挑戦」に関してようやく気付いたことがあります。「他人の失笑」は気にしないこと、がそれです。だいいち、その「挑戦」の目標は、他人様が評する「結果」ではなく、「自らを鼓舞する日々自体」にあるのですから。

 手元に「高齢者割引乗車証」という市役所発行のはがきがあります。閉じこもらずに出かけてくださいというのです。
 私はいま、ほとんど市内に限定してですが、車を運転しています。ですが、もう少し経ったらそれも止めて、免許証を返納するつもりです。家内が不便をするかもしれませんが、公私の安全のためです。
 サッシ戸を開けたら、入って来た風が完全に秋でした。
 私の方はとっくに「秋」に入っていますが(^^♪
 「さて、少しあるいてきましょうか」 

 

     「伊豆」が始まった街

   温暖な気候、綺麗な空気、体に良い温泉、その全てが第二の人生を可能にした環境でした
  

 

. ゲタを履かせるシューズとはこれ如何に? 

 
 久しぶりに出て来てこの話題はないだろうとの「つっこみ」を覚悟の小ネタです。

 けさテレビ番組を視ていたら、ファッション系の話題で、背を10センチは高く見せるだろう「厚底」シューズが流行り始めたとのこと。モデルさんだからかもしれませんが、履いた映像はかなり可愛いものでした。150センチの女の子が160センチになれるとしたら、ファッションの可能性が広がること疑いなしだと思います。
 「いいんじゃないの」との感想を持ってすぐのこと、連想したのが「ぽっくり」でした。団塊の世代なら誰でもご存知だろうと思います。漢字では「木履」と書くあれです。もともとは「ぼくり」なのですが、特に幼い女の子が和装になったとき、厚い木の台の真ん中をくりぬいて前の方を丸く削り取って漆塗りをした、いわゆる「駒下駄」のことです。可愛かったですね。やはり「背伸び」は年齢を問わず女の子の憧れなのでしょうか。
 ところで若い人はこの「ぽっくり」を知っているのかどうか。気になったので大辞典を引いてみました。しっかりあったので一安心です。何にせよ人間、「背伸び」はつまずきやすいのでご注意ください(^^♪
 
 またまたこの「ぽっくり」で連想ですが、年配者にとってはこの言葉、かなり禁忌です。辞書で確かめました。副詞的に(福祉的にではありません)みると、『人が突然死ぬさま』となります。世間では「彼、まだ若いのにぽっくり逝っちゃったよ」などと使いますね。
 タブーと言いましたが、昨今、下の世話を嫁に頼めないなどという理由からか、高齢者の間では「ピンピンコロリ」が寺社で拝み願うほどの理想なのだとか。だとすれば「ぽっくり」は若者だけではなく老人にとっても「ファッション」なのかもしれません。
 ちょっと穿(うが)ち過ぎでしょうか。

 古典では、春は青、夏は朱、秋は白なのだとか。「青春」も「北原白秋」も同じ出典なのかもしれません。酷暑が足早に去り、急な「秋」の到来、私のアゴ髭(無精髭)も真っ白になりました。「白」はあらゆる色気をとった姿、残りの歳月も淡白に生きたいと思う今日この頃です。
 「でもね」の世界ですが、光の混合(赤・緑・青)では「白」になると言います。自分自身の原色で頑張っていいのかなとも思えるのですが・・・。




    これが錨に?

     舫(もやい)石。船をつないでおく石です。貫通穴を開ける石工に感嘆   


 また5日ほどパソコンの画面が出ないトラブル。私がダメなのか、それとも・・。ため息とお金が出ました(^^♪

. 身近になった秋を見つけて



 何日か前、鰯雲を見つけてしばらく見ていた。
 空の青も心なしか違う。

 薄墨色の雲と真っ黒な雲が競うようにして風に飛ぶ。ためらいがちな雨に苛ついて傘を置いたり手にしたり。 
 傘をささずに微細な白い雨に取り囲まれるのは、なぜかお気に入り。

 近場の買い物に使った車。迫りくる赤とんぼ数匹を避けて踏むブレーキ。思わず笑ってハザードでお詫び。
 小さなクワガタを靴で踏みそうになり、助けたつもりで叢の上に放り投げる。飛ばずに落ちた、寿命かも。

 河畔の桜の根元に黄色く枯れた桜葉。誰も掃かないのは美的だからか。
 琉球朝顔に酔芙蓉。野草の中に居て感じてしまう場違いを何とする。花の美醜に差別無しとは言うけれど。

 あちこちの下水道からあがる湯気の白。ついこの間までなかったのに。
 シャワーから湯船に浸かるに変わるうちの風呂。

 朝散歩。外に出て気づく。そうだもう長袖だったと。
 出かける時刻、1時間もずれてなお、人の行き来少なく。

 曼殊沙華が去年より左に避けて群れも小さくなっていた。
 昔は刈ったりしなかったのにね。



    小さな駅近くの踏切

        踏切から見る可愛い駅、どこだろう



. プロフィール

蛙声爺

Author:蛙声爺
文芸同人誌編集をしています。
考えるフクロウが理想。
木内光夫のHPもよろしく。

. 最新トラックバック
. 2015年9月26日からのご訪問
. フリーエリア
. フリーエリア
. 検索フォーム
. ブロとも申請フォーム
. QRコード
QR